きゅびの、ひねもすのらりノウタリン。

noratari.exblog.jp

<   2016年 12月 ( 5 )   > この月の画像一覧

孤高の天才・加藤文太郎の愛した六甲の山々に抱かれ、命の洗濯をする・・・その4

b0182613_11182730.jpg
またまた前回からの続きです。
この投稿が今回記事の最終回、ということで先に全行程を。

シェール道をたどり穂高湖(←北アルプスっぽいw)に出会い、
湖畔にそびえるシェール槍(←同じく、槍ヶ岳っぽいw)の山頂を極め、
そこでお昼ご飯を食べた後に、今行程最高峰の六甲摩耶山の頂上より
神戸市街全景をおがんで新神戸駅に戻る・・・
・・・いや、戻った後更に電車で三河安城に移動するというのが、
最終回のあらましでございます。

こう書くと長そうだけど、摩耶山の頂上から後は、
日没時間との競争だったので、実は全く写真を撮っていません。
ってことは、記事で扱うのは摩耶山の頂上まで。あとちょっとじゃんw
では、早速レッツらゴーっと!

心地よいシェール道も終点間近です。
下の写真、歩道の先は巨大なコンクリートの砂防ダムになっています。
そう、もう穂高湖です。
b0182613_12550114.jpg
穂高湖も紅葉が美しく、また風がほとんど無かったゆえに、
湖面はまるで鏡のようでした。
その周遊歩道を歩いていると、突然でてくるのが、シェール槍の登山口。
手作り感満点の立て札です。

そのシェール槍は「槍」ってくらいですから、もう岩登りに近い感じでした。
トレッキングポールをたたんで、四肢を駆使してよじ登ります。
ここまで結構歩いてきたので息が上がりますが、
頂上で食べるお昼ご飯というエサが目の前にぶら下がっている以上
頑張らねばなりません。

で、途中写真など撮る余裕もなく、なんとか頂上にたどり着きました。
イェイ♫
b0182613_12560897.jpg
槍の先っぽ(頂上の事ねw)は畳2,3畳ぶんの広さしかなくて、
見晴らしは素晴らしいけど、せまかったー。
上の写真はシェール槍頂上から眺める穂高湖。

ちょっとアップにしてみましょう。
b0182613_15292623.jpg
桟橋らしきデッキのそばに人影があるのがお分かりになるでしょうか?
遠足の小学生らしき数人がこっちを見てキャーキャーはしゃいでいます。
「おーい!」
と手を振ると、「をー!。」とか感嘆しながら手を振りかえしてくれます。
アホみたいな事が結構楽しくて、しばし彼らと合図の交換合戦をしました。

実はこのとき、山頂には先客がひとりおりました。
大阪在住のおっちゃんで、平日に会社をサボってはよくここに来るそうです。
僕がたどり着いたときは一人で景色を楽しみながらカップ麺「どん兵衛」を
食しておりました。
氏曰く、「ここで食べる飯はサイコーでね、つい来てしまうのですわ。」

わかる!わかりますとも!!
本当は僕もここでお昼を食べたかったけど、
二人が荷物を下ろして食事をすると、後から人が登ってきた場合、
足の踏み場がなくなってしまう。
よって、先輩にこの場は譲り、僕は湖畔のどこかで食事することにしました。
うん、損して得取れです。
b0182613_15415436.jpg
b0182613_15441385.jpg
上の写真が、シェール槍を穂高湖畔から撮したもの。
山頂から撮った写真の逆アングルです。
きれいでしょ?損して得をとった結果ですw
桟橋ではさっきの小学生たちが、拾った木の枝で穂高湖をかき混ぜてました。
なにをやってるんだかw(・・・遠い昔のオノレの姿が重なります。汗)

