きゅびの、ひねもすのらりノウタリン。

noratari.exblog.jp

<   2010年 10月 ( 8 )   > この月の画像一覧

夢見る対抗策。

こんにちは。
かつて利用していたブログサイトcururuの時同様、
目次の制作に日夜追われる昨今でございます。
その合間に、最近思うことをつれづれに。
まったくの、意味なし・主張なし記事でございます。

★先般の記事で、ちょこっとひけらかしましたが、
 もしも僕がお寺さんや神社などなど関係の仕事をしていたら、
 きっと職業生命にかけて強烈に推進するプラン。
 アパレル関係の「ベストジーニスト賞」に対抗して、 「ベスト寺院ニスト賞」の選出。
 神社仏閣を広汎に知らしめた功労者に贈られるというもの。
 数多ある神社仏閣およびそのご利益などへの深い知識が問われる。
 ただし、本家が「日本ジーンズ協会」という統一された機構があるのにたいして、
 こちらはいろいろ宗派があるのが難点か。

★現在、芸能業界のトップを走るアイドル集団「AKB48」。
 その二番煎じを強烈に狙う「AKMi48」。
 「エーケーミーフォーティーエイト」と読み、
 正式には「AKEMI 48YEARS OLD」の略称となる。
 いわずもがな、全国津々浦々のスナックなど水商売関係者の中から、
 48才の「あけみ」さんのみを限定選抜した組織。
 平素の夜の仕事があるので、特にコレといった芸能活動が出来ないのが難点か。

★AKB48の姉妹組織、名古屋の栄を本拠地にしたSKE48。
 その二番煎じを強烈に狙う「SKEB48」。
 面倒くさいから「すけべーフォーティーエイト」と読んでもらってかまわない。
 いわずもがな、全国津々浦々のスケベオヤジの中から
 48才のスケベオヤジのみを限定選抜したもの。
 あまりに反社会的な組織故に、特にコレといった芸能活動が出来ないのが難点か。

★日本人としての心の安らぎというか、中庸であることのすばらしさを説く
 普遍的アニメーション作品、「サザエさん」。
 その美味しいエッセンスだけを抽出した、二番煎じ作品「シジミさん」。
 本家がアニメーションなのに対して、こちらはミュージカル。
 演じるのは劇団四季。演出はもちろん浅利慶太氏(ただし、クレジットはシジミケイタの名前で)。
 オファーを出した時点で、浅利氏に「バカヤロー!!」と灰皿を投げられて終わるのが難点か。

★今もなお熱狂的ファンを多く抱える伝説的アニメーション作品「機動戦士ガンダム」。
 それとはあまり関係ない、株式会社マンダムの社員の奮闘振りを描いたドキュメンタリー作品。
 タイトル「企業戦士マンダム」。あまりにバカバカしくて言うのも恥ずかしい。
 当然マンダム社としては主演にCM同様キムタクを据えるわけだが、
 あまりに色気もおもしろ味もない作品に、本人サイドが出演を拒むのが難点か。
 当然、集客も見込めず。

★故・マイケルジャクソンの栄光の軌跡、「KING OF POPS」。
 それとはほぼ関係ない「禁句 OF OOPS OF POPS」。
 いい加減なタイトル通り、あんまり大きな声では言えないけど、
 おもわず「あぁ、こりゃやっちまった(-公- ;)」と呻いてしまうPOPS集。
 例えるなら、映画「ドラえもん」の主題歌。
 偉大な指揮者・トスカニーニも絶賛したというウィーン少年少女合唱団に
 せーっかく主題歌を歌ってもらったにもかかわらず、
 「ハイ、タケコプター!」のあの部分だけは、やっぱり大山のぶよさんの声だった。

「夢見る対抗策」と題して書いたけど、タイトルとは全然関係ない方向に話が展開してしまいました。
え?さすがMr.本末転倒支離滅裂?そんなにほめられても困りますよ~。
ほな、またしばし目次の作成を。サイババ!!
 
 
 
[PR]
by hinemosunorari | 2010-10-19 13:26 | 日々のよしなしごと | Comments(12)

ご参照下さい。(1月のもくじ)

きゅびより、新年のご挨拶です。
2005年のスタートです。皆様への深い感謝と今後の抱負を語りました。

正月の気になるニュースを手短に。
元旦の昼下がり。きゅび家のリビングでの出来事をサスペンスタッチでスリリングに描きました。

新年早々病院です。
きゅび家のアイドル犬ジルに異変が! 正月早々我が家を揺るがした驚愕ニュースです。

反省に関する私見(前編・オヤジギャグに関して)
自己主張全開の私見シリーズです。自分で言い放ったオヤジギャグを反省しております。

反省に関する私見(後編・NHK不祥事に関して)
自己主張全開の私見シリーズです。本当はこれを言いたかった!

世田谷線人情物語
近所のローカル線での美しい一コマを、きゅびの思い出に重ねて描いたヒューマンストーリー。

老化現象。
若かりし頃の勢いのままお酒を飲むと、、、肉体的退行を認識しましょう。

雪降る山梨にて
出張先の甲府で、想像以上の雪に見舞われ遭難寸前のきゅびは果たして生還できるか?!

