きゅびの、ひねもすのらりノウタリン。

noratari.exblog.jp

<   2005年 04月 ( 11 )   > この月の画像一覧

きゅび家における教育の現実

b0182613_20513231.gif

他人の家のガキのことなど、どうでも宜しいような気もするのですが、
そんなことを言い出したら、ブログ自体が成立しなくなるような気がしますので、
このまま続けさせていただきます。

先週くらいから、颯一郎がとてもよくしゃべるのであります。
しゃべると言ったってまだ「パパ」も、「ママ」も、「おはよう」も、「ただいま」も
「先に風呂に入るぞー」も、「やってらんねーよ。熱いの一本つけといてくれ。」も、
何もしゃべれない颯一郎なのです。

けれども、しゃべり方が先週までの「あー」 一辺倒から
「あー、ぷぷぷぷ♪」とか、「うー、ひひひひ」とか、「んんんん、だぁーっ」とか
誠に表情豊かにしゃべるのですね。
本人が言っている事は、さっぱり伝わりませんが、きっと何かを伝えようとしているはず。

そう、コミュニケーションの第一歩なのですね。
『師曰く 学びて時にこれを習う またよろこばしからずや』
なのです。求めている時に、しっかりとした知識を与えてやることが、
教え育てることの第一歩なのではないかと思うきゅびなのであります。

きゅび嫁は、四六時中颯一郎といっしょにいるので、そこら辺は敏感に気づいたらしく
ある日の昼下がりに、こんな会話を颯一郎としておりました。

「ご機嫌颯ちゃん、お母さんが『あいうえお』を教えてあげるね♪

 あいうえおの『あ』は、『赤ちゃん』の『あ』!
 これは、颯ちゃんのことなんだよ♪

 あいうえおの『い』は、『イチゴ』の『い』!
 甘くて大きないちごさん、紅く色づいたら食べごろなんだよ♪

 あいうえおの『う』は、『ウサギさん』の『う』!
 大きなお耳で、ピョンピョンはねる、可愛くて優しいウサギさんの『う』♪

 あいうえおの『え』は、、、『え』は、、、ええと、、、『エロオヤジ』の『え』!
 颯ちゃんのパパや、パパの友達のことだよ♪DVDはちゃんと隠そうね♪

 あいうえおの『お』は、、、『お』は、、、ええと、、、『オヤジギャグ』の『お』!
 こんなことを言っている様じゃ、社会的にろくな大人になっていないって言うことだから、
 颯ちゃんも気をつけようねー♪」

「ちょっと待て!
 もうDVDは全部広さんに返した。
 嫁よ、そりゃお前も知っているだろう。きゅびは潔白だ!
 それに、オヤジギャグを蔑視するとは何事だ!
 オヤジギャグに反社会的な要素など、断じて無いっ!
 むしろ上質なオヤジギャグにより、場の重たい雰囲気はさながら雪解けのように和み、
 初対面の人の警戒心もさながら春の訪れのようにほころぶのだ!

 いや、ちょっと待て!
 一体何のメリットがあって、年端もゆかぬ颯一郎に、かようなどうでも宜しい予備知識を授けるのだ!
 これを教育と呼んでいいのか?!
 いいかよく聞け!そもそも、教育と言うものはだなぁ・・・」
「じゃ、きゅび、あなたが教えてあげれば?」
「う、うむ。
 そ、そのくらい、やってやらぁ。
 あいうえおの『あ』は、、、『あ』は、、、ええと、、、『アホタレ』の『あ』!」
「・・・・・・・・・。」

「・・・・・・・・・。」

師曰く 学びて時にこれを習う またよろこばしからずや。
颯一郎の両親が、この言葉の持つ崇高な精神に辿り着ける日は、限りなく遠いようです。
颯一郎の未来に幸あれ。



」」」」」当時のコメント」」」」」

☆ふーが☆ 奥様の「あいう」素敵です~~♪あ、奥様、はじめまして・・・時々、コメント欄で、読ませていただいてます。よろしくお願いいたします。
それにしても、何を見つめているのでしょう。かわいいですね。しばらく、見とれていました。
2005/04/30 21:39

アルピニア あははははww 奥様に1票だな~~~♪ きゅびさん完敗ですねー!
颯一郎くんはすごく素敵な人に育ちそう~~(*^_^*)
今から予約・・・ (嘘) (* ̄m ̄)ぷぷっ
2005/04/30 21:49

はむねこさん ・・・(* ̄ 公 ̄)・・・
颯一郎サンは、今回の件で『きゅびサン家』の勢力図を学んだそうな(・公・)♪
2005/04/30 22:46

vmayo ( *´艸`)∴ブ・・・可愛い!!奥様の「あいう」までとっても可愛いです♪
「えお」がそう出ると思ってなかったので、奥様の感性にオドロキですw
2005/05/01 01:57

kissme0726 (*/∇\*) キャ~~~かわゆいぃ~~、いい奥さんもらって幸せものぉ~

ツンツン (。・・)σ   
2005/05/01 02:16

osakaken ユニークな奥様ですね・・お子様も元気に可愛く賢くお育ちで何よりです。それにしても我が子も同じように話していたなあ~と思い出しました。
2005/05/01 05:55

deedee0727 奥様かわいぃ~~~~~ニャハハ (*^▽^*)
こんなママになりたいにゃぁ~~~(*^^*) フフ
2005/05/01 09:17

きゅび
■ふーがさん
 何に見とれていたのでしょうね?
 とりあえず、見とれる人に見とれる人、と言う構図の出来上がりです^^
■アルピニアさん
 ( ゚∀゚)・∵. ブハッ!! 年上の女性には気をつけるように教育せねば・・・。
 あ、でもご飯が楽しみかも^^;
■はむねこさん
 さすがはむねこさん!
 キャリアが長いだけに、きゅび家の勢力図にも趣が深いですね^^v
■vmayoさん
 きゅびも、驚きました。途中まではにこやかに聞いていたのですが、ね^^;
■kissme0726さん
 良い奥さんは、良い奥さんなのですけれども・・・。極めて微妙ですな^^;
 ↑さりげない、夫婦喧嘩の火種的発言です。
■osakakenさん
 やはり、そうやって言葉を教えていくものなのですねぇ^^
 でも「え」「お」はなかったかとおもいます><;
■deedee0727さん
 いいえ、是非とも沢山の本をお読みになり、ボキャブラリーを増やして
 適切な教育を施せるママになってくださいませ^^!
 
2005/05/01 09:46

m⇔k 颯一郎くん男前やん!!(oノωノ)いや~ん(照
で、きゅびさんしっかりがんばってやぁ!
2005/05/01 12:23

きゅび ( ゚∀゚)・∵. ブハッ!!
何ゆえm⇔kさんが照れるのかが、激しく疑問だったりしますが^^;がんばりますとも^^!
2005/05/01 12:26

★アクアマリン これからが楽しみですね~^^
「パパ・・・ママ・・・」 って呼んでくれるのはいつだろ?^^
2005/05/03 07:32

きゅび いつ頃なのでしょうかね^^;楽しみ、楽しみ^^v
2005/05/06 01:08
[PR]
by hinemosunorari | 2005-04-30 20:25 | 日々のよしなしごと | Comments(0)

浪花節だよたこ焼きは

b0182613_19443425.gif


実は一昨日から大阪は八尾市に来ている、きゅびなのであります。
ゴールデンウィークに先駆けて、バカンスを優雅に過ごしているわけではございません。
あくまでもお仕事がメインなのです。
とはいえ、仕事ばかりってぇわけじゃないのです。
人は食わねばくたばります。
ツアーで全国津々浦々を渡り歩くきゅびですが、
各地の旨いもの食べ歩き・呑み歩きこそ、秘かな楽しみなのであります。

で、八尾市なのであります。
特産がピンと来ない場合、とりわけ大阪の場合は、
何故か串揚げ屋かたこ焼き屋に走る傾向が著しく顕著だったりします。

まぁ、東京モンのきゅびが言うのも何ですが、やはり大阪で食べるたこ焼きは旨い。
たかがたこ焼きのくせに、であります。
何故なのでしょう?