こーゆー小学生に関わると、なにやら危害を加えられそうなので、
さっき手を振ったという身分は伏せたまま、
僕は具合の良いベンチを見つけ昼食&コーヒータイムとしゃれ込みました。
ふふふ。
湖を棒っきれでかき混ぜるようなアホどもには関わってなどいられぬのだよ。
(と、かつてクラスの金魚水槽にバスクリンを溶かし、
 金魚達を全滅させた過去を持つオッチャンが申しております。)
b0182613_15581837.jpg
昼食はBLTサンドウィッチとコーヒー。
コーヒーは最近お気に入りのエチオピア産のイルガチェフェ。
他の豆にはない、独特の華やかな明るさがあります。
景色と相まって美味しいんだなぁ~。
頭上を見上げると秋色の美しい天蓋。もう最高ですわ。
あー、来て良かった!
b0182613_12440386.jpg
穂高湖を後にしてしばし歩くと、「自然観察園」なる公園に出てきました。
池があったので、ここでも写真をパチリ。
b0182613_12472986.jpg
池の水面が綺麗だったので、近寄ってパチリ。
b0182613_12482045.jpg
いやー、癒やされまする。
そして自然観察園からちょっと歩けば、そこは今回の最終到達点、「摩耶山」なのでした。
b0182613_12511699.jpg
・・・。国立公園だったんですね。
道理で美しいわけです。ははは。
山頂は広い公園になっていて、展望台からの眺めはさすがの一言でした。
b0182613_12521181.jpg
b0182613_12525582.jpg
一瞬、ロープウェイで下山しちゃおうかなとか血迷いましたが、
そこは腐っても体育会系。ハードに日没時間と競争しながら、
ダッシュで下山するのでした。
おかげさまで2,3日筋肉痛だったっちゅーハナシです。
でも、それを補ってあまりある素敵な景色の数々に出会えた今回の山歩き。
神戸で時間を作ってまた来てみたい場所でした。
命の洗濯、完了です!

[PR]
by hinemosunorari | 2016-12-08 12:56 | 日々のよしなしごと | Comments(2)

孤高の天才・加藤文太郎の愛した六甲の山々に抱かれ、命の洗濯をする・・・その3


b0182613_22235398.jpg
ええと。パート3でございます。
新神戸駅をおよそ6:30amにスタートして、
布引の滝・布引湖・トウェンティクロス・徳川道を経由して約4時間。
今度はシェール道というルートに入りました。

放つギャグがことごとくシュールな僕の専用道路ってワケじゃありません。
シェールです、シェール。
何でも聞いたところによると、かつてまだ未開のこの地を訪れ、
すっかり魅了されてしまった英国人シェールさんが、
個人的によくたどったルートということに由来するそうです。

まったく、それもうなずける風景。
きっとシェールさんも今頃の季節にここを歩いたのでしょう。
穏やかで優しい木漏れ日。沢のせせらぎ。
その流れに乗って流れてくる紅葉。
光も色もすべてが季節と見事な調和を見せているのです。
魅了されて当然。
b0182613_22244402.jpg
b0182613_22261417.jpg
b0182613_22264416.jpg
b0182613_22274006.jpg
b0182613_22282313.jpg
b0182613_22290526.jpg
b0182613_22300322.jpg
b0182613_22302705.jpg
今回歩いたルートはどこも紅葉が美しかったけれど、
このシェール道に入ってからが、特に鮮やかで美しかったです。
表題写真もその途中で撮影したものです。

さて、いよいよ命の洗濯も大詰め。次回は穂高湖~摩耶山までをお送りします。
で、恒例のグーグルアースでルート表示っと。
b0182613_23091311.jpg

[PR]
by hinemosunorari | 2016-12-06 00:01 | 日々のよしなしごと | Comments(2)

孤高の天才・加藤文太郎の愛した六甲の山々に抱かれ、命の洗濯をする・・・その2

b0182613_12383652.jpg
美しい布引ダム湖畔の風景は、表題写真まででございます。
なんと言ってもテーマは「孤高の天才・・・(以下省略)」ですから、
山に抱かれなきゃならないんです。
山に抱かれるっちゅー事は、結構懐に入っていかねばならないのです。
b0182613_12420078.jpg
こういう素朴な風情の登山道、キライじゃありません。
一歩一歩、己の体重と日頃の暴飲暴食を恨みながら、軟らかい土を踏みしめます。
b0182613_12441740.jpg
↑のような景色を木々の間から見るたびに、
「をー!結構頑張って登ってきたなぁ!」なんて思う訳なんですけど、
そんな中突如出逢った立て札が↓。
b0182613_12445254.jpg
幾度かの大きなアップダウンを繰り返し、山の懐深くに入っていくと、立て札が。
そうなのです。
今回僕が選んだルートは「六甲トウェンティクロス」と呼ばれるルート。
清廉な沢を幾たびも渡ることから名付けられたルートなのです。