晴れた日のお散歩は、、、
きゅびとジルの心のふれあいを描いた、ちょっとイカすドラマです。

アンファンテリブルと懺悔。
コクトーが描いたアンファンテリブルとは似ても似つきません。
はっきり言ってコクトーに失礼です。

冬桜。(一)
きゅびの胸に深く刻まれた、広さんの生き様。男惚れとでも言いましょうか? 一度読んでみてください。

冬桜。(二)
きゅびの胸に深く刻まれた、広さんの生き様。渋谷に実在する串焼き屋のオバちゃんの語り口調です。

冬桜。(三)
きゅびの胸に深く刻まれた、広さんの生き様。徐々に明かされる広さんの行方。

冬桜。(四)
きゅびの胸に深く刻まれた、広さんの生き様。現実は思いもしない方向に転がりだします。

冬桜。(五)
きゅびの胸に深く刻まれた、広さんの生き様。あなたの胸にも響くとよいのですが。佳境です。

ようやく終わりました。
冬桜。を書き終えた後に書いたものです。記事はどうでもよいのですが、皆様から頂いた暖かいコメントが嬉しくて、特別に「かなりどうでもいい」カテゴリからこちらに加えさせていただきました。

アバウト きゅび。
きゅびはなぜ「きゅび」なのか?作者ID由来の謎に迫ります。これを知ったところで何にもなりません。

冬桜。(番外編)~二度の裏切りと懺悔。
広さんときゅびの男の友情。そこに割って入ったのはきゅび嫁だった。その時きゅびは・・・・・・

男の時間。(一)
広さんとの再会を果たしたきゅび。果たしていかがわしいDVDは返せるのか?

男の時間。(二)広さんがカバンから取り出したもの、それは・・・。人の心の吟線に触れる、ちょっといい話をどうぞ。

■埼玉県鴻巣市より
きゅびの仕事のことについて、少々お話いたします。

2006/1=======================================================

明けましておめでとうございます。
2006年は戌年。犬と言えばジル。ジルにちなんだお話で新年はスタートです!

自宅にて思う。
きゅび、何故か自宅にいながらホームシックみたいです。普段は留守ばかりのくせに。

仁義なき戦い
血で血を洗う、壮絶なる戦いがそこにはあるのでした。いえ、夫婦喧嘩ね、ただの。

続・仁義なき戦い
ケンカの一つだけ良いところは、仲直りが出来るってところですね^^

名前も素顔も知らぬあなたへ。
とてもお世話になった方への感謝の気持ちです。誰かは・・・ご想像ということで^^;

「名前も素顔も知らぬあなたへ。」に関して・・・
心を込めて、言葉を選んで、どうにか書いた詩の解説+コメントのお返事ですね。

嗚呼!チョコレート!
昔から、チョコレートはあまり食べないんです。でも、一言言いたくて書かせていただきました。

細いケーブルの可能性風邪をひきました。感染経路はケーブルだと思われます。なんて言う記事・・・

快挙!!(1)
ふふふ。これを快挙といわずに、何を快挙といおう。やったぜベイビーなお話。

快挙!!(2)
ふふふ。これを快挙といわずに、何を快挙といおう。やったぜベイビーなお話。

2007/1=============================================

とても静かな年の始まりに。
2007年になりました。今年も数々のきゅびぶしをお届けしたく思っております
どうぞ宜しく的なお話です。

LET'S GO 2007!(1)(2)
新年最初のお出かけは上野動物園でした。王子はどうか知りませんが、僕は楽しかった!

連休投稿
遂に動画で王子の姿を公開してみました。是非一度ご鑑賞くださいませ^^

幸せはコーンフレークのように。
とどのつまりは、薄くてはかなくてバリバリっと砕けてしまうものなんですね。僕の場合。

余裕について。
今年のテーマは「余裕。」だったりするわけです。ええ、余裕の無い人生を歩んでますから。

早いもので。
今年の一月は例年に無く多忙を極めております。本当は家族と遊びたいんですけどねー。

もらい泣き・・・おもちゃの林檎を握って
2007年のきゅび節第一弾はこの記事でした。颯一郎、君には色々と教えられるよ。ありがとね。

2008/1=============================================

2008年 ご挨拶。
今年も宜しくお願い致します的、毎年恒例ご挨拶でございます。

フォンデュのことは俺に訊け!!

イェーイ!久しぶりの登場だぜ!今年一発目の料理はチーズフォンデュで決まりだぜ!

王子通信
すでに当ブログ内で人気を不動のものにした王子。
ファン待望の久しぶりの近況報告(極上写真付き!)です。ご堪能下さい!

2009/1=============================================

あわてて書く「あけましておめでとう」
一応、新年の挨拶記事なんですけど、めちゃくちゃハードに仕事してまっせ。

二度あること。
美しいバラには刺があるなんて言います。トゲなんてモンじゃないよ~(‡▼益▼)

続・紙飛行機の夢。
人は出会い、別れます。22年間ぶんの感謝を込めて。

2010/1=============================================

謹賀新年2010!
不惑突入!いやいや、惑いまくることを今年のテーマにあげちゃいますよ( ̄∇ ̄;) ハッハッハッ

空を飛びながら更新を試みる今日この頃。
いやぁ、新年早々キャビンアテンダントのおねーさまから愛の告白が!!

あぁ、九州での日々。
やっちゃいました。九州でどか雪。それも九州全土で大雪ですよ?ゴルフどころじゃないって!

2011/1=============================================

小さく「明けましておめでとう。」の日々。
仕事漬けの新年開幕。個人的には年明けなどまだまだなコンディションっつーハナシですよ(ノД`)ハァ

今更めでたい年明けというモノ。
そして、ようやく年が明けました。さぁ、厄年のはじまりですよーん!

■人はパンのみにて生きるにあらず。1~3
なんか、今気がついてみたらコレ、中途半端で終わってますね!
今となっては何を言いたかったんだかわかりません(ノД`)・゜・。シクシク
が、途中までは読み応え十分なのも確か!・・・という本末転倒記事です。
①http://noratari.exblog.jp/14740197/
②http://noratari.exblog.jp/14750902/
③http://noratari.exblog.jp/14782740/

2012/1=============================================

年始のご挨拶。
男たるもの飢えと渇きを忘れちゃいけません。そんな年始の決意を・・・。あれ?