突拍子も無い話かもしれませんが、大阪には浪花節があります。
きゅびにとって、大阪のたこ焼きは、そう、浪花節の味なのですね。
ビールを飲みながら、カウンター越しに、店のおかあちゃんの話を聞く。
おとうちゃんとの出会いの話、初めて二人で構えたたこ焼き屋の看板の話、
鉄板一枚で三人の子供を育て上げた話、子供の結婚を祝って焼いたたこ焼きの話。

目の前のたこ焼きに、生きた浪花節が味付けされるのです。
たこ焼きの味の向こう側に、人生の物語を噛み締める。
これが旨くないはずはありません。


」」」」」当時のコメント」」」」」

アルピニア 写真もとっても美味しそうだけど、きゅびさんの記事読んだらますます美味しそうに感じちゃったよーー( ̄▽; ̄)ジュル・・ 最近たこ焼き食べてないし・・・Y(>_<、)Y
2005/04/24 19:31

★アクアマリン 何で大阪のたこ焼きがおいしいのか やっと分かった気がします^^
2005/04/25 00:32

戌年セブン 今日は僕もたこ焼きを食べました^^偶然ですね☆とはいっても、大阪本場のたこ焼きではなく、銀だこですw
2005/04/25 00:35

osakaken わかりますね・・私も近所のオバちゃんや若い奥さんの作っている「たこ焼き屋」さんのを買いますが・・生活が見えたりするのも味のうちですね。大阪・・の空の下にきゅびさんがいるんですね・・そうか~・・
2005/04/25 07:15

☆ふーが☆ 大阪、たこ焼きもお好み焼きもおいしいですよね♪ 
2005/04/25 19:00

はむねこさん 家でたこ焼きを作るせいか、お店でたこ焼き買うことが稀で^^;
でも、なかなか売っているたこ焼きのような物は作れないんですけどね・・・
2005/04/25 20:52

m⇔k 八尾~~~??近いかも・・・・・( ̄。 ̄ )ボソ
2005/04/25 22:05

mykok ただのたこ焼きじゃないんですね^^人生ですか・・奥が深い^^
2005/04/26 01:11

vmayo おいしそうなたこ焼き~♪♪♪最近食べてないので食べたくなっちゃった!!
八尾・・・親戚のおばさんが住んでますw
2005/04/26 23:57

如月煉 八尾ですか…えらく近所で御座いますわね。お仕事、お疲れ様で御座います。
最近そう言えばたこ焼き食べて居ない様な…
割と何処で食べても美味しいと思いますけれども、やはり家で焼くもの、其の家庭のたこ焼きがアタシは一番好きですわ…( ̄¬ ̄)じゅる。
2005/04/27 08:14

azteca23 まさに「浪花節だよ 人生は」ですね 
たこ焼きは「おやつ」のイメージですが 関西では「ごはん」のおかずでしょうか
2005/04/27 19:58

きゅび
■アルピニアさん
 その後、たこ焼きは食べましたでしょうか?
 東京に住んでいるとなかなか食べる機会に恵まれませんが、
 やはり美味しいですよね!^^
■アクアマリンさん
 かなり強引な意見なのですが、伝わりましたでしょうか^^;;
■戌年セブンさん
 銀だこですか!
 以前はよくきゅびも酔っ払った勢いで たくさん買ったりしていましたよ!
■osakakenさん
 やはり、たこ焼きは人と人とをつなぐ食べ物のような気がしてなりません。
 たまに、自動販売機のたこ焼きって言うのを見かけますが、
 味も素っ気もありゃあしません。やっぱり人の顔が見えないと^^!
■ふーがさん
 お好み焼きも確かに美味しいです!!ああ、どんどん食べたくなってきました><
■はむねこさん
 滋賀県、やはりたこ焼きは自宅で作るエリアなのですね。
 きゅびも以前は自宅でたこ焼きを作りましたが、
 はむねこさんと同様、上手くはいきませんでしたよ><;
■m⇔kさん
 ! そうだったのですか!!
 なんだぁ~、ジルの首輪を注文しておけば良かった!
■mykokさん
 奥が深いと言うか、底が深い「おばか」のような気もしたりする今日この頃です。
■vmayoさん
 あらま。こちらにも八尾にゆかりのある方が!結構いらっしゃるのですねぇ。
 ちなみに、八尾市では朝一番から駄洒落を言い合う習慣があるようです。
 「おは八尾~」ってね。・・・・・・・お後が宜しいようで。
■如月煉さん
 煉さんも、八尾市の近所なのですか?
 次回から八尾市に伺う時は、東京土産の一つでも持っていくべきでしょうか?^^
■azteca2さん
 あはは^^たしかに!
 「たこ焼きだよ浪花節は」とも「人生だよたこ焼きは」とも取れますね^^v
 
 
2005/04/29 00:33
[PR]
by hinemosunorari | 2005-04-24 18:24 | 日々のよしなしごと | Comments(4)

法律とは?と言うことに関する私見

b0182613_19325339.gif

ええと、記事をうっかり非公開にしていて、お蔵入りするところだったものをアップします。
日曜日、きゅび一家はきゅびの実家に日帰りで帰省しました。
きゅびの住む駒沢からきゅびの実家は車で約20分。
帰省とは、大げさですね。

話はとても飛躍しますが、きゅびは最近「法律って何であるのだろう?」
なんて、真剣に考えたりすることがあります。一応忙しく毎日を送っているつもりなのですが、
やはり、暇なのでしょうかね?
その帰省の最中でも、とてもそれは気になりました。
何かって言うと、駅前の放置自転車および違法駐車車両です。

歩道の半分以上を占める放置自転車の列。
これまでは全然気にしたことはなかったのですが、子供を抱いて歩道を歩いたり
ベビーカーを押して歩道を歩いたりした場合、とても危ないことに気づきました。
歩道が自転車や路上駐車の車に占められていて、
安全に歩行するだけのスペースが確保できないのです。

抱いている子供の頭すれすれを、猛スピードで自転車がすり抜けていったり
ぱたぱたと散歩中のジルに気が付かないまま路上駐車目的で車が歩道に乗り上げてくることなど
かなり日常的で、大きな事故にあっていないことが奇跡的だと感じたりします。

本来は弱者を守るため、「法律」があるはずなのですが、
強制力を持っている警察は、取り締まりきれない違反は看過している有様。
(そのくせ誰の迷惑にもならないところだったにも関わらず業務で20分間車を離れたきゅびは
 去年の年末の忙しいさなかに、駐車違反を切られた。未だに激しく悔しい。)
全く役に立っていない「法」とは、いったい何なのでしょう?
警察権力は公正でなくてはならないのではないか?

ああ、元々国家権力が大嫌いな性格なのに、警察の細かい愚痴をぶつぶつ言い始めたら
はっきりいって、きりがないのであります。精神衛生上も非常によろしくない。
そう思いながら、バスに乗ろうとふとバス停を見ると、バス停の真ん前に違法駐車車両。
うーん。やれやれです。一つ気になると全体的にとても違法がはびこっているようで
とても気になりだしたきゅびなのであります。

まわりを見渡せば、あれも違法、これも違法。そんな感じのものばかりです。
「うーん、うーん」とうなりながら、やってきたバスに乗り
ふと隣で嫁の膝の上に乗っかっている颯一郎をみてまた、
「そういえば、乗用車はチャイルドシートが完全義務制なのに、
 バスはどうしてチャイルドシートが義務づけられてないの?」
と、うなってしまうきゅびなのであります。

b0182613_19363524.jpg


そしたら、きゅびの鞄の中に隠れていたジルが
「そんなこと気にしてたって、しょうがないじゃん。
 大体、あんた、チャイルドシートどころか、誰もシートベルトしてないわよ。」
なんて教えてくれちゃって、余計に頭を抱えてしまうきゅびなのであります。


なんだか、うまく説明できませんが、明文化された立派な法律なのですが
どうも全体的にアンバランスで、かゆいところにちっとも手が届かない・・・
そんな印象を最近すごく感じます。

ゆえに、ちょっと暇になると「法律って何であるのだろう?」と思ってしまうわけです。
きゅびが勝手に想像するに、現在の立派な法律よりも
約300年前の名奉行・大岡越前のお白州の裁きの方がよっぽど義理・人情の観点に立ち、
感覚としてとても分かりやすく、納得できるものだったのではないかと思うわけです。

もっと言うならば、アフガニスタンの「タリバン」。
彼らはとかく狂信的なテロリスト集団という扱いをされていますが、
きっとあの集団の前身は、非常に義理がたく人情にあつい、とても高い道徳性を持った
自警集団だったのではないかと思うのであります。
度重なる内戦で、汚職にまみれ地に失墜した国家警察に代わる、自警集団として
民衆の中からの強いニーズに応えて組成された集団だったのではないかと思うのであります。

あらら?なんだか、危険思想に走っているような感じです。
誤解の無きように。
きゅびは純真な健康バカであり、この場で政治的なことを云々言おうなどとは
みじんも思っていません。
ただね、最近生活していて、おもうのですよ。
我々の生活を守るべき法律が、あまりにも我々の日常から遠ざかったものだなぁ、と。

皆様は、そんな風に感じたりすること、ありませんか?



