鳥になったジル

b0182613_5313981.jpg

人間、誰しも一度や二度は鳥になりたいと思うものなのであります。
古くは飛行機を発明したライト兄弟がそうでしたし、もっと古くはインディアン。
彼らが身につけていた鳥の羽の装飾品は、大空を自由に飛びまわれる鳥への
畏怖の念・畏敬の念の象徴だったりするのであります。

さて、きゅびもご多分に漏れずそうでした。ただし、
「ああ、空を自由に翔るあの鳥たちのようになれたら、
 この思いを今すぐあの人のもとへ伝えにいけるのに・・・。」
などとは思いません。
あいにくロマンチストじゃなかったものですから。

それよりもむしろ、
「あー、鳥みてぇに空が飛べたら、大キライなあの担任の頭頂部めがけて
 う○こ爆弾を大盛りで落っことせるのに・・・」
という、非常に現実に即した、極めて悪質な願望を実現する手段として
鳥にあこがれていた節があります。
我ながら嫌なガキです。
願わくば、息子にはもうちょっとマシな人間になってもらいたいものです。

さて、愛しの名犬ジル。
その行動を観察してみると、彼女も鳥に憧れている事に気がつきました。
そう、犬も鳥のように空をかけたいのです。
現に年に何度か、彼女は必ず階段から(あたかもその背に翼を持っているものの如く)
ダイブするのであります。

昨日がその年に何度かのうちの一つでした。
晩の散歩の帰り道。
いつものルートには階段があります。
彼女が苦手とする下りの階段ですが、大して急なものではありません。
いつもはきゅびが先に下り、後からジルがヨチヨチとおっかなびっくり追ってくるのが
お決まりのパターンです。

昨日は違いました。
きゅびが先に階段を下り、ジルが追ってくるのを確認しようと後ろを振り返った時です。
目に飛び込んできたのは、通常の3倍のスピードで階段エリアに突進してくる、
愛しの名犬でした。
「えっ!?」
唖然とするきゅび。
当然です。ジルのスピードは階段を下りるような速度ではなく、
むしろ何かを飛び越えるための助走といった感じでしたから。

「ちょっと待って、ジル!お前は・・・・・・」
「ワワワワワーン!」
階段の縁を力強く蹴って、華麗に、高く、遠く、
まさに宙を泳ぐジル。
「ジル!お前は、鳥じゃねぇッ!」

ことの真実を告げるきゅびの声が届くか届かないかのうちに、
全身を見事に伸びきらせた(そう、例えるならスーパーマンが空を飛ぶような)
美しいポーズのまま、哀れな名犬はニュートンが発見した万有引力の法則にのっとり、
見事な放物線を描いた末に、アゴから大地に墜落したのでありました。

え?大丈夫なのかって?
はい。何せ彼女が飛んだのは、10段ほどの階段にさしかかる
約3メートル手前たったの一段。
わずか15センチぽっきりの段差ですから。

ま、それでもジルは相当ショックだったようで、
帰り道はきゅびの脇に抱えられて、うなだれたまま帰宅したのでした。
「あたし、飛べると思ったんだもん。
 鳥みたいに高く飛べると思ったんだもん。」
目にウルウルと涙を湛えたジルが言います。
「な、ジル。がっかりする事ぁ無いよ。
 人間だって、長年の研究・努力の末に、やっとこさ空を飛べるようになったんだ。
 お前だって、立派に飛んでたさ。ああ、立派に飛んでいたとも。
 ちょいと、着地にドジ踏んだだけだって。な?」
「ワン!」
慰められて、急に元気になるジル。
元気になったとたん、晩御飯にかぶりついていたりします。

ああ、やっぱりこいつはバカだから可愛いんだなぁと改めて気づいた、
そんな瞬間でございました。





」」」」」当時のコメント」」」」」

はむねこさん 大事なおなごの顔に傷が付かずに良かったですね^^
夏の青空にヒョーって飛んでる鳥を見ると、・・・あぁ~とりになりてぇ~って思いますね♪・・・でも、タケコプターには憧れません、何かねぇ^^;
2005/07/21 20:53

きゅび ( ゚∀゚)・∵. ブハッ!!
タケコプターね^^;あまりに現実離れしてるから、完全に空想の世界のものとして認知してしまってるのかな?^^
2005/07/21 20:59

はむねこさん
|ω・`)・・・や、そのまま首が・・・首が・・・ねじれそうで><
2005/07/21 21:16

アルピニア 15cmを飛んじゃったジルちゃん、何か凄いかもww
その場面を見たかったわ~♪
2005/07/21 21:31

もも。 いつもおもうのだけれど・・・
ほんとにきゅびさんはジルちゃんを( ,,´・∀・)ノ"(' ∀ ',, )ですよね。
愛情が溢れてきます。  すてきです。  
だからジルちゃん、こんなに満たされたキレイなお顔なんだ ( ◜◡‾)(‾◡◝ )ネー♡
2005/07/22 12:48

m⇔k ジルたいした怪我もなく良かったねぇ。ビビりながら読んでしまったわw んで、タケコプターで飛ぶと頭の皮が剥がれそうなんて思いませんでした?^^;
2005/07/23 10:48

きゅび ■ふたたびはむねこさん
 筋トレで強靭な首を築き上げれば、大丈夫です。
■アルピニアさん
 凄いって言うか、なんていうか・・・w
 着地は失敗したものの、跳躍姿勢はかなり美しかったですよ^^
■もも。さん
 それは、どうかな???
 えさごと手に噛み付いたり、僕は僕でうっかり蹴飛ばしてしまったり
 色々ありますから^^; 詳しくはジルに聞いてみてください。
■ m⇔kさん
 ま、軽くあごは割れて出血しましたけどね^^;
 タケコプター、そうそう!おもった!
 おっさんたるもの、これからは頭皮をいたわらなくちゃいけません。
2005/07/23 19:07

もも。 聞いてみたら、( ・ิω・ิ)けっこう好きょ♥、だそうで(゚∀゚)アヒャッ
2005/07/24 10:57

きゅび ■再びもも。さん
 そうですか^^;
 次回ご主人様に噛み付く時は、もう少し手加減してほしいものです^^;
2005/07/25 21:57
[PR]
by hinemosunorari | 2005-07-21 20:40 | 早乙女ジルさん | Comments(0)

洒落と知性と愛そして無駄の織りなすブルース。


by きゅび
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31