きゅびの、ひねもすのらりノウタリン。

noratari.exblog.jp

<   2011年 09月 ( 4 )   > この月の画像一覧

鋼鉄の男。・・・2

 『おい。いるかい。
  まだお前は名前をかえていないのか。
  ずいぶんお前も恥知らずだな。
  お前と俺では、よっぽど人格が違うんだよ。
  たとえば俺は、青い空をどこまでも飛んでゆく。
  お前は、くもって薄暗い日か、夜でなくちゃ、でてこない。
  それから、俺のくちばしや爪を見ろ。
  そして、よくお前のと比べてみるがいい。』

                   宮沢賢治「よだかの星」より

孤独なんか、別になんてことなかった。
幼い頃から割と多くの時間を一人きりで過ごしてきた。
母の連れ子という肩書き。
だから、父方の親戚はどこまで打ち解けたとしても、
最後の最後で血がつながっていない現実に何度も直面してきた。
孤独なんか、本当になんてことなかった。

**************************************

「きゅびちゃん、君はどんな本を読むんだ?」
それが、初めて聞いた叔父さんの言葉だった。
父方祖母の一周忌が行われた晩、皆とは離れた場所にいる僕に、
そう言ってウィスキーを勧めてくれた。
僕が大学一年生だった頃の春休み。祖母の故郷、北海道でのことだ。

「思い出がないわけではありません。
 ただ、葬儀や法要と言った場に、どんな顔で臨めばいいのかが、
 僕には分からないのです。」
誰かにそう打ち明けたかった。もしも泣けたらどれほど楽かと思った。
けれど、血縁者以上に悲しむことが僕には出来ず、
努めて表情を消しているしかなかった。

そんな僕を解きほぐすように、おじさんは肉親の死とは関係ないことを語りかけてきた。
抱えている問題を解消できないことは承知して、それでも僕との会話を選んでくれた。
必要以上に心を開かぬようにする僕を、そのまま包んでくれるような器を感じて、
叔父さんとは少しずつ話し合うようになった。

「宮沢賢治は読んだか?」
「はい。以前に何度か。」
「”よだかの星”という作品があるだろ。あれは賢治の最高傑作だ。
 機会があれば何度でも読み返すといい。」

叔父さんはウィスキーをグラスに注ぎ足しながらそう言った。
僕は嘘をついていた。
宮沢賢治の「よだかの星」は、読んだことがあるという程度のものではない。
幼い頃から何度も読み返していて、僕の精神的支柱になっている作品である。
嘘がキリキリと自分の胸を締めつけた。

叔父さんが何故僕に「よだかの星」を勧めたのか、
僕には痛いほどよく分かった。
この作品を僕のような読み方をする人が、
世の中に一体どれほどいるのか、僕には知る術がない。
だが、世に星の数ほども存在する文学作品の中から、
なぜ叔父さんは宮沢賢治の「よだかの星」を選んだか?
そこに想いを馳せる時、伝わる優しさに僕は涙をこらえられず、
泣きながら膝の上の両拳をきつく握りしめていた。

**************************************

悲しみを知るものしか、他人の悲しみを知ることは出来ない。
自分で苦しまぬものが、他人の苦しみなど理解できようはずがない。
僕は昔も今も、常にそう思っている。
現実社会という地獄にいながら、真理に近づこうと魂を燃焼させて飛翔した夜鷹。
それはあらゆる咎からの壮絶な解脱のようであり、
すべての人の人生にあがく姿を模しているように思う。

 『お日さん、お日さん。
  どうぞ私をあなたのところへ連れてって下さい。
  焼けて死んでもかまいません。
  私のようなみにくい身体でもやける時には小さな光を出すでしょう。
  どうか私を連れてって下さい。』
 
                             (つづく)
[PR]
by hinemosunorari | 2011-09-22 19:08 | 日々のよしなしごと | Comments(10)