」」」」」当時のコメント」」」」」

紅の流離人 (ノ*´∀`)ノ☆ヲォォォォゥ...  赤ちゃん しっかりした顔になってきたね^^
生まれ1年は 一日も同じ顔でいないから 見逃すなよ~~~~!!
2005/04/21 01:06

アルピニア お子さんもジルちゃんもメチャクチャ可愛いですねーーー(*^_^*)
法律は、自分が身近に関係することがない限りあまり深く考えていないかもしれないですね。。 でも確かに理不尽なこと、多すぎです!
2005/04/21 08:12

osakaken 可愛く育ちましたね・・何時も思うのですが・・公的マナーの悪さが日本人には目に付きますね。法律の前に互いの思いやりで何とかなることが多いと思うのですが・・。
2005/04/21 08:45

きゅび
■紅の流離人さん
 でしょ、でしょ?毎日見ていても飽きないですよぉ^^
■アルピニアさん
 そうなんですよぉ。生活に密着していない法律。
 ますます疎遠になり、感覚的にもずれていく一方だと思います。
 ところで昨日、遅まきながらトモロクさせていただきました^^v
■osakakenさん
 !!
 法律の前に互いの思いやりで何とかなる・・・そのとおりです!!
 それを言いたかった^^ありがとうございます^^
2005/04/21 12:59

スシファイ 法律は政治家と官僚の利益のためにあるのだ!って全部じゃあないけど多いと思うぜ。授乳服使ってる会?>嫁さん。バスや電車の中での授乳に最適です。 ()
2005/04/21 19:01

azteca23 ジルでしたか てっきりETだと思いました^^;
警察の取り締まりって納得行きませんよね 
古い法律を現代に合わせて再構築する方が郵政民営化より重要だと思います
2005/04/21 19:04

はむねこさん 考えながら記事を読んでいたところ・・・
二個目の写真でコーヒーを吐き出しました・・・
法律がどうこうより・・・それを実行する人力&お金ってのが無いのかもしれませんねぇ・・・警察官も減ってきてるそうですし^^;
2005/04/22 00:12

vmayo ぶほっ!!!!せっかくの文章が・・感想が・・・。
じるちゃんの写真でぶっ飛びましたwwwwこの顔かなりうけますwww
2005/04/22 00:24

きゅび
■スシファイさん
 なんだか、やる気をそがれると言うか、何というかだよねぇ。
 以前海老沢元会長の記事を書いたのだけど、その時と同じような気持ちだよ。
 授乳服レポは嫁からまたコメントさせるよ^^
■azteca2さん
 まったくです。優先すべきことが沢山あるように思います。
 それよりも、ETと言う引き出しを出すあたり、センスを感じます^^
■はむねこさん
 パソコンにコーヒーがかからなかったことをお祈り申し上げます。
 ちなみに、先週アステカにいさんに紹介されて遊びに行ったアルピニアさんの
 ブログの某記事で、きゅびはビールを噴きました。
■vmayoさん
 あはは^^何だか意外と好評のようですね^^これ。
 嬉しい誤算です^^vまた、変な顔が撮れたら、のっけようっと^^v
2005/04/22 11:03

★アクアマリン ほんと 二人(?)とも めっちゃ可愛いですね~^^
2005/04/22 22:38

アストラッド 歩きタバコ・・・本当に怖いです;; 何気におろした手に持ったタバコが
ちょうど子供の顔のあたりに来るんですよね~ 思わず怒鳴りつけたくなります
2005/04/23 02:18

きゅび
■アクアマリンさん
 あはは^^ありがとうございます。
 久しぶりにこの写真見たら、異様に癒されました^^
■アストラッドさん
 そう!その通りです!
 これから颯一郎を連れてのお散歩が増えることは間違えないので、
 とっても心配ですよ!
2005/04/29 01:37
[PR]
by hinemosunorari | 2005-04-19 23:41 | 日々のよしなしごと | Comments(0)

アドリブだよ人生は

b0182613_9382997.gif

きました。
ここ一年くらいのうちで、きゅびが一番惚れ込んだ言葉。
それが今回のタイトルである、「アドリブだよ人生は」です。
何だか微妙に「浪花節だよ人生は」をほうふつさせますが、そこら辺は目をつぶりましょう。

先日、東京は原宿の隣町「表参道」なるところの、とあるおしゃれなイタメシ屋さんにて、
きゅびの部下の博美と言う女の子の結婚披露パーティーがありました。
彼女はいわゆる「出来ちゃった婚」で、その日の披露パーティーも2日前に急遽決行が決まった
と言うバタバタぶりでした。
***************************
パーティーどころか、仕事の方のバタバタ振りは熾烈を極めました。
現在きゅびが抱えているツアーは年間200公演を目標に稼働しているツアーです。
大体、一日二回公演ですから、本番日だけで約100日。
前後の移動日などを考えると月の1/3は東京を離れている忙しさなのです。

そのツアー。
照明セクションだけを取り上げると、ツアーに帯同する照明オペレーターは3人です。
チーフのきゅび。サブの女の子。そして、ムービングライト担当の博美。
この三人が核となって、ツアーで訪れた先の現地の照明業者さんとの共同作業により、
コンサートの舞台を作るわけです。

皆さんの町で行われる興行の多くは、大体一緒だと思われます。
すなわち、最初に「今年のツアーはこういうセットで、こういう構成で行こう!」というのが、
ツアー初日に決まると、後はそのパッケージで全国津々浦々で公演をするのです。
ただ、持って回るセットや機材は変わらないのですが、ミュージシャンの気分やお客さんのフィーリングは
毎回違いますし、そもそも会場自体が行く先々で規模も作りも全く違うのです。

その場で出来る最高のものを時間内に作るのが、僕たちの職務ですから
各会場、各本番でのアレンジなどは多様を極め、いいものを追求する姿勢と共に、
ある種柔軟性のある思考も必要とされています。

書けば書くほど、嫌味ったらしくなりますので、省きます。
要するに、現場は大変ということなのです。
その大変な現場を任されている博美のお腹の中に、新しい生命が宿っていることが分かったのは
今年の2月のことでした。

しびれました。
おめでたいお話なので、文句は言いたくない。
が、ツアーの現場は妊婦さんが安心して働けるほど、安全でも楽でもありません。
でも、仕事のスケジュールは半年先まで決まっているのがこの世界の常。

きゅびの上司は後任の担当者とのスケジュール調整などに、えらく苦心しました。
きゅび自身も、新任者への引継ぎの業務で、てんてこ舞いになりました。
100人いる中から一人が欠けて、99人でカバーするのとは訳が違います。
3人の中の一人が欠けて、二人でカバーしなければならないのです。
その大変さたるや、想像を絶するものがありました。

が、皆頑張りました。
この世界は結果が全てですから、本番のクオリティーはどんなことがあっても落とせなかったのです。
突然後任に決まった人も、物凄く頑張ってくれて、
ありがたいことに、本番はいつもと比べても全然遜色のないものが出来たのです。
***************************************
さて、話は戻って披露パーティーの席上。うちの会社の社長からの祝辞です。
通常だったら、ツアーの現場にも迷惑をかけているわけですから、
社長に対して事前に挨拶の一つもしていて然るべきところなのですが、何もなかったようなのです。
(社会人として、父親になる男として、そんなことでいいのかよ?)
二人を祝福するスピーチをしようにも、旦那さんとは初対面で、手元に何のデーターもない。
そんな状況で社長は口を開きました。

「今時の結婚式で、ここまで二人のデーターが手元にないってのは、めずらしいものです。」

義理を欠いた新郎新婦に、いきなり説教でもはじめるのかと思って、内心焦りました。
そんな、僕だけでなく周囲の人の不安をよそに、社長は続けました。

「さて、うちの会社はご存知の方もいるかもしれませんが、昔は原宿にありました。
 丁度この近所です。
 今日は昔の懐かしい色々な事柄を思い出しながら、原宿の街並を歩いてこの会場に来ました。

 昔、僕らが会社を立ち上げた頃は、好きなジャズの仕事ばっかりやっていました。
 ジャズは言ってみれば即興的な演奏が面白いのであって、
 その日その日のプレーヤーの気分で、テンポもサイズも曲目さえもどんどん変わっていくのですね。
 で、僕たちも一生懸命そういうミュージシャンのセンスについていかなくてはならなかったのです。

 当然、楽曲に対する照明のデーターなんかは、全然役に立たないのです。
 ミュージシャンのアクションにどう対応するか。
 観客をいかに上手くプレーヤーの世界に引き込むか。
 即興的なアドリブが、緊張感を高めつつもいいものを作り上げていくわけです。
 そうした仕事を幾つもこなしているうちに、次第に業界内の評判も上がり、
 大手の音楽プロダクションの仕事を任されるようになって、それがいたって現在の会社なのです。

 さて、お二人。
 若くて経験の浅いあなた方は、これからきっと想像もしていなかったような事に、
 幾度となく遭遇することでしょう。
 楽しいことも、苦しいことも含めてね。

 でも、大事なのは決まりごとのデーターだけじゃない。
 難局を乗り切る、アドリブなんですよ。
 どうぞ頑張って、アドリブを駆使して、この時代を生き抜いて
 しっかり幸せな家庭を築いてください。
 もし、対応が困難な場合になったら、今日ここに集ってくれた仲間たちを
 大いに頼っていいのですよ。

 まぁ、あまり年寄りが長くしゃべっても、せっかくのシャンパンがぬるくなってしまうだけですから
 これくらいにしておきます。
 じゃあ、みなさん。お二人の門出を祝って、乾杯!」