その名を聞いたときから、またコース図を見たときから、
楽しそうなルートであることはだいたい想像していたのですが、
実際にたどってみると、山あり沢あり岩あり林間コースありで、
変化とバリエーションに富んでいていて、とてもとてもとっても素敵な
ルートでした。うん、こりゃ楽しい!

写真だけになってしまいますが、ちょっとご同行くださいませ。
b0182613_12551319.jpg
b0182613_12553177.jpg
b0182613_12555369.jpg
b0182613_13040099.jpg
b0182613_13042198.jpg
水中をとっているとは思えぬほどの澄んだ水。
そこに住むお魚さんはとても友好的で、逃げません。
もう、食べちゃいたいくらいかわいいです。
あぁ、ギャグが暗黒;;;
b0182613_13053754.jpg
b0182613_13060237.jpg
b0182613_13062434.jpg
b0182613_13064103.jpg
b0182613_13070654.jpg
b0182613_13073540.jpg

b0182613_13080647.jpg
b0182613_13323019.jpg
b0182613_13330057.jpg
そして、どこまでが20クロスだったか、さっぱり把握しないまま、
「徳川道」なるルートへ突入していくのでした。(つづく。)

で、ここまでのルートをグーグルアースで。
なかなかなスケール感だ!
b0182613_14042683.jpg


[PR]
by hinemosunorari | 2016-12-05 14:05 | 日々のよしなしごと | Comments(0)

孤高の天才・加藤文太郎の愛した六甲の山々に抱かれ、命の洗濯をする・・・その1

b0182613_20365959.jpg
「束の間の休息」として書き始めたものの、休息というよりももうちょっと何かしら重大な、
僕にとっては有意義な一日でしたので、タイトルを大幅に改めました。
みなさまにおかれましては、はっきり言って何ら関係はございませんので、
お気になさらないでください。

さて。前回の続きです。
布引の滝の雄滝の清廉なマイナスイオンを浴びまくって、
すでに十二分に癒やされた僕でしたが、
掲げたテーマに則り滝の脇を上るルートを足早に進むのでした。
(どーでもいい写真をたくさん撮ったおかげで、ここまで1時間30分ほどロスしてますからw)

b0182613_20492430.jpg
で、雄滝のすぐ横をガシガシ登って標高を稼ぎ、息が軽く上がった頃、
突如ポンと抜け出た見晴らし公園からの景色が、今回の表題写真です。
「をー!港町神戸を朝日が染めていくぜ!」
なんて言いつつも、港町とは全然関係ない山の上にいるギャップ。
アレも神戸。コレも神戸でございます。
港と朝日に背を向け、粛々と整備された歩道を再び登ります。
b0182613_21011998.jpg
b0182613_22095727.jpg
すると何やらヨーロッパの城壁を感じさせる重厚な構造物が。
b0182613_21424212.jpg
明治時代末期に造られた、日本で最初の重力式コンクリートダム、
布引五本松ダムです。なんだか格好良いぞ。
そしてそして、この数分後に僕が拝んだ光景がこちら。
b0182613_22213619.jpg
b0182613_22215183.jpg
風光明媚とはまさにこのこと。
鏡のような穏やかな水面に秋色に染まる山容が映える。
何という調和。
思わず声が出たっちゅーハナシです。
b0182613_23173595.jpg
b0182613_23292988.jpg
b0182613_23174202.jpg
湖畔を歩けど誰にも会わず、聞こえるのはただ落ち葉を踏む自分の足音のみ。
あぁ、癒やされる。これを命の洗濯と言わずなんと言おう。
そしてまだまだ先は続くのでございます。

↓この記事までのルート。GPSデータによると午前8:30になってます。
それにしてもグーグルアースって面白い。
日付と時間のデーターから解析して、正しい陽の差し込み、影の長さ、角度で
表示されてるんですねー。感心!
b0182613_23515109.jpg



[PR]
by hinemosunorari | 2016-12-05 00:00 | 日々のよしなしごと | Comments(2)

束の間の休息

b0182613_14383749.jpg

あまりにも仕事ばっかりで仕事がキライになりそうなきゅびでございます。
ふたさん、俺は元気にやってるぜ!

