つかまつったり、天下一!(第一夜)

『はじめに』

ええと・・・、本日は歴史講座「人情を通して見る江戸という時代」を選択受講いただきましてありがとうございます。担当いたしますのは、私九尾と申します。
ええ。「きゅうび」と呼びますと、確かに間延びしている上に野菜の「きゅうり」みたいですから、そこら辺は適当に呼び方をアレンジしていただいて一向に差し支えありません。

さて唐突ですが、皆様は江戸時代といえばどんなイメージをお持ちなのでしょうか?
今私の手元に、受講申し込み用紙に添付されていたアンケート回答がございます。
そうです。皆様が申し込み時にお書きになったものですね。
参考までにいくつかご紹介しましょう。

・チョンマゲの封建社会。
・吉原芸者ガールの隆盛。
・大衆文化が飛躍的発展した時代。
・フナ寿司の天下統一。

なるほど。
受講生の中に一人だけ滋賀県民が混じっているようです。
まぁ、その一名の回答を除いては、大枠で正しい歴史認識をされていらっしゃるようです。では、これからその共通認識にのっとって、講義のほうを進めて行こうと思います。

さてさて。
長い江戸時代を支えたものの一つは、言わずもがな「士農工商」と謳われる、厳格なる身分制度でありました。
では、江戸という素晴らしい時代を彩ったのは、民を治める武士たちだったのでしょうか?

否、違いますね。
社会構造の頂点に位置づけられた武士。しかし、徳川によりもたらされた泰平の世にあって、当然彼らはその存在意義の多くを失って行きます。
忠義と意地とを身上とし、信念を貫くためには死や闘争を辞さない風潮から、
組織や地域の平和な社会に高い次元で順応することが求められ始めたからです。
こうしたなか時の流れと共に、時代・文化の中心は確実に庶民たちへとシフトしていきました。

えー、それまでは長い間戦国の世が続いたいたのはご承知のとおりです。
江戸以前の時代の中の庶民たちは、確かに生きることで精一杯でした。
そして、ようやく訪れた泰平の世で、初めて生活の中での喜びを見出すことが出来たのです。

歌舞伎や舞踊が広く親しまれ、菱川師宣による浮世絵の発生、芭蕉による俳句、名女形・上村吉弥による吉弥結びの流行などなど、美術・文芸・芸能・服飾と多くの分野が
重要かつ決定的な進歩を遂げたのが、まさにこの時代だったのであります。



                                           つづく。
Commented by きゅび at 2006-03-08 00:01 x
コメントし辛ぇ・・・
Commented by もも。 at 2006-03-08 02:01 x
コメント(1)【N】 してるひとがいる!!  

と思ったら、ご本人だったことにウケました♥♥
つづく に期待です|д゚*)
Commented by aburaking at 2006-03-08 08:59 x
最近、電車の中吊り広告に江戸仕草のなんとやらがぶら下がっていたからのぅ
江戸?あぁ、女性が少なく、結構男性にもてている時代か( ´ρ`)
Commented by 大阪 ケン at 2006-03-08 09:41 x
我が家では江戸時代→遠山金四郎・水戸黄門・・情け無い!
次回から 真面目に聴講生致します・・よろしくお願い申し上げます~
Commented by ☆ふーが at 2006-03-08 10:28 x
私は、一番に「鎖国」って思います・・・あれがなければ、音楽の世界ももっと変わっていたような。。。
楽しみにしていますね~
Commented by hagumi at 2006-03-08 10:31 x
鯖街道
Commented by ふた at 2006-03-08 14:17 x
生類あわれみの礼、参勤交代、目安箱、ペリー来航、間がかなり
飛んだけど・・・。士より商、芸が栄えた時代かと思ってるけど?
後は上記に繋げて、出島、天草四郎時貞ってのも。
Commented by 高摂 at 2006-03-08 23:39 x
帝国陸軍軍人の孫であり、立花藩足軽の末裔であるわたくしとしては、見逃せないテーマですな。
Commented by 高摂 at 2006-03-08 23:42 x
↑で、江戸時代について思いを馳せてみた結果、一番に出てきたのが「備中くわ」。わたくしは肥後の水呑百姓の末裔でもあるのです。
Commented by きゅび at 2006-03-09 18:34 x
■もも。さん
 あい^^ ご期待に添えますように^^;
■aburakingさん
 ホウホウ、そうなんですか^^ 女性天下の時代だったのですねー^^
■osakakenさん
 あはは^^おもいっきりテレビ時代劇じゃないっすか^^;
 ちなみに、水戸光圀公は若い頃は大変な歌舞伎者だったそうですよ^^
■ふーがさん
 鎖国、確かにそうですよねー。
 自国の文化の熟成には大きな働きをしましたけれども、
 もしも鎖国していなければ、音楽史はぜんぜん変わったものに
 なっていたでしょうね^^ 想像は尽きません^^
■hagumiさん
 あ、ここにも!w
■ふたさん
 をー!優秀優秀!出島や天草四郎が出てくるあたりは、さすがに
 九州男児ってところですな。ちなみに、今回のお話は挙げてもらった
 将軍吉綱・生類憐みの令の頃の時代の出来事なのです。
 あ、来月の合宿楽しみにしてるねー^^
■高摂さん
 むむ!そう注目されますと、こちらとしましても燃えてきます!
■再び、高摂さん
 僕は高摂さん以外に、自身にまつわるの系譜を
 そこまで詳細に把握されている方を知りません。
 まったく、驚愕に値するのであります。
Commented by はむねこ at 2006-03-09 19:55 x
フナーフナーフナー(☆公☆)クワッ!!

そういえば、最近の歴史の本やらを見てると・・・
私が学校で習った事が訂正されてたり^^;
真実が出てくるのは良いことですが、なんだか悲しい気分です(´・公・`)
人生死ぬまで勉強ってことですかねぇ^^;
Commented by アルピニア at 2006-03-09 20:31 x
歴史は苦手な科目でしたので、ここで受講して知識を蓄えたいと思いますww 
てか、江戸・・・・ ( ̄  ̄;) うーん なんだろう・・・
江戸前寿司??
Commented by ふた at 2006-03-10 10:24 x
綱吉だよん。合宿・・・今、人数が・・・・
Commented by きゅび at 2006-03-11 00:32 x
■はむねこさん
 うーむ。建設的なご意見ですね^^
 確かに、研究が深まれば深まるほど新しい学説との
 出会いなどもありますからね^^
 でも、無駄も大事な人生の栄養分のような気がしますよ^^
■アルピニアさん
 をー!是非そうしてくださいませ!
 それにしても、江戸に暮らすアルピニアさんにしてはあまりにも
 無惨な連想ではないですかっ。
 ま、寿司は確かに美味しいんですけどね^^;
■ふたさん 
 そうそう!直さなきゃって思ってたの!
 ナイスチェック!はプレーも一緒かw
by hinemosunorari | 2006-03-07 23:46 | 日々のよしなしごと | Comments(14)

洒落と知性と愛そして無駄の織りなすブルース。


by きゅび
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31