まさに、出来ちゃった婚でアドリブだらけの二人にぴったりな祝辞。
データーも何もない二人の門出をアドリブで祝った社長のセンスは、お見事でした。
勝手に題して、「アドリブだよ人生は」。

親父、小粋な良いスピーチだったよ。



」」」」」当時のコメント」」」」」

本当だね~
義父でありながら・・・惚れてしまいそうでした。。。
きゅび様、社長のような粋な人間に成長してくださることを祈っております。 ()
2005/04/19 07:05

☆ふーが☆ アドリブ・・素敵ですね。最近は、マニュアルが無いと動けない・・というのも、良くききますし。。お父様のスピーチは素敵だと思いました。私は、演奏する側として、アドリブを弾くのが好きです。その日の気分の赴くままに。。。
2005/04/19 09:27

vmayo いいスピーチですね^^まさか社長さんがきゅびさんのお父様とは!センスが受け継がれているのがとってもよくわかります♪素敵なお父様がいてとってもうらやましい・・^^
2005/04/19 20:09

osakaken ステキなお父様ですね・・決まっているようで決まってないのが・・人生の楽しいところなのでしょうね・・。
2005/04/19 21:54

アストラッド 素敵な言葉に感動しました!わたしもできちゃった婚。職場に迷惑かけました・・・
人生アドリブだらけです(´-ω-`)
2005/04/19 23:28

きゅび
■嫁さん
 父は父、きゅびはきゅびなのです。そこら辺の注意が必要です。
 いや、そんなことより一緒にいるのですからここに書かずに直接言って下さい。
■ふーがさん
 マニュアル君、見かけますね^^;それにしても、その日の気分の赴くままに
 演奏できると言うのは、きっとすごく楽しいことなのでしょうね。いいなぁ。
■vmayoさん
 他人の庭の芝は青く見えるものです。
 素敵かどうかは、極めて微妙なところだったりします。
■osakakenさん
 おかえりなさい!ヨーロッパの旅、どうでしたか^^
■アストラッドさん
 アドリブだらけの人生、いいじゃないですか!^^
 全ての出来ちゃった婚の人に捧げる「アドリブだよ、人生は」です。きっと。^^
2005/04/20 00:36

アルピニア とっても素敵なスピーチだね!!! 自分の結婚式を思い出しちゃったーww
「アドリブだよ、人生は」。。いい言葉だ!! 私もいつも「何とかなるさ~」で人生送ってます~~~ Ψ('-'*)フフ
2005/04/20 08:39

きゅび 本当にいいことばですよね^^!
センスあるアドリブの大切さ、日々噛み締めながら行こうと思います。
2005/04/21 16:30

azteca23 人生って選択の連続で成り立っていると思うのですが
つじつまを合わせるのにアドリブは欠かせません
きゅびさん そして颯一郎くんにもアドリブセンスが受け継がれているのでしょうね
2005/4/21 19:14

はむねこさん ・・・(* ̄ 公 ̄)・・・ありゃ・・・親父さんの会社で働いておられたのですね・・・以前聞いたような・・・忘れただけの様な・・・
私はアドリブ苦手ですなぁ・・・やはり経験ですかねぇ^^
2005/04/22 00:16

きゅび
■azteca2さん
 要は、チョコッと行き当たりばったりに慣れているだけのような気がします><;
 選択の連続で成り立っていると言うくだりには、個人的にとても共感しました^^
■はむねこさん
 経験なのでしょうかね^^;
 ただし、アドリブは苦手でも決められたことをきちっとやり通すと言うのも
 一つの技能だと思うきゅびだったりします^^
 僕にはこちらのセンスがかけているようです><;
2005/04/22 11:08
[PR]
by hinemosunorari | 2005-04-18 23:48 | 日々のよしなしごと | Comments(0)

好き嫌いに関する私見

「物凄く健全な精神は、物凄く健全な肉体に宿る」
世の中にあることわざを、勝手に拡大解釈して鵜呑みにする傾向が強い、きゅびでなのであります。
その拡大解釈にのっとって、今日は仕事帰りに4時間ほどみっちりトレーニングに励んだりしました。
正直ヘトヘトでございます。

が、しかし、どうしても思うところがあって、更新するきゅびを許してください。
今日、何気なく昼間NHKを見ていたのですね。コーヒーをすすりながら、本当にぼさっと。
そしたら、育児番組をやっていて、そこで神奈川県厚木市にある○○幼稚園を紹介していたのです。
何故その○○幼稚園が紹介に預かったかと言うと、
非常にユニークな「しつけカリキュラム」を実践しているからなのです。

それがどんなものかと言いますと、「食べ物の好き嫌いを気にしない」しつけなのです。
曰く、
「かつて、食糧事情が悪かった頃は、何でも食べなければならなかったが
 今では必要な栄養素は他の品目・手段でも摂取できるから、
 無理してキライなものを食べさせてはいけない。」
のだそうだ。
「食事の時間が苦痛な時間にならないようにすることが大事」
なのだそうだ。

きゅびは、自慢じゃぁないが、食べ物の好き嫌いはありません。
いや、昔はありましたよ。
けれども、厳しくしつけられたおかげで克服することが出来たのです。
当然そのときは、母親を「鬼」とか「悪魔」とか「バーロー」とか「歩くビア樽」とか
散々罵倒しましたが、思えば好き嫌いがないということがもたらす福音は絶大なものがあり、
今になって痛く痛く感謝する次第なのであります。

さて、本題に戻ります。
その○○幼稚園の教育方針は、異様に厳しく育ったきゅびには
「何も好き好んで嫌なものを食べる必要などチャンチャラなくて、
 好きなときに好きなように好きなものを食べればいいのです。」
と聞こえてしまうのです。
勝手に拡大解釈して鵜呑みにする傾向が強いのは、前述したとおりのきゅびなのであります。

しかし、これだけは声を大にして言いたい。
嫌いなものを涙を浮かばせながらでも、食べることには確かに大きな意義があるのです。
好き嫌いをなくすことだけではなくて、です。
世の中が、好きなものだけを選んで生きていけるほど、甘ったるいものじゃない事は
このブログに足を運んでくださる皆様ならば、周知の事実だと思います。
むしろ、大人になるにつれて『やりたくもない事を歯を食いしばってでもやらなきゃならない』という方が
多くなってくるはずです。

「しつけ」をする時期というのは、大人になるために必要な事を段階を踏んで
身に付けて行く時期なのではないかと思うきゅびなのであります。
きゅび自身は、嫌いのものをヒーヒー言いながらでも口にすることで、
食べ物の選り好みがなくなったのは勿論のこと、
食事を調えて下さった人への感謝の気持ちを覚えましたし、
ひいては後々きゅびの体育会的生活を支えることになる
「辛抱して続ければ、必ず結実する」ということをも覚えるに至ったわけなのです。

食事の場は、われわれに備わっている「味覚」というすばらしい感覚を存分に発揮する場でもありますし、
家族だったり友人だったりとの掛け替えのないコミュニケーションの場だったりするはずです。
そのときに苦手で食べられない食材がテーブルに並んでいたとしたら、
それは本人にも、又楽しみに食事の場を設けてくれた人にも、お互いにとってつらい事です。

○○幼稚園の教育方針に文句を付けるわけではございません。
(結果的にはなんくせを付けているように感じますが。)
ただ、きゅびは颯一郎がたとえピーマンが嫌いと言おうが、にんじんが嫌いと言おうが、
かつてきゅびがそうされたように、徹底的に好き嫌い排除の方向でしつけたいと思います。

だって、モテル男(颯一郎)が女の子とディナーの席で、オカマみたいに
「ああっ、これ俺食べられないんだよね。あ、あとこいつも・・・」
なんて、皿の上でチマチマ取り分けてたら、格好悪いじゃん♪



」」」」」当時のコメント」」」」」

如月煉 ゆとり持つも大事、柔軟性も大事、そして厳しさも必要、で御座いますわね。
只今の日本は「言葉」に捕らわれすぎている気が致します。
個々の方針の方向如何もそうですが…「厳しく」と言えばそれに。「ゆとり」と言えば其れに。一辺倒で在るが故、歪みも生じるのでしょうに。
そして男も女も、見栄を張る事や格好付ける事も重要ですわね♪
2005/04/17 16:14

vmayo 好き嫌いOK!・・なんて甘ったれた・・私もそう思いました。
きゅびさんの言うとおり、好きな物は食べて嫌いな物は食べなくていいというのはただの甘やかしにしか私にも聞こえません。実際にそのニュースを見たわけでもないので、その幼稚園がどういう理由でこういった方針にしているのか知らないけれど、自分が親ならこんな方針の幼稚園には子供を預けたくないなぁと思いました。。。
2005/04/17 16:55