遥々。
もう会えないあの人を思って書いたのか。すぐ近くにいる君を思って書いたのか。それ以外か。
解釈は読者の皆様にお任せいたします(*- -)(*_ _)ペコリ

もうすぐ7歳、王子通信。
いや、改めてみるとホントに王子はイケメンですなぁ。とか軽く親ばかなのですよ(-公- ;)

2013/1=============================================

2013年のはじめに。
巳年です。毎年、この年始の挨拶って内容をどうするか、結構悩むんですよ。

2014/1=============================================

午年です。昔から苦手な馬のイラスト、観念して貼り付けてみました。

年明け早々の一月三日に、丹沢の鍋割山に出かけてきました。
あいにくの曇り空+ハプニングが色々ありましたが、めっちゃ楽しかったです。
ふんだんな写真と共に久々の王子通信をお楽しみ下さい。

あまりに高まる颯一郎ニーズ。そのご期待にイヤイヤながらお応えしました。
昨秋の山の紅葉風景と共にこれまた豊富な写真をどうぞ。




[PR]
by hinemosunorari | 2010-10-18 17:28 | 1月のもくじ | Comments(0)

ご参照下さい。(12月のもくじ)

2004/12=============================================

芸術に関する私見
自己主張全開の私見シリーズです。芸術とは何かを徹底的に追及しました。最後に行き着いた先は・・・

「目こじき」と意地に関する私見
自己主張全開の私見シリーズです。あなたは「目こじき」って聞いたことがありますか?

純真な涙
心を鷲づかみにされました。まさか、小学生に泣かされるとは!!

ブログに関する私見
何故ブログにどっぷりと浸かってしまうのか?ブログ漬けの日々に関する私見です。

エースの条件
真のエースとは何か?きゅび自身が大好きなバスケットボールを通して考察しています。

朝の報道を見て思ったことに関する私見
自己主張全開の私見シリーズ、時事問題編です。「北朝鮮問題」を日本近代史を踏まえて、考察しました。

BLOGのタイトルに関する私見
皆さん一度は『?』と思われるこのブログのタイトルの秘密を明かしております。

多忙な日々のワンシーン
忘年会出席のために散歩を抜かれたジル。彼女のとった恐るべき報復措置とは?

新聞記事を見て驚いた
韓国発のニュース。偉大なおじいちゃんのスケールの大きさを分析して驚愕。(きゅび嫁コメント初登場)

ことの顛末報告書前回、会社からの更新を嫁にとがめられたきゅび。その原因を鋭く考察しています。

恋愛に関する私見 前編
「恋は遠い火の花火ではない」。私見シリーズ中、最も書きづらかった。前編はずばり遠距離恋愛です!!

恋愛に関する私見 中編
相手のことが分からない・・・そんな不安にきゅびが七転八倒しながらも、おせっかいを焼いてます。

恋愛に関する私見 後編
恋愛編の総決算。浮気に関してきゅびの体験に基づきながら、恋愛とは何かを深く考察しました。必見!

運命的な出会いに関する私見
きゅびとジルを結ぶ、運命の赤い糸。二人の間には予想だにしない歴史があるのです。

仮面の下
クリスマスを終えた街角。物言わぬウサギさんが教えてくれた、男の哀愁。

妙なこだわりに関する私見
自己主張全開の私見シリーズです。日本人の好物カレーを題材に、こだわりにこだわってみました。

意思の疎通に関する私見
コミュニケーションとは一体どうあるべきなのか? 川端文学を引き合いに出して、私的見解を熱く語ります。

大晦日。
きゅび家の大晦日。このブログのメインキャスト3名、嫁・ジル・きゅびが総出演しています。

2005/12============================================

相当どうでもいい。
いや、本当にどうでもいいことなんです。それでもあなたは読むのですか?

続・相当どうでもいい。
またまた、調子に乗って書いてます。続編故にどうども良さ満点ですが。

have a very merry Chiristmas!
クリスマスが来るたびに不愉快になるのは、もしかして妬いてるのでしょうか?

2006/12============================================

早乙女さんの憂鬱
きゅびvsジルの、フォーカスがずれまくったバトルのお話。

爪先の声。
肩を落としている年の離れた友人へ、激励のメッセージのつもりで書きました。

捕らぬ狸の皮算用。
宝くじ、当選の確率は雷に打たれるのと同じ程度だと言います。当たるといいね!

師走の休日。
慌しい日々の中、秋川渓谷にお出かけしてきました。写真つきでどうぞ!

もうすぐサンタがやってくる!
クリスマスシーズンは昔から嫌いだったんですけれど、最近はちょっと違うんです。

天下の回りもの。
嬉しい事があった時ってのは、何だかこう気分よく行きたくなるもんでございますな!!

誰かにみられている。
もうクリスマス秒読みの中、プレゼントに苦悩する三十路ブロガーの姿があるのでした。

Christmas time for you.
今年もクリスマスカード風記事を書く季節になりましたな。一年早し!

2007/12=============================================

MAMA ALWAYS TOLD ME(1)
 MAMA ALWAYS TOLD ME(2)
 MAMA ALWAYS TOLD ME(3)
上手くいえませんけれど、大切な存在なんです。母へささげる僕なりのブルースです。

見上げてごらん夜の星を。
本当に大切なことは何なのか?本当に必要なものは何なのか?問いかけてみましょう。

今と将来と。
いろいろな意味で分岐点に立っていると思うんです。見てください。その証拠に・・・。

2008/12=============================================

冬海。
長年続けてきた仕事の最後を前にしての決意でございます。

冬海の解。
長年続けてきた仕事の最後を前にしての決意でございます。

2009/12=============================================

残念ながら、この年は更新できませんでした。あしからず(。-人-。) ゴメーン

2010/12=============================================

生存報告
記事もさることながら、コメント欄で「横浜たそがれ」にまつわる秀逸なオヤジギャグが炸裂しました!

博多の夜は更けて
しばらく更新のない状態が続いていたので、なにかこう無理矢理更新している的な記事です。はい。

2011/12=============================================

残念ながら、この年は更新できませんでした。あしからず(。-人-。) ゴメーン

2012/12=============================================

残念ながら、この年は更新できませんでした。あしからず(。-人-。) ゴメーン

2013/12=============================================

ハッキリ言って大嘘の記事になっちゃいました。唯一の救いは自分で気がついたことですかねw

無理矢理なダジャレタイトルに端を発したアウトドア記事シリーズは、来年まで続いたりします。(゜-Å)

金時山から箱根外輪山をまわってきました。王子初のロングハイク。
下山の頃は体力使い果たしてフラフラでしたけど、絶景を大満喫。
写真で共に楽しみましょうぞ!