鋼鉄の男。・・・1

僕には好きだった叔父さんがいた。
父の兄弟の長兄だった。

叔父さんは高校進学を機に、生まれた育った夕張の街を離れ、単身上京した。
その後大学に進学すると、弟と妹を東京に呼んで、勉強や生活の面倒を見た。
多くの苦労は自分に与えられた使命だと、何も言わずに飲み込んだ。

卒業後は日本最大の建設コンサルタント会社に入った。
「君は海外勤務になる。ほとんど帰ってこられない覚悟を持ってほしい。」
そう上司に宣告されたが、かまわずに引き受けた。

実際に仕事に対する誠実さと熱意で重用され、東南アジア諸国を歴任した。
第三世界の電源プラント開発や治水事業に数多く関わった。
その業績に感謝と敬意を表して、いくつかの国では叔父さんの使う車には、
大使に次ぐ専用のナンバープレート「・・・2」が贈られていた。

一方で、それだけ海外生活が長い分、身体には多くの負担をかけた。
酒も煙草も愛して止まない人だったからかもしれない。
咽頭癌を含めて4度の大きな病を患った。
そのどれもが、仕事への復帰など到底無理だと診断された。

だが、叔父さんはその度に重大な手術を乗り越え、診断を覆した。
責任感は生来強かった。
「誰かがやらねばならぬ面倒なら、俺がやる。」と言っていたのを
僕自身も幾度となく耳にしていた。

奇跡の復帰が二度を超えた頃から、本社や現地国の担当省庁では、
「不死身の男」「鋼鉄の男」と呼ばれるようになった。
その是非はともかくとして、誠の意味で仕事の鬼だった。

真摯な姿勢、粘り強い交渉力、人望。
70を過ぎても顧問として業務を依頼されていたことからも分かる。
その叔父さんが、先日亡くなった。

                    (つづく)
[PR]
by hinemosunorari | 2011-09-22 15:36 | 日々のよしなしごと | Comments(2)

僕は、走る。

「何故山に登るのかって?
 そりゃ、そこに山があるからさ。」

とりわけアルピニストがこういう台詞を言う場合、とにかく格好良い。
そこには孤独に耐え、荒々しい大自然に挑む孤高の挑戦者という、
神格化されたと言っても過言ではないイメージがあるからだと思う。

さて、当ブログ作者たるきゅびはというと、
そんな名言とはあまり関係のない日常を送り続けている。
もちろん、平成のハードボイルドタフガイを自負する都合上、
前述アルピニスト的な発言および雰囲気には、非常に強く憧れるわけであるが、
げに日常とは、とんでもないスットコドッコイなヤツなのである。
山積する仕事に追われ、夏休みのこどもの宿題に追われ、
愛犬の毛繕いに追われているのである。

そんな日常から逃げ出したいからと言うわけではないと思うのだが、
最近、暇さえあれば走っている。多少の雨でも平気で走っている。
地元駒沢で走り、仕事で赴いた地方都市でも走り、あげく台湾でも走った。

走ることが好きかと言われれば、実はNOである。
走ることが楽しいかと言われれば、楽しい時もあるけどやはり基本はNOである。
スポーツは大好きだが、無意味に走ることは嫌い。
ただ、それでも走り続けることが求められる場合が、男にはあるのである。

事の発端は約半年前にさかのぼる。
某月某日、場所は山梨県立県民文化ホール。
言わずもがな担当する某歌手のコンサート終演後。
10年ほど前に一緒にツアーに帯同していたヘアメイク担当のNさんが、
歌手某さんの楽屋を訪れた。

一線を退いて、今は二児の美しいお母さんであるNさん。
歌手某さんとも実に10年ぶりの再会だった。
数分後、再会に大喜びの楽屋に僕は呼ばれた。

歌手某「ね!ね!ほらほら、これ、きゅびちゃんやで?」
Nさん「わ!本当だ!」
歌手某「ねぇ、ちょっと太ったとおもわへん?」
Nさん「うん!太った太った!!」
きゅび「・・・・・・・・。」
そして二人は口をそろえて感慨深そうにこうハモったのである。
「昔はあんなに格好良かったのにねぇ~。」