きゅび
■如月煉さん
 格好をつけること、大事なのです。ですから、ぜひ肋骨をお大事に!
■vmayoさん
 同感です。その番組に、育児のプロ(?)というような方がコメンテーターとして
 コメントしていたのですが、その女性がまた同じようなことを言うわけです。
 最近の栄養学上の観点から言ったら、確かにそうなのかもしれませんが、
 前々回の花見の若者たちのことを考えると、案外こういうところからも
 モラルにかける人達の背景が見えてきそうな気がしたりするきゅびなのです。
 
2005/04/17 19:36

スシファイ 乳幼児期の食欲に対するアプローチと、今時の若者の幼児性の関連は良いところに目をつけていると思うが、旧備讃の言ってることは<strong>正反対</strong>だぞ。
乳幼児期にきっちりと食欲を満たしてやらないから、いつまでもダラダラと幼児性を引きずる阿呆な大人になるのだ。子どもは大人に比べて体の欲求に正直であり、また子どもと大人の体の欲求は全く異なるので、親は子どもが満足するようひたすら奴隷のように動かねばならん。これらの意見は整体創始者野口晴哉のものだから、著書など読んでみなせい。
甘えたい時期に十分に甘えられない子どもは、いつまでも「パパママぼくをみてーー」という行為(暴走族も同じだ)を繰り返すのだよ。
()
2005/04/17 19:59

スシファイ うちの妻の送った授乳インナー届いた?あとタグ使えないのね。
()
2005/04/17 19:59

アルピニア 子供の頃に泣きながら給食のおかずを食べたことを思い出しちゃった。。。
大人になったら自然と味覚は変わってきて、嫌いなものも食べられるようになったけど、その幼稚園の教育方針は ???? って感じですねー。 食事の時間を楽しくっていうのはわかる気もするけど。。。
2005/04/17 20:36

はむねこさん 嫌いなものを食べさせる事でのストレスを失くす為なんでしょうか・・・
ストレスを失くす為ってより、単に甘えさせてるだけのような気がしますねぇ^^;
2005/04/17 21:03

きゅび
■スシファイさん
 いやいや、甘えさせるべきところは甘えさせますとも。他に甘える相手がいないのですからね。ただ、きゅびの場合は自分がそうやって育って現在があるものだから、それに基づいて踏襲しようかと。
知識として、理論は知っているのだけれど、やはりどうも合点がいかない。
それよりもどちらかといえば王貞治は幼少の頃、好き嫌いを矯正させられるために、嫌いなものを食べつくさないと次の食材が出てこないという食事ルールの下で育った、という方に共感を覚えてしまうよ。
やはり貞治氏の母は何でも食べれるようでなければ強い体が作れないことと、嫌な事でも受け入れられる忍耐力を、幼少の頃の貞治に刻み込んだとされているよ。
まぁ、育児方法にもいろいろあるものだね。
■アルピニアさん
 味覚、確かに変わりますよね。
 小さい頃口に含んだビールのまずさに、涙が浮かんだはずなのに・・・
 ああ、これ以上はいえません><
■はむねこさん
 難しいところなのですよね^^;
 スシファイさんのコメントにもあるように、現在の幼児期の食事に対する捉え方は
 むしろ幼児の欲求をしっかりと満たしてやることに集約されています。
 がしかし、きゅびにはそれだけで幼児性を引きずる阿呆な大人が
 世の中からいなくなるかっていうと、そうとも思えないし。
 まぁ、はむねこさんもいずれ突き当たる問題なのかもしれませんね^^;
 
2005/04/17 22:01

☆ふーが☆ きゅびさんのご意見に賛成です。アフリカでは、食べられなくて飢えて亡くなっててる子供たちもいるというのに。。
2005/04/17 22:50

★アクアマリン 私も好き嫌いをなくすほうに賛成です^^ 娘たちにも口うるさいほどお説教しちゃうけど いつかきゅびさんのように感謝してもらえる日が来ると信じてます^^
実際私も母から厳しく躾けられたけど 今は何でも感謝して食べられることに喜びを感じるし、大人になって好き嫌いしてる人を見ると どうして? ちゃんと食べてみた? 食わず嫌いじゃないの?なんて思ってしまう 食べられるものに制限があるといろんな意味で世間を狭くしてるようにも思えてしまうけどな・・・
2005/04/17 23:57

スシファイ まあいいや。整体育児はするっと共感できる代物ではないからな。おまけに食事はその一つでしかないからね。「幼児の欲求を満たす」と言う同じ言葉を使っていても、やっていることは皆違うってのはあるし。そこだけ使っても駄目かなとは思うわ。で授乳服は届いた?? ()
2005/04/18 02:53

スシファイ様
ご連絡せず申し訳ございません。授乳服は、しかと届いております。ご心配をお掛けし大変失礼致しました。ありがとうございます。 ()
2005/04/18 22:16

azteca23 確かにデートの様子を思い浮かべるとカッコワルイですね
なんでも食べられるようにすることは大切だと思いますが
苦手な食べ物も少しあるって個性のひとつのような気もします
2005/04/18 23:13

きゅび
■ふーがさん
 ワールドワイドなご意見、ありがとうございます。
 食べれなくて死ぬと言うことは、なんともやりきれないですよね><;
■アクアマリンさん
 さすがですね。きっと二人のお嬢様もアクアマリンさんに
 大きなかんしゃをすることだとおもいます!^^
■スシファイさん
 嫁さんのコメントを参照してください。
 ところで、随分深い時間まで起きてるんだね。
■azteca2さん
 きました!23風のコメントですね^^しっかりとした御意見、大歓迎です^^
 確かに思えば、昔のヒーローは完全無欠でしたが、
 それよりちょっと最近寄りになると、刑事コロンボのように
 コートがいつもよれよれだったり、何かしら崩れた魅力のようなものが
 ありましたからね^^
2005/04/19 05:50

アストラッド あぁ~ みんなからみると我が親子は甘ったれてるなぁ^^;
うちはその幼稚園と同じく好き嫌いを厳しく躾けていません
わたしは母がものすごく厳しかったので、毎日の食事の時間は恐怖でした
(どうしても食べられないものは、口を無理やり開けて突っ込まれました) 
息子の偏食が始まった時悩みましたが、母と同じ行動は取りたくなかったのです。
今でも野菜が苦手で給食は苦労してますが、「お野菜のメニューもチャレンジする」と自分で決めて頑張ってます。上手く行くと喜んで教えてくれるので、そういうときはうんと褒めるようにしています。
甘いんだろうか?やっぱり???_| ̄|○
2005/04/20 00:28
[PR]
by hinemosunorari | 2005-04-17 14:51 | 日々のよしなしごと | Comments(0)

センスに関する私見

b0182613_925641.gif

何事においても「センス」とは、非常に重要なファクターなのであります。
芸術に限ったことでも、スポーツに限ったことでもありません。
日常でも「人生を楽しむセンス」と言うものが、確かに存在すると思うきゅびなのであります。

さて、自分で言うのもなんですが、きゅびは典型的なO型人間ですので、
あまりくよくよ思い悩むことがありません。
これってもしかすると人生を楽しむエッセンスの一つかもしれませんが、
きゅびにはもう一丁、欠かせないエッセンスがあります。
「イタズラ」です。

・・・・・・こほん。
えーっと、「?」と思われる方も多いでしょう。
けれども何気ないセンスに満ちたイタズラで、日常がばら色の輝きを持つとしたら
それは立派な人生の楽しみ方の一つだと思うのですね。
いや、言い訳がましいのは百も承知しています。
今日はそれが一体どういうものなのか、実例を挙げて紹介しようと思います。

今日の表題の写真は、先月仕事で大阪新歌舞伎座を訪れた時の一ショット。
スタッフ控え室の古い小机の上に、無数の菓子パンの類。
手の空いた人は勝手に食べてください、とのこと。
実際にはもっと種類も数量もあったのですが、一部だけ切り取りました。

さて、ここで問題です。
この中にどれか一つだけ偽者があって、決して食べれないものが混ざっています。
当然、イタズラ。
わかりにくいかと思いますので、下に二択にした写真を載せます。
よく吟味してみてください。

b0182613_933980.jpg


わかりますか?
左はなんだかアンパン風のようですし、右はどことなくチョコ風味の菓子パン風のようです。
ここまで寄ってもわからないのですから、実際でも本当にわかりませんでした。
で、仕事が一段落したスタッフが、控え室に戻ってきて
「あ、ちょうど小腹が減っていたんだよね。
 いいもんあるじゃん、たーべよっと♪」
なんていって、それを手に取ろうとすると・・・

・・・・正解はずっと下の方に貼り付けておきます。
自分なりの解答を決定した上で、是非ご覧になってくださいませ^^
本当に、センスあるイタズラが、ただの日常を笑顔に変えさせてくれる
そんな一瞬に出会えること請け合いです^^






































b0182613_95322.gif



」」」」」当時のコメント」」」」」

戌年セブン 実は左はハンバーガー?今から答え見てきます♪
2005/04/14 23:50

戌年セブン 全然チガウ・・・。センスあるいたずらですね!!オレも今度応用したのでやってみます!面白かった☆
2005/04/14 23:51

きゅび あはは^^早いですねー^^ファイルの方に修正を加えていたら、もう書き込みが^^;
こういう人を和ませる「イタズラ」、センスの賜物です^^
2005/04/14 23:59

