間が悪い。(2)

過日、首都圏を比較的大きな地震が襲った事は、ご存知のことと思います。
きゅびの居住地に近しいところだと、神奈川県東部・震度5と報じられました。
この震度5というのは、かつて体験したものの中で、一番大きな揺れでした。

話はいきなりクライマックスから始まってしまいます。
地震発生時刻にきゅびがどこにいたか?
そう、自宅を離れて「震度5」を記録した神奈川県東部におりました。
それも、全裸で。
ああ、間が悪いっ!

お伝えする順序が滅茶苦茶なので、あらぬ誤解が生じそうです。
えー、ありていに申し上げますと、その日きゅびは自宅から20分ほど離れた
某スポーツクラブで約3時間バスケットの練習をした後、
更に1時間マシントレーニングをして、全身さながらウニのように脱力しきった状態で
スポーツクラブのサウナに入っていたところだったのです。

なぁんだ、じゃありません。緊急にして非常事態です。
トレーニングに関して一つ、付け加えましょう。
1日おきや、2日おきにできる人は、1回のトレーニングは比較的軽くていいのですが、
社会人の多くはせいぜい週1か2日程度しか時間がさけません。
そのような場合、「トレーニングの密度を上げる」といって、
一度に極限まで筋肉を酷使するのですね。
そう、ペンすら持てなくなるくらい。
で、1週間かけて回復・増強させるのです。

当然このセオリーにのっとって、きゅびもトレーニングに励みました。
問題の時刻には、それこそ箸も握れぬほどヨレヨレだったわけです。
そのヨレヨレの出来上がっちゃったウニが、
自らトドメを刺すべくして、室温100℃の密室にこもって約7分が経過した頃、
異変は起きました。

「ズドン。」
背後に座るハゲジジイが、きゅびの座るシートを蹴飛ばしたのかと思い、
「このクソジジイ、何すんだ!」と、振り向きざまに飛び掛ろうと・・・
いや、実際は腹筋も背筋も足も腕も、まったく力が入らなかったので、
絶命寸前のナメクジが身じろぎするかのように、ゆるゆるな動きで振り返りました。
「?」
睨み付けようとしたのですが、何だかサウナ全体が揺れてます。
そして、その揺れは大きなストロークの横揺れへとすぐに変わりました。
「あわわわわわわ。」
「じ、地震だっ!でかいっ!」
ドア一枚を隔てたシャワー室やジャグジーから声が聞こえてきます。

「逃げなければ!」
きゅびは本能的にそう感じました。
それは、その時サウナに入っていた人(きゅび+おっさん4人)は皆思ったはずです。
しかし、次の瞬間に思いもよらない、驚くべきことがおこりました。

「サウナでは大騒ぎしてはいけない。
 どんなに熱かろうとも動じず、不動の心で耐えることこそ、
 一流サウニストたる者の美徳である。」
という黄金律が、その場にいた人たちの心を一瞬だけよぎったのです。
馬鹿馬鹿しいでしょうが、これはまぎれも無い事実です。

横揺れは激しさを増しています。
ビル自体が7階建てで50メートルプールが最上階にあることも手伝って、
その横揺れは想像を絶する振幅です。(ちなみにここは6階。)
「逃げなければ!」
と誰もが感じたはずなのに、きゅびの目の前のおっさんの一人が
再びどっかりとベンチに腰を落とし、腕を組んで瞑想を始めました。
すると驚くべき事に、他の3人のおっさんもビルが崩落するのではないかというほどの
激しい横揺れの中、再びサウナを堪能し始めたのです。

驚きは止まりません。
更に驚いた事に、なんときゅびまで
「ここでキャーキャー騒いだら、敵前逃亡に等しい恥ずべき行為。
 忍び難きを忍び、耐え難きを耐えてこそ、男の中の男。
 こいつらには負けん。」
とか、間違えた思考に全力で突っ走ってしまい、
再び腕を組んでサウナに居座ったのです。

人に冷静に考える間を与えぬ、地震の恐ろしいところです。

『つづいて、地震関連のニュースです。
 世田谷区に住む36歳の会社員が、今日の夕方首都圏を襲った地震で
 スポーツクラブのサウナに閉じ込められ、2時間ぶりに全裸で無事救助されました。
 100℃の密室に長時間いたため、さながら干物のように干からびてはいるものの
 どうやら生命に別状は無い模様です。
 あの大きな揺れのなか、何故サウナから飛び出して逃げなかったのか、
 常識を疑うと救急隊員はこぼしていたそうです。
 ・・・・まったく言葉も出ませんね。では、続いて明日のお天気です。』

