晩秋の頃のあれこれ。

晩秋のあれこれである。
あれこれっつったら、あれとかこれとかである。
何で指示語を使うかっつーと、それである。
いや、何だか分からないけど、正月からずっと王子通信を書いてて、
今回もまた王子通信だから、要は言い出しづらいのである。

本来のきゅび節を読みに来て下さる方には恐縮だが、
去年更新を疎かにしている間に、王子のニーズが恐ろしく高まり、
「きゅびはいいから、王子だせ。」
とか面と向かって言われたり、年賀状で間接的に言われたり、
そりゃーもう泣けてくるっつーはなしである。
念のために言いますけど、このブログの主役は僕ですから!
・・・・・・・・・・・たぶん。

ええい!
やりますよ、やります。
だしゃーいいんでしょうが。
ええとー、去年の秋に奥多摩の本仁田山っつーところに行った写真と、
丹沢の鍋割山から塔ノ岳っつーところに行った写真、出しますよ。はいはい。
もうね、惜しげもなくたぁーっくさん貼り付けますから、
目ンタマひんむいて、よぉーっくご覧下さいよ!(▼皿▼メ)ノ
b0182613_20550058.jpg
b0182613_20562456.jpg
b0182613_21045563.jpg
b0182613_21045991.jpg
b0182613_21184240.jpg
b0182613_21051642.jpg
ええとー。
ここまでが、奥多摩の本仁田山での写真です。
これはまぁ準備運動みたいなもんで、本命は次からの
鍋割山・塔ノ岳ですわ。
なんせ踏破距離は19kmにもおよび、翌日は王子、歩けなくなりました。
ははは・・・。
あ、嫁は笑い事じゃないって怒りますけどね(6 ̄  ̄)ポリポリ
要は今年登った鍋割山からさらにもうひと山登ったんです。
で、下りてきたんです。当たり前ですけど。
いやぁ、大変だったw
b0182613_21324549.jpg
↑出発直後。っつーか、まだ林道歩きで、登山口にさえたどり着いてません。
b0182613_21380256.jpg
b0182613_21383103.jpg
きっと一番奥の山が鍋割山。あそこまで登って、さらにその奥の高い山(塔ノ岳)まで狙います。
b0182613_21471306.jpg
b0182613_21481869.jpg
b0182613_21484440.jpg
もうね、景色に癒されまくりました。ま、楽しげな王子にも癒されましたが。
ほんとうに、冬枯れた山もステキだなとは思いますが、紅葉がいちばん好きです。
b0182613_21495594.jpg
ぼっかってご存知ですか?歩荷って書きます。
鍋割山頂には水場がないため、山荘などで使用する水をふもとから担ぎ上げるんです。
これは登山道の入り口にある無料歩荷体験コーナー・・・つーか、ボランティアです。
やる気のある人はがんがんリュックの隙間にペットボトルの水を突っ込みます。
当然、王子も僕もやりましたよ!(・∀・)ィィョィィョー
ちなみに、この歩荷をコーヒーに限って専門的にやる組織があります。
ぼっかコーポレーションて言うんですけどね。
・・・・彡(-ω-;)彡ヒューヒュー
そして、ここからは一気に山の懐に入っていきます。
b0182613_21502708.jpg
b0182613_21513654.jpg
b0182613_22102300.jpg
美しい紅葉や、富士山の姿に、何度も「うぉぉぉぉ!」と叫びます。
大げさじゃないんです。美しいものと接した魂の叫びなんです!
(それを大げさというw)
b0182613_21531591.jpg
ひーひー言いつつも、あっという間に鍋割山頂。
名物の鍋焼きうどんを食べたいところですが、先を急ぎます。
「お!若いのに水運んでくれたのかー。ありがとうな!」
「うん。またくるねー。」
ま、その言葉通り年明けてすぐにあそびに伺いましたw
b0182613_21534107.jpg
b0182613_21550555.jpg
鍋割山荘から歩くこと約1時間。
今回の最高到達点、塔ノ岳(1491m)に到着です。
2枚上の写真は頂上直下。空が近くて気持ちよかったです!
上の写真はランチタイム。
ウメ内蔵型おにぎりとシャケ内蔵型おにぎりと・・・あれ?あと何だったっけな?
ま、おにぎり3種類+味噌汁です。
やっぱりね、日本人のお弁当の根幹は、これですよコレ。
そして、下山は通称バカ尾根といわれるやたら一本気な尾根を、
ふもとまでずーっと下ります。