ハードボイルド対満員電車の対決・・・という記事じゃありませんけどね。でもラッシュはイヤだー!!

華道やってます。小原流です。僕がじゃなくて、王子が。ある日いきなり免状持って帰ってきましたよ。

いやはははは。王子がTVCMデビューしちゃいました。うむ、多くは語るまい!
(語るほど出番がないとも言う。)

あー、こんな記事書いたんだなぁ。タイトルのまんまです。
ちゅーか、なんで人は健康を損なったときの不便を、健康になると忘れちゃうんでしょうね?

お疲れ様でしたに関するスルドイ考察。お疲れ様で下の真相に迫ります。(←謎。)

怒濤の更新で、「24記事更新」の呪縛と戦っております。ファイトー!

ハードボイルドなタイトルの割には、年賀状デザインの苦悶を連ねた記事。
いや、悩んでる時間はないんだよぉぉぉぉ!

タイムアップです。年内24記事更新は達成出来ず。無念ー><;;;
とか言ってる間に年が明けちゃってますw ま、大目に見てよ!

2014/12=============================================

■束の間の休息~孤高の天才・加藤文太郎の愛した六甲の山々に抱かれ、命の洗濯をする。(1)~(4)
神戸でのオフ日一日を5回にわたって書き綴りました。んー、写真ブログみたいw
お暇なときにご同行くださいませ^^





[PR]
by hinemosunorari | 2010-10-17 05:44 | 12月のもくじ | Comments(0)

ご参照下さい。(11月のもくじ)

2004/11=================================================

駒沢パグ子ってぇのは、、、
きゅび家の重要キャラ、ジルの初登場です。ジルフェチの方は要チェックです!

アイドル犬の生態
ジルの日常を紹介しています。どう良心的に解釈してもバカ犬です。

風邪症候群のもたらす屈辱に関する私見
風邪をひいてしまって、元気なんだか、具合が悪いんだか^^;

喜怒哀楽に関しての私見
ここら辺から、ようやく私見シリーズの形が出来ました。書きたいことを書くという方向性が見えたのかな?

2005/11=================================================

継続的多忙生活
えっとー、あのー、いわゆるいいわけ的記事なのですね;; こころぐるしさのあまり、
次回予告とかやっちゃってます;;;

移動日なのです。
忙しい日々を送るなか、携帯から投稿してみました。安らぐ表題写真です。

GOOD BYE MAMA.
春先にきゅび家を騒動に巻き込んだあの仔猫が再びきゅびの前に姿を見せました。がんばれ!!

風邪に気をつけて!
風邪の治療に有効な料理の紹介です・・・・それ以上は言えません!

ALL YOU NEED IS LOVE
出ました!「愛」について語る気味悪いおっさんの登場です。

続・ALL YOU NEED IS LOVE
「愛」。しばらく考えていたのですが、今回、颯一郎に大いに教えられた気がします。

2006/11=================================================

メモ魔って、どうよ?
ええ。メモを取ることが大事かはよく分かってますよ。それを実践しきれるかどうかが大事です。

神様、僕眠いんです。
相当無理してます。今年一番の山場をどうにかしのぎながらの更新です。立派だなぁ。

僕は元気で話題は流転する。
とりあえず山場を乗り切ったご報告がてら、近況報告をしてみました。

瞬間
いつもの夫婦喧嘩の話だと思ったでしょ?悪いですけど、その期待を裏切らせていただきます。

ブルースを浴びながら眠りたい。
読むだに恐ろしい記事。思い出しただけで目が痛くなります。恐るべしアマチュア社交ダンス界!

2007/11=================================================

何があっても君への愛は変わらない。
幼稚園受験のお話。つらいけれども、子供から初めてもらったこの大きなプレゼントは、
絶対にむだになんかしませんよ!

11月半ば。
緊迫する国際事情の中、ついに僕が某国秘密結社のA氏に狙われた話。(((; ゚Д゚)))ガクガクブルブル

のほほん生活
嫁と子供とシッポ付美女1名をつれて、山梨県道志村っちゅうところでリフレッシュしてきましたよ!
写真付でお楽しみくださいませ!

2008/11=================================================

小笠原さん、もうお腹一杯です!
小笠原選手の活躍により、お腹がビールで一杯になったお話。なんだ、そりゃ?!

近況報告
ブログ活動が停滞している理由を、またしても綿々と綴ります。いや、仕事持ってますから!
関係ないけどへりくだるさんと荒巻逸造さんの写真付き!

2009/11=================================================

別れのメロディー
長年お世話になったcururuが閉鎖になるって言うから!!なのに!!なのに!!

2010/11=================================================

うつろいのはやさ。
便利になると、狭い日本がより狭く感じるものですね~;;

機内にて
香川と言ったらうどんです!最近多くなりつつある機内での更新記事です。うどん食べたいっ!

再び、機内にて。
香川と言ったらうどんです!帰りの便での更新記事です。うどん食べたかった!><;;;

2011/11=================================================

かみがたについて。
自分の髪の毛をどうしようと、それは僕自身の勝手だと思うんですよ。ええ。間違ってないと思うんです。

2012/11=================================================

星空にはいったい何が秘されているのでしょう?その真相を巡る旅、ご一緒にいかがですか?