★アクアマリン やっぱり・・・・^^ でも最初は全然気がつかなかった^^
2005/04/15 11:35

スシファイ 間違えて食べちゃったらどうするんだよ!責任取れるのか!ヽ( )`ε´( )ノ ()
2005/04/15 13:02

きゅび ■アクアマリンさん
 実際手にとって見てからはじめて、「おおっ!」と言う感じでした^^
 ぷぷぷぷぷ。
■スシファイさん
 ( ゚∀゚)・∵. ブハッ!!
 ま、ま、間違えて食べる?(≧∀≦*)
 その根性を見たら、土下座して謝ります。* ゜ + 。.゜.。.ヽ(*´∀`)ノ
2005/04/15 13:17

m⇔k (´・ω・):;*。':;ブッ たわしかい!σ(o・ω・o)アタイならコレ選んでました・・・。
2005/04/15 16:46

アルピニア (⌒▽⌒)アハハ! ファイル見るまで全然わかんなかったよーーww
こりゃー笑うしかないよなーーー (* ̄m ̄)ぷぷっ
2005/04/15 18:20

スシファイ これもひとつのいたづらだ(*'(ー)')。とか言ってみよう。 ()
2005/04/15 18:28

deedee0727 σ(●^o^●)もいたずら大好きだぁ~~ニャハハ (*^▽^*)
でもこれはなかなか高度だねぇ~~(ノ∇≦*)キャハッッッ♪
2005/04/15 20:41

はむねこさん あははは^^すげー♪ 機会があったら、使わせてもらいます^^
そういえば、私は・・・手を加えまくるのが好きで
「100円ガムのガムの部分を全部ボール紙」に変えたことあります♪
封を開けるときも、継ぎ目部分から開けて・・・あとは接着剤で留めて♪(* ̄公 ̄)b
2005/04/15 21:54

azteca23 こういうかわいい悪気のない「いたずら心」いつまでも忘れたくないものです^^
2005/04/15 22:43

きゅび ■m⇔kさん
 じゃ、タワシゲットと言うことで^^;くじ運、強いんじゃないですか?
■アルピニアさん
 でしょ?でしょ?「あら、タダと言うなら頂いちゃおうかなぁ。」
 と言う心理の裏を鋭くえぐるセンス。やられた方は笑うしかありませんね^^
■再びすしふぁいさん
 なるほど、なるほど、明日は宜しく。とかいって見よう。
■deedee0727さん
 昔からきゅびはイタズラとなると、目の輝き方が違ったそうです。
 好きだから、センスも磨かれるのでしょうかね^^;
■はむねこさん
 ( ゚∀゚)・∵. ブハッ!!
 はむねこさんのほうが、手が込んでます^^職人肌ですね^^
■azteca2さん
 そう!まさにその通りです!!
 目指せ、永遠の悪がきなのです!!「かわいい」イタズラなところが、ミソです!
2005/04/16 00:56

如月煉 ぱっと見解りませぬわね…(笑)
流石に囓りはしないでしょうが、此は流石に手に取るまで解らぬかと…w
2005/04/16 12:47

seawolf1964 素晴らしい!!オイラもそういう思考も入れて生きて行きます。(笑)
2005/04/17 00:25

vmayo 近くの写真を見ると気が付いたけど、遠くから見ると全然わかりませんでしたwww
でも楽しそ~wwwww
2005/04/17 00:55

きゅび
■如月煉さん
 わからないでしょ?彼とのコミュニケーションにぜひ
 「イタズラ」を取り入れてみてください^^
■seawolf1964さん
 いやぁ、お子様の写真から察するに、十分人生を楽しんでいらっしゃるかと^^
■vmayoさん
 ちかくってぇのは、2択写真のことですね?すごいっ!
 見破れたのは僕が知る限りvmayoさんだけです!! 
2005/04/17 18:35

アストラッド 。・゚・(´∀`*)゚・・。ヴァノヽノヽノヽノヽノヽノヽノヽ 可笑しい~~~♪
こんないたづらなら、大歓迎!!
2005/04/20 00:29

きゅび お返事が遅くなってしまって、ごめんなさい(_ _(-ω-;(_ _(-ω-; ペコペコ
歓迎されれば、どこへでもイタズラしに行きます。(≧∀≦*)
2005/04/22 11:13
[PR]
by hinemosunorari | 2005-04-14 23:45 | 日々のよしなしごと | Comments(0)

桜が舞い散る頃

きゅびは、桜の潔さが好きです。
日本文化に慣れ親しんだ人ならば、そんな感性をお持ちの方は多いはずです。
桜はイメージの中ではピンク色ですが、実際はイメージよりも数段白くて
それ故に桜が舞い散る様を「花吹雪」なんて言ったりします。

実際のところ、今年の東京の桜は一昨日からの雨でほとんど散ってしまいましたが、
それでも夜道一面を被った桜の花びら達が月明かりに照らされて、淡く白く光る様は
本当に幻想的で、散った花でさえ魅力的です。

愛しいほど儚くて、荘厳にして可憐。
桜の季節を迎える時、やはり僕らは桜の花の向こう側に、歴史を感じたり、
人生を感じたり、恋愛を感じたりしているのでしょうね。

あなたは今年の桜に、なにを感じましたか?(まだ桜のシーズンを迎えていない方はごめんなさい。)
きゅびが今年の桜にかんじたもの、それは「モラル」です。
前置きがかなり長くなってしまいましたが、きゅびは怒っています。
いや、怒りを通り越して悲しいです。花見客のマナーの悪さにです。

先週末の夜10時頃に、駒沢公園を散歩したきゅびとジルが見たものは、
美しい夜桜ではなくて、夜桜の下の狂気に満ちた俗悪の沙汰でした。
散歩中の犬に向かって吠え付く真似をするバカ。
ジョギングしている人の後をふざけて追いかけるバカ。
桜の木によじ登って記念撮影しているバカ。
公園の中にバイクを乗り入れるバカ。
宅配ピザ屋に公園までピザを届けろと注文しているバカ。

もう、目を覆いたくなりました。
「なぁ、ジル。今日はもう帰って、明日の早朝静かな時間に出なおそうぜ。」
と、早々に引き上げてしまったきゅびとジルなのでした。

そして翌朝。「さぁ、昨日の分も合わせて、今日はバッチリ散歩しような!」「わんっ!」などと
意気込みながら家を出た僕らを待っていたものは、
かつて見たこともないほどの巨大なゴミの山でした。
公園の中の幅約5メートルの道路のうち、約3メートルがごみで覆いつくされていて
まともに歩けないのです。
そして前夜多くの花見客が陣取っていた芝生の植え込みはというと
いくつもの大きなビニールシートがそのまま置き去りにされていたり、
ごみやら食べ残しが散乱していたり、一升瓶が粉々に砕け散っていたりと
昨夜に勝るとも劣らない、これまたあまりにもひどい惨状だったりしたのです。

ジルの健康のために、どうにか頑張って散歩を続行しようと試みたきゅびなのですが、
ごみに加えて、酒や食べ残しの放つ悪臭がとてもひどくて、
またごみに群がる沢山のカラスにジルがびびるものだから、結局すぐに引き返してしまいました。

「公園」とは読んで字のことく公の園です。
朝は早い時間からランナーがすたすた走っていますし、
ウォーキングや体操をいそしむご年配の方も多いです。
お昼前後の時間帯になれば、子供づれの親子のコミュニケーションの場になりますし、
夕方頃は学校を終えたやんちゃ坊主達の格好の遊び場でもあり、
多くの犬の貴重なお散歩ルートです。
そして何よりも、都心にあってこれだけ緑に埋没できる癒しの空間は、周辺住民のみならず
多くの人にとってかけがえのない空間でもあるのです。

桜が大して有名ではない駒沢公園ですら、このようなひどい状態なのですから、
上野公園などの有名な花見スポットなどを想像すると、正直あまりのモラルの欠落振りに
ぞっとする想いです。

僕らの祖先は花が咲きそして散る姿に様々なことを感じて、歌を詠んだり
絵画を残したりしてきました。
毎年咲く桜であっても、去年の自分と今年の自分が異なるのと同じで、
同じ桜は2度と咲かない・・・今、目の前にある桜との一瞬の一期一会を大事に思えばこそ、
桜のインスピレーションが芸術に結びつくのだと、きゅびは思うのです。

翌朝には幼子が遊ぶ芝生の上で、一升瓶を叩き割っている人たちに、
僕らの祖先が愛した桜のメッセージがどれほど伝わっているのか、はなはだ疑問です。
花見をするなとはいいません。
むしろ花を見ろと言いたい。

桜の花びらがはらはらと舞い散る様を「花吹雪」と言える素晴らしい文化を持つ国の人間として、
桜の潔さから学ぶべきことは、まだまだ沢山あると思うのです。

さて、前回の記事で「動物と会話できる」と評されたきゅびですが、
今からジルと公園にお散歩に行ってきます。
桜は、今年の人間を見てなにを感じたのか、聞いてきてみたいと思います。