この二人による発言は、とても僕を傷つけた。
42歳の男のハートを粉々に打ち砕いた・・・いや、そんな生温いものではない。
ガラスのハートを粉々に砕いて、念入りに石臼で挽いた上に便所に流した。
そのくらい言っても過言ではあるまい。
彼女たちの発言が僕に与えた影響たるや、立派なトラウマ(心的外傷)である。

・・・とまぁ、語るに忍びない理由で、僕は走る。
走り続けて半年になる。
昨日、歩いていて「ピヨピヨ」と変な音がするなと思ったら、
音の出所は僕のジョギングシューズであった。
愛用のナイキエアマックス。走りすぎてパンクである。
半年などと言う短い期間で履き潰したことなど、過去におぼえがない。
それだけ遮二無二に走り込んだ証だと言えよう。

アルピニストが「山があるから登るのだ。」というなら、それはそれでいい。
孤高の挑戦者よ、勝手にしろ。
だが、生まれて初めてデブ呼ばわりされたタフガイも走るのである。
デブはデブなりの理由で。

**********************

有酸素運動、すなわちジョギングを始めよう!と決意した日に
こうなることを予見したのか、同じシューズを二足購入しておいた自分を
褒めてあげたい。いや、褒める。
そして、記事を書き終えたら丁度走るのにいい時間だ。(5:15am)
行ってきます(*- -)(*_ _)ペコリ

**********************

※2:15pm 追記
こういうデブ記事を書いた場合、通常通り更新記事のチェックをした我が嫁様が
僕がいかにデブではないかと言うことをを、
いや、いかに引き締まった見事なナイスバディーかということを
コメント欄で援護射撃とかしてくれそうなものなのだが、あいにく嫁が発射した言葉は
「あなた、案外傷つきやすいのね。けっ。」
という引き裂かれたハートに塩を擦り込むものであった。
いくら感謝してもし足りないという話である(-公- ;)
[PR]
by hinemosunorari | 2011-09-07 05:13 | 日々のよしなしごと | Comments(17)

ご参照下さい。(8月のもくじ)

2005/8============================================

◆暑中お見舞い申し上げます。
タイトルどおり、暑中お見舞いを申し上げております。きゅびではなくて、ジルが。
http://noratari.exblog.jp/11215007/

◆悪いのは僕じゃない。
本当は「宇治時雨に関する私見。」という記事だったんです。クルルのバカッ!
http://noratari.exblog.jp/11215069/

◆この土の器をも・・・
政界が大きく変動しようとしています。自分の果たすべき責任は?
http://noratari.exblog.jp/11215126/

◆青森について・・・(1)
嫁のふるさと、青森に帰省しました。ジルも颯一郎も初めての旅行です。
http://noratari.exblog.jp/11221862/

◆青森について・・・(2)
青森県むつ市大畑は、それはそれは素晴らしいところなのであります。と言う話。
http://noratari.exblog.jp/11221892/

◆加賀屋の風景です。
お部屋からの眺望が素晴らしかったので、写真に収めました。ヒネリ無しの直球です。
http://noratari.exblog.jp/11221934/

◆そうだ!テレビを見よう!
知らなかったこととはいえ、トレンディー俳優(←もはや死語)に狼藉を働いたのでした。
http://noratari.exblog.jp/11221970/

◆ポン引きに関する私見。
ポン引きとは?そんな些細な疑問にきゅびがお答えしています。
http://noratari.exblog.jp/11222063/

2006/8============================================

■ほろ苦い一夜の思い出
単純バカだっていいじゃないですか!男心の悲哀を描いたお話です。
http://noratari.exblog.jp/11318523/

■ポップコーンと夏の思い出
僕の夏の思い出は映画とポップコーンと美しい彼女の横顔・・・
と言うお話は脇に置いておいて、ポップコーンの正しい作り方のお話です。
http://noratari.exblog.jp/11318525/