2013/11=================================================

「アリとキリギリス」のどっちかっつーとキリギリス派閥に属する私ですが、
マジメにノルマについて考察してみました。ええ、たしかにノルマ。

2014/11=================================================

残念ながら、更新できませんでした。あしからず(。-人-。) ゴメーン

2015/11=================================================

残念ながら、更新できませんでした。あしからず(。-人-。) ゴメーン

2016/11=================================================

残念ながら、更新できませんでした。あしからず(。-人-。) ゴメーン


[PR]
by hinemosunorari | 2010-10-16 02:11 | 11月のもくじ | Comments(0)

ご参照下さい。(10月のもくじ)

2005/10============================================
秋の足音
「○○の秋」なんてよく言いますよね?皆様にとってはどんな秋なのでしょうか?

~してはいけない。
女性読者が多いこのブログで、こんな記事を書くのは油田の真ん中で火遊びするようなものではないでしょうか?

2006/10============================================

博打について。
博打について思うところを語ってみました。人生がギャンブルですから!

変な人について。
変な人について思うところを語ってみました。ええ、変な人が変な人を語るです。

ペラペラペラペラについて。
ペラペラペラペラという言語について、思うところを語ってみました。宇宙の言葉?理解不能です。

たまには仕事のことでも・・・。
珍しく仕事関係のことを書いてみました。他愛のないことですよ。ええ。

U・Kより愛をこめて・・・
日帰りでイギリスに仕事に行きました。駒沢のジェームスボンドの活躍を描いたお話。
 
告白。
名犬・早乙女ジルさん久しぶりの登場にして、大変な事態になってます。

帰京してみりゃ・・・
平素は20人前後の人しか来ない僕のブログに、1800人以上の来訪者が・・・
後で知ったら、ブログアクセスランキング2位でした。いったい何故?

2007/10============================================

これは何かの兆しだろうか?
おかしな夢を見たものです。ともかく、その後も無事に生きてはいるものの・・・。

あの時、夏空の星は何を語ったか?
胸の奥深くに抱える傷。誰にだってありますよね?たまには覗き込んでみようじゃありませんか。

ぶるまん
大好きな「ぶるまん」。このコーヒーが何故おいしいのかっていうとですね・・・。

2008/10============================================

■Love wins in the end./crying angel
ふたつの記事を一緒に紹介です。とは言え、中身は酒飲んだ言い訳です。
言ってみれば渾身の弁明記事( ノД`)シクシク…
前編
後編

TIME OF YOUR LIFE.
最近子供と僕がはまっている銭湯通い。露天風呂で見た月と子供のふやけた指のしわに
大きなインスピレーションを受けて書きました。

玄関から1時間のアメリカ
いやぁー、謎かけを出しておいて何なんですが、落ちのないハナシになりました。
でも、良いのですよ。落ちなくてもね。

2009/10============================================

雨、そして傘。
100円で折りたたみ傘が手に入る時代。雨の数だけ傘を買うっちゅーブルースです。

2010/10============================================

元気ですか!
今年の夏からの新しい相棒、ジェルソミーナさん登場です。

ラストラーダ
ある日の通勤ルートレポート。写真を多用しすぎたあまり、もろに長い記事なのだな(-公- ;)

あの白い雲に想う
仕事で訪れた長野県某所。そこで僕は大自然の中に真理を見たのです!ギョーザとコロッケのね。

夢見る対抗策。
常日頃から思い胸に抱き続けているあれやこれやを脈絡なく綴りました。

2011/10=============================================

残念ながら、この年は更新できませんでした。あしからず(。-人-。) ゴメーン
あ、ちなみに「鋼鉄の男 第3話」は9月のもくじに収められています。
そちらからたどって下さいませ。(*- -)(*_ _)ペコリ

2012/10=============================================

盗人のように忍び込め!
げに、お酒の力とは恐ろしいものですな。・・・といういたずら写真なんかがあったりします(-公- ;)

2013/10=============================================

馬鹿さ加減について。
可愛らしい王子の表題写真と内容は全然関係ありません。
また題名と記事が全くかみ合わない、インテリ系の記事になってしまいました;;

今度こそ、馬鹿さ加減について。
そして、ようやく本題です。
王子の日常にはあきれてものも言えない事が多々あるわけです。
もうね、ほんとうにビックリですよ(-公- ;)
[PR]
by hinemosunorari | 2010-10-15 05:22 | 10月のもくじ | Comments(0)

あの白い雲に想う。

もしも完璧な美しさというものがあるとしたら、
それはデザインでも色彩でも旋律でもハーモニーでも、何でもかまわないのだが、
一つの真理といえるのではないだろうか。

世間一般が3連休だった先週末、僕は仕事で長野に行った。
2年に一度くらいのペースで行く某ホールでの、仕込みもプログラムも終わり、
リハーサルが始まるまでの束の間、すがすがしい長野の初秋の空気を吸いに外へと出た。
会場に隣接する公園に入り、眺めの美しいベンチに深くもたれる。
アルプスが近くに迫り、空は絵の具で塗ったみたいに青くて、高かった。
遙か上空に、真っ白な雲がひとつ、ふたつ。
澄み切った空気に磨かれたみたいに、キラキラと輝いて見えた。
鳥の声、緩やかな陽ざし、透き通った風には秋の香りがのっていた。

すべてが調和した完璧な美を、僕は見た。真理を体感したと言うべきか。
言うまでもなく、「真理」とは普遍且つ完全である。
あらゆる事物の正答が、まるで唯一神のごとく、そこには内包されているのである。
完全なものの前では、あらゆる虚構は無力無意味なのだ。

そう思えばこそ、この目の前の真理は、多くの事を教えてくれる。
たとえばこの圧倒的なスケールは、人の脆さ、非力さを。
たとえばこのソプラノのような鳥の声は、人が栄華を追うことの虚しさを。
頬をなで通り過ぎる優しい風が、木々の葉を揺らし、
目で捕らえられぬものが、大きな影響力を持つことも、
唯一無二の一つの真理から学ぶ事が出来るのだ。

