そうだ!テレビを見よう!

僕がテレビを一番見ていたのは4歳から10歳くらいの頃。
ドラマやアニメやバラエティーなど、毎日浴びるように見ていた。
それがある日、突然パッタリと興味がなくなってしまった。
テレビの白々しさが、鼻につき始めたのだ。

以来めきめきとテレビ離れが進行して、
今では楽しみに見る番組はニュースと天気予報とピタゴラスイッチだけである。
ドラマを見なくなって、4年くらい・・・いや5年や6年経つかもしれない。
そんな僕ならではの事件が起きたのは昨日の事だ。

昨日、某プロダクションの催す夏祭りがあった。
会場は東京ドームホテルの宴会場「天空の間」。
対象はプロダクション及び関係者の家族で、一般券売は無く全てがご招待である。

さて、当然仕事でその場に携わった僕は、本番中は台本片手に舞台袖にいた。
「良い仕事は、良い環境から生まれる」という持論の元、
自分の居場所だけは、きっちりと座り心地の良い椅子などを配置して、
整然とさせていた僕は、ある意味では仕事熱心とさえ言える。
僕たちの仕事は事前の周到な準備と本番の集中力が、
成功の大きな鍵を握っているのだ。

本番が進み、袖でモニターを眺めながら、熱心に仕事をする僕のそばに、
一人の若造がやってきた。
擦り切れたジーンズにTシャツ姿。
白地のTシャツの背には、赤い文字で「○○staff」とかなんとかプリントされていた。

奴はどうも居所が無いらしく、袖の中をウロウロしていた。
それがまた何度も何度もモニターの前を無神経に横切るものだから、
たちまち僕の中では嫌悪すべき存在に急成長した。

「どうせ、アルバイト君か事情もわからず迷い込んだホテルの従業員だろう。」
そう思い暫くは無視していたのだが、やがて奴はうちの会社が持ち込んだ
機材のケースを見つけて引っ張り出し、その上にどっかりと腰を落として、
足を組んでモニターを眺めだした。
これには温厚な僕も、さすがにむかっ腹が立った。

「てめぇ、人様のケースを勝手に引っ張り出して、随分エラそうじゃねぇか。
 そこはな、タレントさんのな、通り道なんだよ。
 とっととどけ。バカ。」
と指導してやろうとした寸前に、奴は席を立って一度その場を離れた。
その隙に僕は自社のケースを元の場所に戻した。
いや、正確にはより取り出しにくい場所に戻して固定した。

ややあって奴は戻ってきたが、そこにあったはずの居所は既に跡形も無く、
またしても哀れなTシャツ君は居心地悪そうにウロウロすることとなった。
「けっ。ザマァ見ろ。俺の勝ちだ。」
僕は、ホテルの準備室からかっぱらってきた座り心地の良い椅子にどっかりと座り、
思いっきりほくそえんだ。

例え、おとな気ないといわれようとも、構わない。
僕は些細な勝ち負けに執着する、「こだわりのある大人」なのだ。
いや、本来男とはどんな時でも勝負の心意気を忘れちゃいけない。
真剣勝負こそが、男を磨くのだ。
戦いに敗れたTシャツ君は、すでにイジケテどこかに行ってしまったので、
僕は落ち着いてモニターを見ることが出来るようになった。
うん。快適、快適。

そのモニターのなかで、イベントの司会者が叫ぶ。
「さー、今日は特別ゲストがお目見えしております。
 ご紹介いたしましょう!特別ゲストは・・・・・
 俳優の妻夫木聡さんですッ!!
 どうぞぉーーーッ!!」
「うきゃーーーーーっ!!!!!!」
沸き起こる大歓声。
激しくたかれるカメラのストロボフラッシュ。