■最近のキーワードと最近の日比谷公園。
去年に引き続きグレータートウキョウフェスティバルの時期がやってきました!
http://noratari.exblog.jp/11318526/

■男のロマンについて。
ある日我が身に起きたどうでもいい事件を発端に、鋭く考察してみました。
http://noratari.exblog.jp/11318527/

■築地にて。
早起きして築地市場で寿司食ってきました!いやぁ、旨いっ!
http://noratari.exblog.jp/11318528/

2007/8============================================

■沙汰がないのは元気と思え。
なんだ今年は!先月に続いて、今月も唯一の記事。月刊ブログかよ!!
そして王子は幼少のきゅびにうり二つなのだそうだ;;;
http://noratari.exblog.jp/11393152/

2008/8============================================
■あついですな。
カテゴリ「割とどうでもいい」の久々更新。内容がないようー・・・・・彡(-ω-;)彡ヒューヒュー
http://noratari.exblog.jp/11450985/

■あちこちより王子通信 前編
忙しくてブログが出来ず、たまっていた王子写真を一挙公開!・・・の前編です。
http://noratari.exblog.jp/11450986/

■あちこちより王子通信 後編
芋掘ったり、像にビビったり、かき氷食ったり、浴衣着たり、デレデレしたり。ご賞味下さいw
http://noratari.exblog.jp/11450987/

■空き時間にブリブリ吠える!
何に対してブリブリ吠えているかというと、節度のない電車マナーなんです!共に怒ろう!
http://noratari.exblog.jp/11450988/

2009/8============================================

残念ながら、更新できませんでした。あしからず(。-人-。) ゴメーン

2010/8============================================

■夏は暑いのがよろしい。
城ヶ崎に家族で行ってきました。その旅行記とは全然関係ない話でスミマセン。
http://noratari.exblog.jp/13711321/

2011/8============================================

■ひといき。
仕事で訪れた長野県松本市。国宝松本城のあんな写真を激写してきました^^
http://noratari.exblog.jp/16044462/

■さらに、ひといき。
仕事で訪れた長野県松本市にて。国宝松本城を激写してきました^^
http://noratari.exblog.jp/16046654/

■慌ただしかった日々を写真で振り返るという試み
2月くらいからずっと続いていたハードワーク状態が解けました!・・・あとはタイトル通りww
http://noratari.exblog.jp/16063306/

■続・慌ただしかった日々を写真で振り返るという試み
前回のは金沢・香川・高知編。して、今回は台湾でございます。・・・あとはタイトル通りww
http://noratari.exblog.jp/16067598/

■続々・慌ただしかった日々を写真で振り返るという試み
台湾の続編です。ひさびさに仕事現場の写真を何枚か使ってますよ。・・・あとはタイトル通りww
http://noratari.exblog.jp/16075898/

■おまたせ!王子通信だよ!
スケボー颯一郎、スポーツマン颯一郎、七里ヶ浜の颯一郎。3バージョンを掲載しております。
久方ぶりになってしまいましたが、親戚の方、一部マニアの方、ご賞味下さいませ。
http://noratari.exblog.jp/16082328/

■不思議の国の王子。
珍しく「王子通信」の連発です。今回は王子の知られざるおもろい一面をご紹介。
いや、ホントに不思議ちゃんなんだな、コイツw
http://noratari.exblog.jp/16126732/

■あの夏の日。
夏の日の記憶。バックミラーに映った現在と過去。
http://noratari.exblog.jp/16199993/

2012/8============================================

残念ながら、この年は更新できませんでした。あしからず(。-人-。) ゴメーン

2013/8============================================

残念ながら、この年は更新できませんでした。あしからず(。-人-。) ゴメーン
[PR]
by hinemosunorari | 2011-09-01 09:20 | 8月のもくじ | Comments(0)