それでは、空の青の中に漂泊するあの雲は、
ひときわ美しく白く輝くあの雲は、一体何を告げようとしているのか。
僕は心を平静にして、注意深く見つめた。

突如、白い雲が僕には大根おろしに見えた。
さらに注視すると、隣の雲はギョーザ1人前に見えて、その隣はコロッケの塊に見えた。
井の頭線の渋谷駅にほど近い場所にある「大島餃子」と言う店の看板メニュー大島餃子が、
大根おろしをつけて食する餃子なのだが、なかなかウマイ事を思い出した。
よし、東京に戻ったら餃子とビール。決まりだ。

・・・・・・・・・・・・。
つまりだ。勘違いしないで頂きたいのだが、白い雲が教えてくれたものは何か?
決して、大根おろしで食べる大島餃子渋谷店の餃子が超うまいってことではないのだ。
まずは生きて、そして食べて、そして働くこと。
「自分のために食べて、人のために働きなさい。それが人生の喜びなのです。」
そう言っているのではあるまいか。

つまりは、
「あれこれ哲学的に考えて、あーだこーだ言っても、まぁ無意味。
 そーいうのはね、ほぼ時間の無駄だね。
 しっかり食べて、身入れて仕事に勤しめ。な。」
と、そう言っているのではあるまいか。
この記事を読み進めながら、いろいろなことに想いを馳せて下さったことと思うが、
あんまり意味ないみたいである。何とも言いづらい。

完全なる美、すなわち真理とは、げに多くの核心的なことを教えてくれるものである。
以上、あの白い雲に想ったことでございました。
[PR]
by hinemosunorari | 2010-10-13 09:54 | 日々のよしなしごと | Comments(16)

ラ・ストラーダ

昨日の記事で、ジェルソミーナさんの紹介をした。
大阪ケンさんへのお返事に書いたとおり、「ジェルソミーナ」という名は、フェデリコフェリーニ監督「道」という映画の主人公の名に由来する。好きでもう何度も観た名作だが、その想いは褪せるどころか、観るたびに深まる。告白するなら、作品にちりばめられたニーノ・ロータの切なく美しい音楽を聴くだけで、半ば自動的に涙と鼻水が同時に流出する域まで達しているほどである。

そんな告白はさておき、せっかく「道」という言葉が出たくらいだから、今日は自称・ハードボイルド体育会系ナイスミドル的チャリツーキニスト(←なげーよっ!)たる僕のある日の通勤ルート「道」を写真で紹介しても良かろう、というのが今日の記事のおもむきのうまみ、すなわち趣旨である(←この説明もなげーよっ!)。

そもそも僕は1のことを書くのに100の説明をする習性がある。ご存知だとは思うが、今回も相当長い記事になることを、はじめから覚悟しておいて頂きたい。(。-人-。)
では、1枚目。
b0182613_9204149.jpg

我が家の玄関にて。
説明する手間を省こうってんで、写真に文字を書きました。
ラ・ストラーダの旅を共にしているアイテム。
鞄の中には仕事用ノートPCおよび替えのシャツが入っています。
さーて、今日も元気に短パン+半袖ポロシャツという出で立ちでツーキンスタート!!
b0182613_10542787.jpg

ホームタウン、駒沢大学駅前交差点。
上を走るのは首都高速3号線。東名高速道路に接続してます。
下は国道246号線。皇居のお堀端から静岡県沼津市まで。写真を左に曲がってひたすら走ると沼津。右に走ると我がオフィスが所在する千代田区平河町。もちろん僕は右に!
そー思ったあなたはまだまだ甘い。ヒヨッコですね。僕が進んだルートといえば・・・
b0182613_11112684.jpg

正解はくるりとUターンして、閑静な住宅街を抜けるルートです。のどかでいいのだ。あぁ、和みます。そういえば、そもそも僕はそーゆーヤツでした。バスケでもディフェンスの裏のスペースをとるのがうまかったし、選んだ職業も裏方。まさに人生裏道街道まっしぐら!
b0182613_11171934.jpg

そして、王子とよく行くお気に入り銭湯「ノザワランド」を横目に見つつ駒沢通りへ。
駒沢通りをつらつらと上っていった写真は以下の通り。
五本木という、いかにも六本木の隣にありそうで、全然隣にない町(当然、五本木ヒルズなんてありません)から山手通りまで。ずっと緩やか~なダウンヒル。あーラクチンなのである。
あ、祐天寺ってのは江戸時代からの浄土宗の有名なお寺なんだってさ。
(我が社のベストジーニストならぬベスト寺院ニストI氏談。)
b0182613_11204484.jpg

b0182613_1131229.jpg

b0182613_11212474.jpg

b0182613_11214650.jpg

b0182613_11231617.jpg

記事冒頭で「長くなります。」と謝っておいて良かった。なにせ、携帯電話のカメラで撮った写真ばっかりだから、構造上かなりの確率でタテ構図が多いです。文字通り長くなってますよ(*- -)(*_ _)ペコリ

で、山手通り脇を流れる目黒川がこのルートの最下点。楽しく快適な下り坂人生とはここで決別。グッバイのほほんダウンヒル。ハローえんやこらヒルクライム。
手始めにルート最下点から代官山(山だよ、山!)まで一気にのぼります。

上ってしまえば恵比寿までは広くて気持ちのいい通りです。
洒落た雑貨屋さんだったり家具屋さんだったり自転車屋さんだったりブティックだったりが並び、美しい通りをきれいに演出してくれます。お気に入りの手拭いやさん「かまわぬ代官山店」もこの至近。ここらへん、坂を上りきった達成感と相まってヒジョーにすがすがしいポイントですね。そんなポイントで気になる一枚・・・。
b0182613_115015100.jpg

海の入り口とか書いてあっても海水浴は出来ません。居酒屋「えびす海岸」さんです。
で、代官山から恵比寿駅をぬけ明治通りに出ると、僕のお薦め店舗があります。ジャン!!
b0182613_122323.jpg