」」」」」当時のコメント」」」」」

aburaking 毎回毎回思うよねぇ・・・これはね。
自分が楽しめればそれでいい、後はどうでも言いということだな、
忘れてはいけない、桜の枝をへし折ってあって桜がしおれたとしても、
※桜は折れた所に菌が入ると次回、咲かなくなる可能性ある
責任は持たないわけなのだよなぁ( ´_ゝ`)
モラルは大事だよほんとに
2005/04/13 10:23

mykok ニユースで花見客の様子見ました。桜を見ては居るのでしょうが・・・お酒を飲み暴れるため?って感じですね、無謀なお酒の飲み方をして救急車のお世話になり・・死んだらどうするの・・情けない思いしました。桜は本当に毎年違う思いで見ます。何年かは寂しい思いを感じながら咲いたって思ったら散ってしまう儚さ・・素敵です。
 今は自分の事しか考えない人ばかり・・仕方がありませんが、忙しすぎなんでしょう。
2005/04/13 11:07

mykok 夢がないんでしょう、幸せって思えないのでしょう。
2005/04/13 11:08

三井花子 モラルを忘れてしまうお酒なら自粛するべきです!!
2005/04/13 13:01

スシファイ 大変だネエ。地元以外からわざわざ来るんだなコレが。観光客は観光して汚しまくって居なくなるのが常だし。まあ我々は観光したときにゴミなど出さないように気をつけよう。 ()
2005/04/13 19:51

vmayo (●´・д)(д・`●)ウン ウン きゅびさんの意見に同感です!!!!
花見というより、花見という名目を使ったただのバカ騒ぎですよね。もっと常識を考えて欲しいです・・・。
2005/04/13 22:28

きゅび
■aburakingさん
 いやはや、全くその通り。ここ数年、お花見シーズンはかなり
 忙しくしていたので、気にしてませんでしたが、
 マナーの悪さがここまで来ているとは!驚愕です><;
■mykokさん
 昨日友人と話をしたのですが、皇居の北の丸公園などは、同じお花見スポットでも
 「大人」が集っているらしく、お花見をしてお酒も飲んで入るのですが、
 とても綺麗でマナーも上等だったとの事。そうあるべきですよね^^
■三井花子さん
 おっしゃるとおりです。僕自身も気をつけねば。^^;
■スシファイさん
 うんうん。個人の意識レベルの向上が求められるよねぇ。
 スシファイさんの近所の北の丸公園なんかは、とても良いって聞いたよ。
■vmayoさん
 まったくです。自分らの出したごみさえ始末できないなら、
 最初から居酒屋に行ってお酒を飲むべきですよ。
 そのくらいのことはわかってほしいものです。
2005/04/14 07:17

m⇔k (★-`ω´-)ンー やはり親のしつけなのかしらん。
「人に迷惑をかける事はしてはいけません。」って言われなかったのかしら?
悪い事をするのがカッコイイとでも思っているのかしら?
そういう事でしか自分の存在を示せないからかしら?
とにかく…アホ・ボケ・カスの三拍子揃ってますな。
2005/04/14 19:09

はむねこさん 私も昨日イカ釣りに行った時に「釣り糸・釣り針・ごみ」などの使用済み釣具が、そこら中にあって・・・ちと悲しくなってました^^;
なんていうか・・・本当に・・・なんでするんでしょうねぇ・・・
2005/04/14 21:24

きゅび
■m⇔kさん
 ごもっとも!
 いやぁ、それにしてもm⇔kさんに「アホ・ボケ・カス」とかいわれると、
 悪党も真っ青ですね^^;
■はむねこさん
 いかつり!いいですねー!!
 確かに、防波堤や砂浜で綺麗な景色に心を打たれている時に、
 使用済み釣具が目にとまると、すごーく興ざめですよね><;
2005/04/14 21:48

戌年セブン ちょっと例え話が遠いですが、7のアルバイト時代、駅前で勤務してたんですけど、毎年お祭りがあるんですよね。その時の状況は本当に酷い。いつもは外の清掃が5分で終わるのに30分1時間かかりますからね!僕は思いました。祭りを楽しみに来ているのではなく、公に街を汚しに来たのだと。。。人に言われないとモラルも守れないなら大人をやめてほしいです。
2005/04/14 23:56

きゅび 花見に限ったことではないのですねぇ。セブンさんのようなフレッシャーズがそういう意識をきちっと持っていれば、世の中よくなる一方です。ためになるなぁ。
2005/04/15 03:34

azteca23 「人類は地球にとってウィルスに過ぎない」(映画マトリックスより)
宇宙飛行士の毛利さんではありませんが「宇宙人の視点」で見ると
このセリフがピッタリだと感じました
でも 人間として生まれたからには人間として生きていかなければならないし
そういうモラルのない人間もいない平和な世界も妙に恐い感じもするので・・・
生きるって難しいものですね
2005/04/15 22:40

きゅび とっても深い考察ですねぇ。
確かに、「必要悪」みたいなものって存在するのでしょうかね?
世の中、義理・人情でやっていければ一番いいのですがねぇ。
2005/04/17 13:41
[PR]
by hinemosunorari | 2005-04-13 08:33 | 日々のよしなしごと | Comments(0)

緊急事態その後・・・(三)

b0182613_731738.gif

すっかり長くなった4月の陽が、駒沢公園の西側の街並みになつく頃、
きゅびとジルは駒沢公園のバスケットボールリンクのある広場に来ていました。
ストリートバスケットに興じる少年たちを見下ろす大きな階段に座り、お散歩の時に携帯する
小さなポシェットからドッグフードを一摘まみ取り出したきゅびは
「なぁ、ジル。おめぇもちょっと座れよ。」
と、愛するバカ犬に語りかけてみたりするのでありました。

陽が傾いて少しだけ肌寒くなったきゅびは、隣に座るジルに尻半分だけ近寄りながら続けました。
「なぁ、ジル。ここの公園のプレイグラウンドはな、きゅびときゅび嫁がだな・・・・」
「今から10年位前に出会った、思い出の場所なんでしょ。」
「お、おめぇ、なんだ。知ってたのか?」
「先週も聞いたわ。」
「・・・そうだったっけ?まぁ、ならいいんだ。」

後ろ足で器用に耳の後ろをがりがりと掻いた後、さながら人間のように大きなため息をつくジル。
「ところでな、ジル。家族ってものはだな・・・・」
「共に過ごせる時間には限りがあるのだから、お互いに助け合い補い合いながら
 愛情をもって築き上げていかなくてはならない、でしょ?」
「そ、そうだとも。何だかおめぇ、話がわかるヤツだなぁ。」
「先週も聞いたから。」
「・・・・・・・・・・。」

居心地が何だかちょっと悪くなって、足を組み替えたり首をぽりぽりと掻いたりするきゅび。
遠くで誰かが鼻を思い切りかむ音が聞こえたりしました。

「まぁ、なんだ。そこまで分かってりゃあ、話すことは少ないんだ。
 その・・・つまり、なんだ。
 あの・・・俺が聞きてぇのは何かって言うと、どうして猫に吠えつくんだ?」
「・・・・・・・・・・。」

きゅびを真っ直ぐに見つめるジルの目に、見る見る涙がたまっていくように見えました。

「だって・・・だって、あたし、我慢できないもの。
 颯一郎がうまれて、きゅびやきゅび嫁が颯一郎のことを可愛がるのは分かるわ。
 あたしだって女だもん。
 でもね、この上どこの誰とも分からない猫が出てきて、その上あたしの器を使って
 きゅびがあたしを可愛がってくれていた頃の、あたしの粉ミルクを飲んでたのよ?
 あたし、あたし・・・。
 
 だって、あたしは颯一郎みたいに、可愛い声で鳴けないもの。
 あたしは猫みたいに可愛らしい仕草でミルクをおねだりしたり出来ないもの。
 猫みたいに人懐っこい声を出せないもの。
 どんなに頑張ってみたって、あたしは子犬の時みたいに可愛くはなれないもの。
 あたし・・・あたし・・・」
「わかった、ジル。
 つまらねぇことを話させて済まなかった。もう何も言ってくれるな。
 ジル、おめぇは可愛い。ありのままのおめぇが、誰よりも可愛い。」
「うわわわわーん」

陽はすっかり落ちて駒沢公園の電灯には灯りがともりだしました。
コートを見下ろす階段に長いこと座るきゅびとジルを、春の夜風がやさしく凪ぎました。

「さ、ジル。ぼちぼち帰ろうか?」
「・・・ひっく、ひっく。」
「ジル?泣くのはもう止しにしなよ。うつむかないで。美人が台無しじゃねぇか。」
「美人?あたしが?」
「ああ、そうとも、ジル。”駒沢パグ子”の二つ名をとる、
 きゅび家自慢の美人パグとは、他の誰でもねぇお前さんのことさ。
 さぁ、かえって晩御飯を食べよう、ジル。」
「わんっ!」

