桜の花

b0182613_1143538.jpg

咲いた桜の花を見て、その向こうに僕たちは何を感じるのでしょうか?

東京では桜のピークは過ぎました。
去年同様、近所の駒沢公園には、無責任な花見客が大挙して押し寄せ、
空き缶・食べ残し・割れた瓶の破片など、多くの残骸を残していきました。
僕が感じる嫌な思いは、去年ブログに掲載したとおりです。
今年も何ら変わりません。

それでも、花は咲きます。
僕たちの所行を笑っているかのようです。
人間は花を見て、勇気づけられたり、楽しい気分になったり
ものを考えたりしますけれども、
当の桜は人間の為に花をつけているのではありません。

人間が、その愚かな思い上がりによって自らを破滅に追い込んだとき、
それでも桜はきっと美しい花をつけます。

「この美しい花は、一体誰を喜ばせる為に咲くのだろう?」

ふとそう思ってみるだけで、花見のお酒の味も
いつもとちょこっと違うものになるかもしれませんね。
Commented by ぷぅすけ at 2006-04-08 06:30 x
そうですね(´ェ`*)
ってココに来始めて初めてしゃきっとした日記を読みました;`゙;`;:;:゙;`(;゚;ж;゚; )
Commented by もも。 at 2006-04-08 07:22 x
ぷぅすけさんのコメントに ァ '`,、'`,、'`,、'`,、(ノ∀`) '`,、'`,、'`,、'`,、

「この美しい花は、一体誰を喜ばせる為に咲くのだろう?」
花の愛で方は、ひとによって異なりますね。
この世にあるものを、美しいと感じそれを守れる人間でありたいと願う
今日この頃|ー゚*)オハヨーゴザイマス❤
Commented by きゅび at 2006-04-08 08:09 x
■ぷぅすけさん
 この上質なお新香のような食感も、僕のブログの持ち味でございます。
■もも。さん
 おはようございます。
 「それを守れる人間でありたい」・・・素晴らしい心がけですね^^v
 僕も見習わなくちゃ。
Commented by アルピニア at 2006-04-08 14:41 x
確かに見方を変えると、お酒の味も変わりそうですね~♪ もっと美味しく感じられて飲みすぎてしまうかも・・・(;´▽`lllA``
Commented by シャチ at 2006-04-08 23:47 x
桜の花を見るのなら私はいつも小石川植物園に行きます。
あそこは本当に美しい桜が一面に咲き乱れ、そして酒の匂いがしない。(宴会は出来ません)ゆっくり歩くにはとてもよい所です。
ところで桜なんて見てないでしょ。公園を汚すような人は。。。
ただ理由にして酒のみたいだけだ。(-_-;)凸
Commented by きゅび at 2006-04-09 00:08 x
■アルピニアさん
 その危惧は、なかなか核心を突いていそうです^^;
 僕にも当てはまりそうなので、多くは語れませんが・・・><;
■シャチさん
 ほほう!そういえば、シャチさんのフォトで植物園ぽいのが
 あったような気がしてきました。植物園、盲点でした。
 ここら辺にはないのがちょっと痛いです・・・。
Commented by mai at 2006-04-10 17:50 x
満開をやっと迎えたようです^^でも今日は、雨・・・花も散っていく。。。しっかりと見ておかないと。。。ネ!って気持ちになりますゎ。
Commented by きゅび at 2006-04-10 23:22 x
■maiさん
 満開で雨は厳しいですねー><;
 ちょっとでも長く、僕らを楽しませてもらいたいです^^
 頑張れ!桜!!
Commented by 大阪 ケン at 2006-04-11 19:28 x
お酒は好きですが・・騒ぎながら桜の下でお酒を飲む人を・・好きにはなれません。木の花が好きなのですが・・それは草花と違い・・時の流れを超えて咲く花が多いからでしょうね。桜で一番好きなのは 山の中にふだんは 埋もれているのに春になるとそこが ピンクに染まるような咲き方をしているものです。私が死んだ日も 咲いていて欲しいなあ
Commented by きゅび at 2006-04-12 19:31 x
■大阪ケンさん
 深い考察をありがとうございます^^
 大阪さん、桜は間違いなく咲くでしょうけれども、
 その前に一度是非お会いしましょう^^
by hinemosunorari | 2006-04-08 01:05 | 日々のよしなしごと | Comments(10)

洒落と知性と愛そして無駄の織りなすブルース。


by きゅび
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31