恵比寿ゴルフクラブ。まーぱっと見ただのゴルフショップ。その実もやっぱりゴルフショップなんですけど、大きな声じゃいえませんが、店内にカフェがありましてそこの居心地がとーってもよろしいのでございます。しかも、しかもですよ?カレーが劇的に美味しいのです。インドとかタイのカレーじゃなくて、ヨーロッパのカレーと申しますか、シチューのカレー味と申しますか、スパイシーじゃなくてクリーミーなんですけれども、デリシャスなんです。こんな説明で分かる人がいたら表彰したいですねwww

で、今日は寄り道しないで恵比寿ゴルフクラブの脇の坂道を、南青山に向けてまた上ります。
時間が時間なら、この近所は学生が多いはず。通りの横には広尾小学校・広尾高校・國學院大學なんてのがありますから。ただし、僕の場合ここを通る時刻はほぼ昼過ぎ。だーれもいやしません。
ま、ともかく南青山へのながーい坂道を上るとそこには・・・
b0182613_12144820.jpg

再び会いました。首都高速3号線。写真の進行方向が都心側。反対方向が渋谷側、すなわちホームタウン駒沢方向です。何のことはない、家からここまでその気になりゃあ一本道なわけ。
んで、進路。常識的に考えると、直進ですが僕が選ぶルートは・・・
b0182613_12145660.jpg

字が小さくてスミマセン。
一見広く見える通りは実は見かけだけで、通行可のなのは端っこの2m位の幅だけ。やっぱり裏道街道まっしぐらなわけです。はい。

で、その細い道を抜けると、ブルーノート東京至近の道路へ出ます。
この通り、正しい名前を何というか知らないんですけれど、まっすぐ行くと青山墓地や赤坂TBS前を抜けて、そのまま日枝神社の参道入り口まで行っています。僕の中ではずいぶん前から「ブルーノート東京前から青山墓地を突っ切って赤坂まで行くストリート。」略して「ブル墓地ストリート」と呼んでおります。きっと定着しないんだろうなぁ。そんなブル墓地ストリート風景を数枚。
b0182613_1304974.jpg

b0182613_131556.jpg

b0182613_1324071.jpg

で、閑静かついつもどこか涼しげな青山墓地を抜けて赤坂に突入します。
赤坂っていったら、日本の中心・永田町のお膝元なわけです。偉い先生方がお遊びになるのは、銀座じゃなくて、間違っても六本木・青山・渋谷なんかじゃなくて、ここ赤坂なわけです。いうなれば由緒正しき夜遊びの街の総本山。由緒なんてものは、とうの昔にどこかへ行っちまいましたが、お値段だけは現在でも一軍のなかでもトップクラスです。

話がそれました。赤坂。
今の赤坂はすごいですよー。昼頃に通ると、ピンク色とかのだらーっとしたスエット(あきらかに寝間着)を着た国籍不明オネーチャンが、明らかに今起きたばっかりという風情でサンダルをつっかけて、弁当なんかを買い出しに来てるんです。ま、あと数時間後にはバチッとめかし込んで見違えるような別人28号になってたりするんでしょうけど。で、そのだらしなさ満点のオネーチャンの横にはビシッとスーツ着てネクタイしめたバリバリの企業人が携帯電話で寸暇を惜しんで取引の話しをしてる。数時間後にはこっちの人の方がだらーっとだらしなくなっちゃうんだろな、とか思うんですけど。

こーゆー温度の違う人種が国籍とか由緒とか正義とか悪とかモラルとかボッタクリとか、いろんなファクターを超越して混在した世界。しかもそれが日本を象徴する天皇陛下のお家や国家最高府の議事堂のすぐ隣にあるってんだから、日本の未来は明るいですよね~(-公- ;)

話がそれました。赤坂。
やっぱり赤坂の町を嫌って、ここでも裏街道に突き進みます。多分、このルートで一番の難関でしょう。下の写真でもお分かりいただけると思いますが、あの軽自動車が動いた場合、道がふさがります。ちゅーか、あの自動車、この細い道をずっとバックで入って車庫入れしてんのか!(((; ゚Д゚)))ガクガクブルブル
b0182613_13281427.jpg

そして、以下赤坂裏道風景を・・・。
b0182613_13361182.jpg

↑需要と供給のバランスがもろに価格に反映されるパターン。
裏道のなかの裏道なので、相当需要がないのだろうね彡(-ω-;)彡ヒューヒュー
僕の知る限り首都圏自販業界最安値。

↓ルート中、一番気に入ってる看板。いやぁー真理を突いてますね!同感!!
b0182613_13385738.jpg

↓赤坂界隈で最後の裏道。ここを抜けると・・・
b0182613_1344244.jpg

やってきました溜池山王。
b0182613_1345497.jpg

松井秀喜のスポンサーをずっとやってるコマツだとか、あのNTT docomoだとかの本社界隈です。
そーいえば冬海さんが所属するレコード会社・旧東芝EMIなんてのもここにありました。
この写真を撮った僕の背中側は、首相官邸・公邸、衆議院議員会館、国会議事堂なんかがあります。言うなれば日本の一番高いところ。トップですね。それらに背を向けたのは、特に深い意味はありません。あ、そういえばこの溜池山王駅って台風が東京に来ると、ことごとく水没してますよね?・・・あ、これも深い意味はありません。

さてー、議員会館やら公邸のやっぱり裏の道を進みます。ゴールはもうすぐそこです。
大体、ゲームでも物語でもゴール近くに強大なボスが残っているのが常。いるんです。そんなヤツが。
それがこれ p(-公- ;)
b0182613_1403734.jpg

道幅の細さは先ほどの赤坂の方が細いです。が、大ボスの大ボスたるゆえんはそこじゃありません。
b0182613_141599.jpg

都立日比谷高校脇にある強烈な上り坂。
坂の途中にこの坂道の名前と由来が記されたポストがたっているのですが、そんなの読んでる余裕はありまっせ~ん(ノД`) ご存知の人がいたなら、この坂がどれほど急か上手に説明願いたい。あまりに急だからか、ほとんどの人がこの坂を嫌う故に、ここであんまり人をみかけません。しかも、頂上の先の景色が見えないって。どんだけ急なんだよっちゅーハナシである。

あ!待てよ?!上りきったところにあるのは、永田町。つまり、この坂道は日本のトップに登り詰めるための苦しさつらさを実際に体現しているのかも知れない!!
なんてすばらしいことを悟らせてくれるんだ!!ビバ・坂道!!