いけない。
こんなテレビデビューを飾っては、底なしのアホだ。
そのことにようやく気づいてサウナから這い出たのは、もう揺れも収まった頃。
嫁と颯一郎とジルが気になったので、ロッカールームから家に電話をすると、
「あ、きゅび?
 あたしも、颯ちゃんも、ジルも、きゅびの実家も、みーんな平気。
 うちで心配なのは、きゅびだけだから安心して。」
とのこと。
さすが、きゅび嫁です。
一体どのツラ下げて帰宅すりゃ良いのか、さっぱり分かりませんでした。

何だか書けば書くほど、間が悪いのは果たして地震なのか自身なのか、
さっぱり分からなくなってきます。
あの時、サウナで下した自分の決断・・・何かの間違えではないかと思いたい、
そんな今日この頃でございます。
 





」」」」」当時のコメント」」」」」

もも。 そんな思考イラネッ(゚Д゚=)ノ⌒
いつ、いかなる脅威が襲ってこようとも、抜かした腰を引きずった状態で這ってでも、ちゃんと愛しいご家族のところにお戻りください('I') ( アナウンス
2005/07/26 04:16

osakaken 閉じ込められた場所が違いましたね!サウナですか・・瞑想なんてしていて家族に何かあれば・・瞑想離婚!なんて信じられないことになりますよ。パンツはいて男は助けに走るのよ~しっかりした奥様で良かったこと!ありがたいね!
2005/07/26 15:30

m⇔k サウナ…((((;゚Д゚)))ガクガクブルブル ワタシはサウナがダメなのよ~。
暑いから息出来ないし、もしドアが開かなくなったらなんて考えたらもうダメダメ!!その上 地震だなんて!ミ(.ノ_ _)ノ=зバタッ
きゅびさん お願いだからそんな時は逃げなさい。助かるものも助からなくなってしまうから!!わかった?(メ▼▼)y─┛~~
2005/07/26 17:34

erinaloha 地震中にサウナの我慢大会・・・う~んでも次は逃げてくださいね・・
キマスヨ・・・次は コワイコワイ(´□`;;;
2005/07/26 18:24

アルピニア (* ̄m ̄)ぷぷっ でも怪我もなく良かったですねー!
どちらが間が悪いのかは。。。( ̄  ̄;) うーん どっちなんでしょw
2005/07/26 18:46

はむねこさん お、男には引けないときがあるんですよ!うん!!そうです!!!
・・・
私が考えるに・・・そのサウナにおられた猛者どもは・・・疲れきって自分自身が揺れてると思って、動かなかったのでしょう♪うん!!そうです!!!
2005/07/26 20:01

シャチ 堪能させていただきました。(笑)間が悪いのはきっときゅぴさんの生まれ持った運命のようなものなのでしょう。(笑)
2005/07/26 22:35

きゅび ■もも。さん
 いや、まぁ、実際に電車は止まるし道路は大混雑するしで、
 ほんとうにはってかえりましたよ^^
■osakakenさん
 いやぁ、まったく天災はいつ訪れるか分かりませんね。
 家具の対策をきちっとされているosakakenさんは、大丈夫ですね^^
■m⇔kさん
 暴力団員風のアドバイス、どうもありがとう^^
 それにしても、全裸+汗だくというシチュエーションは、
 なんとも身動きが取りづらいことを実感しました^^
■erinalohaさん
 ねー。東海大地震、来るぞ来るぞと言われ続けてますからねぇ。
 きちっと対策とらなきゃ^^;
■アルピニアさん
 誰にも怪我が無くて、今回は本当に良かったです^^
■はむねこさん
 はむねこさん、ナイスフォローです。
 僕同様に勘違いロードを突っ走りましょう!
■シャチさん
 ( ゚∀゚)・∵. ブハッ!! 運命ですか・・・どうにかしたいものです><;
2005/07/27 02:40
[PR]
by hinemosunorari | 2005-07-26 00:58 | 日々のよしなしごと | Comments(0)

洒落と知性と愛そして無駄の織りなすブルース。


by きゅび
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31