さてさて、そんな仕事漬け生活の真っ只中、神戸から三河安城に移動するだけという
あまりにも美味しい恵みの一日が与えられました。
ええ、ハードボイルドタフガイを天は決して見捨てないのです。
こりゃもう、命の洗濯をするしかありません。

そんなわけで行ってきました六甲山地。
伝説の単独クライマー加藤文太郎が愛した山々。
その六甲山地の中のほんの一部分を、今回は半日かけて歩いてきました。

時間は限られています。
なんと言っても翌日は三河安城で本番。
その日のうちに名古屋のまで移動せねばなりません。
よって、神戸市内の宿泊先を出発したのは
まだ日の出前の午前五時。
呼んでいたタクシーに颯爽と飛び乗り、もはや条件反射で
「運転手さん、前の車を追ってくれ!」
と定番の台詞を言いたくなるのをグッとこらえ、
「新神戸駅までおねがいします。」
ときちんと言えた僕は、順調に大人の階段を登っていると言えるでしょう。
b0182613_1516493.jpg


新幹線が発着する新神戸駅。
ここが今回のスタート地点です。
駅前には新神戸オリエンタル劇場やら神戸芸術センターやらがあり、
モダンでスタイリッシュな文化都市・神戸を象徴しています。
が一転新神戸駅の反対側はとても自然が豊かな場所と言うことは、
出張者にはあまり知られていない事実でもあります。

「ふふふ。
後で撮れるであろう美しい自然美あふれる写真と好対照な、
朝焼けに浮かぶ建造物のシルエット写真でも撮影しておくか。
明暗だけに名案だぜ。おっと、ギャグも冴えてら。ひひひ。」
とかほくそ笑みながら、駅前の写真撮影に30分もの時間を費やした僕は、
はっきり言って時間の軽重を知らぬアホだと言うことができます。

b0182613_16121162.jpg

↑新神戸駅より通常徒歩5分の布引の滝(雌滝)
b0182613_16355613.jpg

↑新神戸駅より通常徒歩10分の布引の滝(夫婦滝)
b0182613_16285694.jpg

↑新神戸駅より通常徒歩10分の布引の滝(雄滝)

上の3枚の写真は、布引の滝と呼ばれる一連の滝です。
日光の華厳の滝、和歌山の那智の滝とならび、
日本三大神滝の一つに挙げられています。
新神戸駅を出発して下流の雌滝から最上の雄滝まで、
通常10分から15分程度の所要時間ですが、
写真をバシバシ撮りまくりながら一時間ほどかけて歩いた僕は
やはり時間の軽重を知らぬアホだと言えます。
すっかり日も昇り明るくなってしまいました。
(明るくなった割には、雌滝のすぐ上にあると言われる鼓滝を
見落としていたりしています。なんだかなぁ;;)

ま、だいたいのお散歩ウォーカーはここら辺でUターンするんですけど、
ハードボイルドタフガイたる僕は違います。
何てったって、「伝説の単独クライマー・加藤文太郎が愛した六甲の山々に抱かれ、
命の洗濯をする。」いや、「命の洗濯をした後、更に愛知県三河安城市に滑り込む。」
が今回のテーマなのですから、(そんなテーマいつ掲げた?!)
この程度じゃ抱かれたうちに入らないのでございます。

次回(きっと今夜)、その行程がいよいよ明らかに!
チャンネルはそのままで。
(で、次回へ続く)

↓参考までに、GPSログによる新神戸駅から布引の滝までのルートを
グーグルアースで表示してみました。
b0182613_2004967.jpg

[PR]
by hinemosunorari | 2016-12-04 16:37 | 日々のよしなしごと | Comments(0)