で、そんな軽い勘違いを胸に秘めて、「どりゃー!!!!」とか小声で叫びながら頂上を極めると、そこは夢にまで見たあの「平河町」。(←大げさ。)ようやくこの「ラ・ストラーダ」の終点なの・・・
b0182613_1414255.jpg

かと思いきや!なのである。
大きなピンチを乗り切ってほっと安堵しているところに、えてしてゾンビとかが襲ってきたりするのである。
コレ、ホラー映画の鉄則ね。そんなゾンビが下の写真。ホントに、やってくれちゃうよね~。と、この最後の一発の坂にはいつも嫌な気分にさせられますw
b0182613_142063.jpg

まぁ、何のかんのと言っても、今日も無事にたどり着きました。
予想通り、すんごい長い記事になっちゃいました。お詫びして反省しますが、きっとこの反省は次回以降に反映されることはありません!(なぜか断言。)

それにしても時間かかったなぁ~。通常だと、35分から45分くらいで到着するんですけれども、今日はあっちで写真撮り、こっちで写真撮り、「あ、いけね。ぶれた。」とか言っては撮り直したりとかして、約2時間かかりました。おかげさまで出社したのは午後2時前。
そんなので大丈夫なの?!と問われそうですが、良いのです。
常人が一日かけてやることを、ハードボイルド的タフガイは4時間に圧縮してやり遂げるのです。
え?何をしているのかって?そりゃー、あんた。お茶飲んだり、煎餅食べたり、お花に水あげたり、コーヒー淹れて飲んだり・・・寝ないで仕事するときもあるんだから、こう言うのもあってよいのだ!

それにしても、ジェルソミーナ。
こんだけ坂を上りまくってるのに、会社よりも自宅の標高の方が高いってどういうことよ?
b0182613_142226.jpg

[PR]
by hinemosunorari | 2010-10-07 11:43 | 日々のよしなしごと | Comments(16)

元気ですか!

元気とか、元気がないとかと言うハナシではない。
ブログスキンを秋っぽいものに変更したら、それに反して最新記事が
「夏休み思い出し日記・・・3」という、バリバリ夏真っ盛り記事だったので
コレはイカン!と思った次第の更新である。

ちょーっと前に「海だ山だ川だバーベキューだ!!」とかいっていたと思ったら、
あーっという間に季節は秋だったりして、気がつけば短パン+アロハシャツという
定番常夏ルックで地元駒沢を闊歩しているのは、自分だけという非常事態。
一歩間違えたら変質者じゃないか!!
まーったく季節ってヤツは、ほーんとに油断も隙もないと言うハナシである。

さて、そんな秋。皆様はどうお過ごしなのでしょうか。
凶悪な暑さを誇った8月9月に比べたら、気温はずっと落ち込みました。
体調を崩して寝込んだりとかしていませんか?

ハードボイルド的イケメン中年を自負する体育会系オヤジにとって、秋と言ったらやはりスポーツの秋!
ハンフリーボガードもジャックニコルソンも、スポーツのイメージは全然ないけど、
ソレはソレ、アレはアレ、ナニはナニなのだ。

ナニがナニかというとアレである。
今日の今日まで内緒にしていたのだが、実は最近チャリツーに大ハマリしているのである。
そう。平たくいえばこういう事。
「ワタクシ、自転車ツーキニストです。」
当然、皆様は何を言っているかお分かりだと思うが、万が一意味が分からない方がいるとナニなので、ここは説明しておかねばなるまい。「自転車ツーキニスト」とは、「自転車で通勤するストイック且つナルシスト且つ健康志向の強いマゾ」の事をさす言葉なのである。

王子・颯一郎の自転車修行に端を発して芽生えた自転車愛。
「颯一郎の自転車を買うついでに、自分のも買うかな?」と思ったのがなれそめだった。
某イタリアのロードバイク(ま、競輪選手が乗ってるような車種のことです)メーカーが作ったマウンテンバイク(山や密林でゴリラとか猿がよく乗ってるような車種のことです)。
イタリア車ならではの、まぁ~美しいフォルムに一目惚れして、即購入。届いたその日のうちに「ジェルソミーナ」と命名して、愛でまくった。

また、生来のアナログメカ好きな血が騒ぎ、組み上げから調整はすべて自分の手でやった。
こうする事によって、より愛情が深まると言う訳なのだが、その代償として一度も乗車しないうちからフロントギアがぶっ壊れた事は内緒にしておく。なぁに、24段変速が8段変速に目減りした、たったそれだけの事。この程度のピンチを満喫できないようじゃ、体育会系オヤジ失格なのである。

まぁ、そんなこんなで激暑だった8,9月は、自宅から会社までの往復約30km、高低差約23mをジェルソミーナと共にバンバン疾走していたわけであるが、「あんなに暑かったのに何故?!」と思われる方も多かろう。「あんなに暑かったのに自転車こいで通勤なんて、よほどのアホかマゾヒストに違いない。」と、きっと思っているに違いない。

いいたい事は山とあるが、今日はシンプルに答えよう。
何故自転車をこぐのかって?そりゃ、そこにペダルがあるからさ。
走り出しちゃえば、通勤ルートは無限大なのである。
地下鉄の暗黒の窓を眺めているのと、比べるまでもないハナシなのである。
そんなわけで、今日は締めにジェルソミーナのステキすぎる姿をお見せしてお別れだ。
アッディオ!
(なんか、すっごく無理矢理締めくくった感が・・・ドヨォォ─(lll-ω-)─ォォン)b0182613_4352639.jpg
[PR]
by hinemosunorari | 2010-10-06 01:10 | 日々のよしなしごと | Comments(26)