下の1枚目はルートが崩落した箇所。
右も左も落っこちてて断崖になっています。
迂回ルートがとても丁寧に造られているのが写真から分かります。
これはもう安心&感謝!
b0182613_21552746.jpg
b0182613_21554607.jpg
登りは朝日が、下りは夕日が、紅葉した木々を照らし、
そりゃーもう見事の一言に尽きました。
b0182613_21574061.jpg
この尾根筋には、山荘がいくつかありました。
営業はしてませんでしたが、テーブル&景色を拝借して、ほっとティータイム。
エネルギー補給もかねて蜂蜜を紅茶に溶かしてます。
疲れた身体に旨いんだなぁ、コレが。
王子の写真も「はぁー、うめぇー。」と言ってますw(おっさんぽいw)

b0182613_21562093.jpg
以上、ダメ押しの王子通信でした。
次回からは普通の営業に戻ります。戻ると思います。・・・戻っても良いんですよね?

主人公はオレだぁぁぁぁぁぁ!!!!!
(▼皿▼メ)ノ


Commented by masshy85 at 2014-01-08 23:54
もみじもきれいだし、富士山もきれい!
でもしっかり歩いて昇った人だけにのご褒美ですね。
次の日歩けなくなるほど、頑張ったのですね。お家に帰り着くまでは頑張った!すごいね。
もみじの切り取り方、写真の構図がお上手だと思います、きゅぴさま、さすがです!
ではおやすみなさい!
Commented by hinemosunorari at 2014-01-09 08:48
■masshyさん
帰り道の居眠り運転防止っつー観点で、山は基本的に電車で行くんですけど、
二人とも駅のそれも下りの階段がもう限界を通り越してて、
端から見たら何かギャグでもやってるんですか?的な
ヨロヨロっぷりでしたよ(ノД`)・゜・。シクシク
Commented by osakaken at 2014-01-09 22:29 x
頑張った父と息子!・・可愛い写真・素晴らしい景色・・勝手にお土産だと思って 拝見しております。
(横から 夫も 覘いております^^:)
王子! 今年も頑張ってね!
Commented by hinemosunorari at 2014-01-11 01:31
■大阪ケンさん
そうです!お土産です^^
王子には常々頑張るように言ってますが、
なにぶん、超・マイペースですからね~(6 ̄  ̄)ポリポリ
Commented by hagumi at 2014-01-11 11:34 x
えっ!
王子の王子による王子のためのブログじゃないの!?
じゃ、王子時々きゅびさん?
まさか!
きゅびさん時々王子?!
Commented by meron33ninja at 2014-01-12 00:00
おお~写真をみながら深呼吸をすると 山の清々しい空気を吸い込めたきがしました~
王子良い体験ですね。大自然の感動を胸に大きくなってくださいませ。
おにぎりおいしそう~!
Commented by hinemosunorari at 2014-01-13 03:32
■hagumiさん
ε=o(´ロ`||)ゴホゴホッ(||´ロ`)o=3
なんとでも言うがよろし
(キ▼д▼)y─┛
Commented by hinemosunorari at 2014-01-13 03:33
■meronさん
うん、全てが「おにぎりおいしそう~!」に集約されてますね!
花より団子でよろしいと思いますw
by hinemosunorari | 2014-01-08 22:39 | 王子通信 | Comments(8)

洒落と知性と愛そして無駄の織りなすブルース。


by きゅび
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31