通り過ぎた夏・・・線香花火そして盆踊り

慎重に慎重に。
線香花火を上手く成功させるには、
着火の段階から細心が要求されるのだ。
ライターの火をそっと紙縒に近づけた。

 夏の思い出といえば、
 「盆踊り」と「線香花火」だった。
 何となく始めた部屋の片付けで
 古いアルバムを見つけた。
 写真を眺めながら、
 遠い日の記憶をたどった。

 終わらぬ夏休みの宿題。冷えた西瓜。
 虫かごの中のカブトムシ。夕立。
 下駄を突っかけて走った縁日。
 夢中になった金魚すくい。
 
 そして、線香花火。
 線香花火は、その静けさと相まって、
 圧倒的に詩的だ。
 火が点り、燃えさかったかと思えば、
 円熟し、そしてついえる。
 それは生を受けたものの宿命を、
 まるで僕たちに教えてくれているようだ。

 ふと思った。
 最後に線香花火をしたのはいつだろう?
 ずいぶん前のような気がした。
 線香花火をやろうと思った。

紙縒に優しく点った火は、和紙を伝い
やがて茂る松葉のような火花を見せた。
ここからだ。
ここからは線香花火を握った手を
決して動かしてはならない。
大切に。

勢いの良かった火花は、
火球のふくらみと共に、
やがてしなやかな柳の枝のように様変わりする。
じっと息を止めて静かな残像を見つめる。

「なんて美しいんだ。」
思わず声に出してしまったのがいけなかった。
火球は落下した。
ビーチサンダルを履いた僕の素足の甲に。

強烈な火傷の痛みに、
飛び上がって悶えていると、
通りすがりの親子連れがこんなことを言っていた。

「ねぇ、ママ。
 あの人なんでジタバタしてるの?」
「来年の盆踊りに向けて、
 きっと踊りの練習をしてるのよ。」
「そっかー。盆踊り、また楽しみだね!」

・・・やはり、夏の風物詩といったら、
「線香花火」と「盆踊り」。
過ぎた夏は、いまでも僕の足の甲にいる。
[PR]
Commented by hagumi at 2013-09-18 12:45 x
きゅーびーさーん!!
お久しぶりっ!
王子、大丈夫?
Commented by hagumi at 2013-09-18 12:46 x
あ、きゅびさんも大丈夫?
Commented by hinemosunorari at 2013-09-18 18:06
■hagumiさん
はぐみさぁぁぁん!!
ご無沙汰しておりますっ!
王子はめっさ元気ですよ!
呆れてものも言えないくらい元気で困っています(-公- ;)
きっと、リーダーは夏休みの宿題、完璧でしたよね?!
それに引き替え、我が家の王子と来たら彡(-ω-;)彡ヒューヒュー
Commented by hinemosunorari at 2013-09-18 18:08
■ふたたび、hagumiさん
「あ、」←これが余計です。
「きゅびさん”も”大丈夫?」←この”も”も余計です。
彡(-ω-;)彡ヒューヒュー
Commented by natti8948 at 2013-09-18 18:42
きゅびさん!
本当にお久しぶりです~~~~~~~~~
↑の方のお返事見て(すみません)
王子くんもきゅびさんもお元気そうで安心しました!

あ!きゅびさんと王子くん とすべきでしょうか?笑
Commented by hinemosunorari at 2013-09-19 10:33
■nattiさん
ごぶさたしておりますぅぅぅー!!
超久しぶりというのに、熱烈なる歓待を受けて、
とっても幸せな気分でございますよぉぉぉ-!

しっかし、アレです。
どうも僕の登場よりも王子の安否を気遣う空気が読み取れます。
よし!次の記事は久しぶりの王子通信だ!
Commented by どん at 2013-09-19 10:46 x
来たー!
詩的な日記、大変おいしゅうございました。
線香花火はその段階段階で実に変化に富んでいますよねぇ
あの先端が「プリップリッ」としている状況はかわいらしく
私のお気に入りの段階です。

しかし線香花火の温度って結構な高温なんでしょう?
そりゃ想像するだけで痛くなりそうです。

話し、長くなりますが
線香花火をもっと長時間持たせたくて2つを1つに合体させてやったら
速攻、落ちてしまったことを思い出しました。
あれはちょうどいい大きさなんですねぇ。
Commented by hinemosunorari at 2013-09-19 11:39
■どんさん
お約束していたことが少々遅くなってしまいました。ごめんよぉぉ!
それにしても、先日はお疲れ様でした(*- -)(*_ _)ペコリ
僕は一晩飲んだくれた後は、鞄を持ち替えて
そのまま仕事で長野に行きましたよ(-公- ;)

さて、線香花火の合体っちゅう技は、誰しも試みるものですな。
僕も例外にもれず、やりましたとも。ええ。
あれ、なんですぐ落っこちちゃうんですかね?
だれかに理論的に説明してもらいたいものです。
Commented by hagumi at 2013-09-19 17:25 x
王子元気で何より!
あ、きゅびさんも大丈夫そうで何より!

私、思います。
「夏休み」「宿題」というのは
親に苦業を与えられているとしか・・・
宿題出すなら夏休みいりません。
夏休みあるなら宿題いりません。
歯磨きカレンダーとか、あれ必要?
そちらにもある?
歯を磨いたら色を塗るの。
歯磨きだなんて当たり前の事を
何故宿題にするの?
面倒だから、先に全部色塗っちゃえ!
とか、ズルい事教えてしまう始末です。

はぁ・・・
夏休みと宿題、私、何行でも熱く語れちゃうので
このへんにしておきます。
Commented by hinemosunorari at 2013-09-20 10:20
■三度、hagumiさん
なんだか、hagumiさんのはらわたの奥に沸々と煮えたぎる
憎悪の塊のようなものが見えた気がしましたw
いや、ホントに宿題って!
まさに親に与えられた苦行でしかありませんね^^;
Commented by osakaken at 2013-09-27 14:11 x
元気で 全国を飛び回っていると想像しておりました。お元気そうで何よりです。きゅびさんの足の甲・・夏の思い出の印アリ・・なるほど。

きゅびさん・・この夏の話 コピーして 次回の授業に使わせてね。
繊細さと 最後のオチ・・読むだけでは 勿体ないからね。
Commented by hinemosunorari at 2013-09-28 20:24
■大阪ケンさん
むぉ!!
ついに・・・と申しますか、恐れ多くもこのブログがテキストに!!
なんだか感無量と申しますか、くすぐったいと申しますか・・・w
今後も恥ずかしくない記事を書こうと思う次第でございますよ~!
by hinemosunorari | 2013-09-18 11:38 | 日々のよしなしごと | Comments(12)

洒落と知性と愛そして無駄の織りなすブルース。


by きゅび
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31