舞台の登場ゲートをくぐって妻夫木聡が颯爽と登場する。
「あら。」
思わず声がでた。
人間、あきれた状態になると「あいた口がふさがらない」なんて言ったりするが、
驚いても口があくことが、今回良くわかった。
アホみたいに口をあけてる僕が眺めるモニター。
そこにデカデカと映る人気俳優・妻夫木聡氏とは、
まぎれもなくTシャツ君その人だった。

無知とは恐ろしい。
今をときめく妻夫木氏の名前くらいは、僕も知っていた。
けれども僕はドラマを、いや、テレビをほとんど見ないのである。
返す返すも、無知とは本当に恐ろしい。
いかに業界広しといえども、妻夫木聡に故意に嫌がらせをした人物は、
僕をおいて他にはいまい。

記憶に残っている数少ないTVCMにちなんで、決意しよう。
「そうだ!テレビを見よう!」





」」」」」当時のコメント」」」」」

aburaking 大丈夫、妻夫木に嫌がらせする人はまだ居るから(゚∀゚)ニヤニヤ
2005/08/31 13:42

osakaken ホホホ・・ここにも遅れている者がいます・・名前さえ知りません~!
我が家では連れ合いがMr.テレビ君ですので何でも聞けば分かるような人ですが・・私はサッパリ!私も少しTV見ようかな?
2005/08/31 15:19

m⇔k Σ(▽ |||) エェェェッ!妻夫木くんに そんな失礼をブチかましたのですか~?あらら…。うちの会社の子に言ったら、このブログに嵐となって現われる事でしょう…プププッ(* ̄m ̄)ノ彡☆ばんばん!!
大丈夫!言いませんから!ええ!決して言いませんとも(〃∀〃)
2005/08/31 17:02

はむねこさん 人気者は靴に画鋲を入れられる運命なのです(。◣公◢。)ノウキョキョ
・・・
うそです・・・妻夫木サンの出てるドラマを毎週欠かさず見ております|ω・`)
2005/08/31 20:43

アルピニア (⌒▽⌒)アハハ! なかなかやりますな~~♪
私もテレビは、ニュースとスポーツ中継と朝の連続ドラマくらいしか見ないからな~~~ww ← 殆どオヤジ化してます~♪
2005/08/31 21:07

きゅび げ。これ返事書いたつもりになってたけど、まだだったんだ!!
■aburakingさん
 ほうほう。そうだったのですか。
■osakakenさん
 Σ(・ω・ノ)ノosakakenさんもですか?!
 旦那さまに聞いてみてくださいませ。多分ご存知かと^^;
■m⇔kさん
 あらしがやってきた場合、なんだかm⇔kさんが
 後ろで指示を出してそうなんですけど^^;
■はむねこさん
 ああっ、その毎週見る週間が僕にもあったら、
 こんな事にはならなかっただろうに><
■アルピニアさん
 あははは!一緒じゃないですかッ!オヤジ万歳ッ!
2005/09/08 04:57

もも。 キタキタキタキタ━━━(゚∀゚≡(゚∀゚≡゚∀゚)≡゚∀゚)━━━━!!!!!!!!!
これですな(´゚ω゚):;*.':;パックンチョ  知らぬが・・・地獄('ω')ジッ
でも、「てめぇ、人様のケースを~」を言えなかったのが救い♥♥
2005/09/13 10:44

へm osakakenさんにいわれてきてみましたw
たしかに妻武器くんはかなり芸能人オーラがない
普通の同い年くらいの男の子だったw
2005/09/13 20:20

きゅび ■もも。さん
 その禁断の一言を発していたら、大口の仕事を失うところでした。
 口は災いの元です。ああ、こわっ
■へmさん
 はじめまして^^
 その普通さゆえに、悲惨な過ちを犯す寸前でした。
 のちほど、ご挨拶に伺いますね^^
2005/09/14 23:00
[PR]
by hinemosunorari | 2005-08-31 11:32 | 日々のよしなしごと | Comments(0)

洒落と知性と愛そして無駄の織りなすブルース。


by きゅび
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31