きゅびの、ひねもすのらりノウタリン。

noratari.exblog.jp

<   2013年 02月 ( 1 )   > この月の画像一覧

春まだ遠き日々。

b0182613_18823.jpg

寒いです。
「暖かくなったら、公園を散歩でもしながら更新するかぁ~」
なんて思っていたら、ちーっとも暖かくならない。
それどころか、予報では首都圏で3度目?4度目?の雪マークが出る始末。
局所的な意見ですみませんけど、温暖化とかどうなってるんですかね?
つじつまが合ってないような気がしてなりません。

つじつまが合ってないと言えば、僕の中ではお酒です。
いや、ちょっと難しいハナシなので整理してお話ししますとですね、アレです。
まぁ仕事が終わって夜中に帰宅して、風呂に入った後に、
「ブログの更新をせねば!」とかなるわけですよ。
ええ、まったく更新が滞っているのですけれど、
そーゆー意志は頑なに持ち続けているわけです。

で、PCの前に座って色々写真を加工してみたりとか始めるわけです。
寒いのも手伝って焼酎グラス片手だったりとかするんですけどね。
まー、最近はめっきりお酒も弱くなったし、
酔っぱらって変な記事を更新するわけにもいかないので
そこはスロードリンクに徹するんです。
ゴクゴク飲まない。そう、嘗めるように味わいを楽しむのです。

するとどうでしょう。
ほろ酔いって言うの?それがずーっと続くわけです。
持続性ほろ酔い。
ほろろろろろろろろろろろーん。なんですよ。
ほろ酔い以上のほろろろろろろろろろろろーん酔い。
あのね、コレは楽しい。

ちょっと飛躍しますけどね、アレですよ。
大の酒好きで知られる詩仙・李白なんかは、
この状態で「月下独酌」とかを詠んだんだと思うんです。
漢詩の名作たるアレね。
うん、きっとそうだ。

我も人なり、彼も人なり。
李白が月と影とを同伴者として酒を楽しめたなら、
僕にだって出来るはず。
そう。月と、流れる雲と、己の影と。
月に照らし出された影は、今だったら僕を離れて
流れる雲と共に踊ることだって出来るとおもう。
そうさ!そうでなくちゃ!

・・・とまぁ、こういう短絡的思考過程があり、
されども情熱を帯びた使命に駆られた酔っぱらいは、夜中に突如カーテンと窓を開放し、
且つ窓辺でそのまま気絶したりするわけです。

そんな一歩間違えば凍死してしまいそうな日常を過ごしているのですから、
更新が滞ってしまっていたとしても、それは二次的な問題なのです。
まずは、朝きちんと生きて目覚めの時を迎えられるかどうかっちゅーハナシなのです。
なーんか、かくも過激な生活を送っていても、じぇんじぇん風邪をひかない僕ってステキ。

そんなプチナルシストがつじつまが合ってないと思うことは、アレです。
「お酒が弱くなりスロードリンクに徹した結果、酒量が増えたじゃねーか!!」
ま、そーゆー事です。
いやぁ、試しに今も窓開けてみたんですけど、涙が出るほど寒いです。
春、まだ遠いッすね。

(表題イラストは、命知らずな飼い主のせいで風邪をひきそうな早乙女ジル嬢。)
[PR]
by hinemosunorari | 2013-02-28 02:50 | 日々のよしなしごと | Comments(14)