かくして二人の関係を再確認したジルときゅびは、駒沢公園を後にしたのでありました。
その数日後、仕事に追われるきゅびが久しぶりにゆっくりと
家でコーヒーなどを飲んでた時のことであります。

傍らで眠りをむさぼるジルのイビキに混ざって、「にゃー」という猫の声が聞こえました。
「!」
そぉーっとカーテンを開けてベランダの様子を伺うと、そこには先日の母猫がいるではありませんか。
「おお!おめぇ、元気にやってんのか?」
何故かカーテンを開けても逃げようともしない母猫なのであります。
味をしめて、また餌をねだりにきたのでしょうか?
違います。たぶん。
いや、きっと違う。

「なぁ。色々考えたんだが、やはりお前さんたちの面倒は、どうやったってうちじゃあ見れねぇんだ。
 餌をやるくらいは、やぶさかじゃねぇんだけれども、その・・・・いろいろとあってな。」
「違います。あたし、ご覧の通りの野良猫ですけれど、気位はそう安い猫じゃあ、ございません。
 今日は先日のお礼と、元気な姿を見せにやってきました。
 旦那さん、先だっては苦しいところを救ってもらって、ありがとうございました。
 おかげさまで、傷の方も大分良くなってますし、どうにかしのいでいけてます。」
「そりゃあ、よかった。なによりだなぁ。」
「今日は二人の子どもは訳あって置いてきましたが、
 いずれまた大きくなったらきちっと挨拶に伺います。それまで、旦那さんもどうぞお元気で。」
「困ったことがあったらいつ来たって良いんだぜ。遠慮するなよ。」
「・・・じゃ、またいずれ。」
「ああ、そうだ!ちょっと待ってくれ。
 記念と言っちゃあ何だが、写真を一枚撮らせてくれねぇか?
 なに、ブログって言うのに載せる写真だ。
 手間はとらせねぇし、しっかり撮るからちょっと待っていてくれ。」

お座りのポーズでその場にしゃがむ母猫。写真に収めるきゅび。
「ありがとうよ。きれいにうつってるぜ。」
きゅびが喜んだのを確認して、母猫はくるりと背中を向けると柵の隙間から
するりと外に出て行ってしまいました。
その時の写真が、今回のブログの表紙代わりになっている写真です。

不思議とその後何度かはうちの前の陽だまりで日向ぼっこをすることはあれども
決してきゅび家のベランダには彼女は入ってきません。
彼女、意地もプライドもある立派な渡世猫です。
仔猫のその後は気になるところではありますが、この件に関しては今回でひとまず区切りと致します。
いつか、仔猫が大きくなってきゅび家のベランダにやってきたら、
その時は喜んで追加記事を書かせていただきますね。


」」」」」当時のコメント」」」」」

らむりー☆ ジル最高にかわいい(。 ´ I`)(´I ` 。)ネェー♪
でもぉらむも親バカだからぁ、やっぱりうちの猫たんが一番(。 ´ I`)(´I ` 。)ネェー♪
2005/04/10 03:33

osakaken ジル・・分かりますね。私が長女を出産した時・・実家の犬が障子に穴を開けて見ていました。犬は心が何処にあるか・・分かるのよね~ご注意です。親猫ちゃんもしっかり者ですね・・流石に立派な母猫です。母はこうでなくっちゃね~感心!
2005/04/10 03:49

erinaloha ジルちゃん・・・ 涙)・・・・
家族だんらん幸せが一番!! 
2005/04/10 05:14

m⇔k やっぱり 母猫は強かったね。野良には野良のプライドが・・・ね♪(* ̄  ̄)b 
ジル>あんさん なかなかかわいい女やないのん (〃∀〃)♪
2005/04/10 07:41

mykok チャコ12才・・小夏が来て今も小夏に唸ってます。でも元気にはなりました^^猫ちゃん元気で良かった^^
2005/04/10 15:19

azteca23 江戸っ子きゅびさん 動物ともお話出来るんですね 人情物語って感じでステキです
2005/04/10 16:58

☆ふーが☆ 子猫ちゃんのことは、とても気になりますが。。。
2005/04/10 19:12

deedee0727 やっぱり動物の世界でもいろんなルールとかあるんだろねぇ~~
誰が教えるわけでもないのに不思議だよねぇ~~~(*^^*) フフ
2005/04/10 19:49

きゅび ■らむりーさん
 昨日、シッポだけの写真を拝見しました。
 チワワかトイプードルかと思いました^^;
■osakakenさん
 しょ、障子に穴をですか!
 実家のワンちゃんの名前は、メアリーちゃんと言うのでしょうか?
 いずれにしても、きっとアメリカかイギリス産のワンちゃんですよね?
 いやぁ、よく言うじゃないですか?「壁に耳あり、ジョージにメアリー」って。
 お後が宜しいようです。
■erinalohaさん
 でも、本当にパグって人間みたいですよね?ため息ついたり、
 わざと生意気なそぶりをしたり、いじけてみたり、威張ってみたり・・・
 本当に、飽きないです^^
■m⇔kさん
 そうなんです。ひらりと身をひるがえして去っていく姿が、とても印象的でした!
 関西で言う「可愛い女」とは、どういうイメージなんでしょうね?
 今後何かのヒントになるかもしれないから、是非教えてください^^
■mykokさん
 同居していても唸るんですか^^;小夏ちゃん、可哀想に^^;
■azteca2さん
 これ以上濃くすると、ただの落語になってしまいそうです^^;
 動物と会話をするには、「きっとこう思ってるんだ!」という想像力と観察力。
 それに、勘違いし続ける持久力も必要です。
■ふーがさん
 そうなんですよね!詳しい人に聞いたところ、通常は生まれたての仔猫は
 せめて350ml缶位になるまでは、隠れ家に隠し続けて
 絶対に表に出さないそうです。大きくなった仔猫たちが家の前で母猫と共に
 日向ぼっこしてくれる日を信じて、楽しみにしています。
■deedee0727さん
 ルールなのですよね。本当に。
 颯一郎が生まれて、やきもちを焼くかと思っていたジルが、
 先輩としての自覚に目覚めて、すごーくいい子にしている姿には
 胸を打たれます。いや、笑えます。
2005/04/10 23:01

vmayo 子猫が元気に育ってくれるといいですね♪
きゅびさんは動物と話せる力を持ってますねwムツゴロウさんよりすごい!!!!
2005/04/10 23:27

きゅび 熊に腕をかじられても笑っていられるほど、きゅびは大人物ではありません。
ムツゴロウさんは世界最強です。
2005/04/11 00:22

osakaken 犬はもう天国ですが・・「くま」と言いました。名前は日本的ですが・・
ジャーマンシェパードでした。大きく優しい子でした。
2005/04/11 04:06

m⇔k 「可愛い女」とは…すねる・甘える・立ち直り早い^^; こんなん感じやねぇ。
2005/04/11 17:06

mykok チャコも大人の犬の中で大きくなり、マイの家で生まれ10才まで母犬と一緒でしたから・・自分が一番なんですよ。小夏もかわいがり過ぎたみたいで自分が一番で・・2匹以上になると・・権力争いするみたいですーー;喧嘩もしますよ、完全にチャコが負けているのに・・負けを認めないチャコです。。
2005/04/11 21:46

はむねこさん 幸せな結果に終わった・・・のですかねぇ^^
少し違うのですが・・・慈悲のみだけではダメなのかなって思いました^^;
や・・・私の場合ですよ・・・たまには厳しく出来ると良いのですが^^;
2005/04/12 20:36

きゅび ■osakakenさん
 ジャーマンシェパード!頭も良さそうです!
■m⇔kさん
 ( ゚∀゚)・∵. ブハッ!!今回のジルそのまんまですね^^;
■mykokさん
 そうなんですか^^権力争い、大事に至らないといいですね^^;
■はむねこさん
 お帰りなさいませ^^
 ・・・と言うことは、おそらく過去記事にもコメントがあるはず!
 戻ってみるべし、ですね^^;
2005/04/13 00:18

☆やすたん★ 動物にも記憶があるんだなぁ、やっぱりぃ~
2005/04/13 01:00

きゅび 義理堅いヤツ、脱走癖のあるヤツ、物忘れの激しいヤツなど、色々いるから楽しいのですね^^
2005/04/14 08:31
[PR]
by hinemosunorari | 2005-04-10 01:34 | 日々のよしなしごと | Comments(0)

緊急事態その後・・・(二)

b0182613_718487.gif

母猫にこっそりとジルのミルクをあげてしまった日は、会社に行っても妙に落ち着かなかったきゅびです。
何だか、こういうシチュエーションと言うのは、一線を越えてしまうとダメなのですね。
ここで言う一線というのは、もちろん餌を与えてしまうことなわけです。
事実、餌を与えたことで、思いっきり情が移ってしまいましたから。

そんなきゅびの携帯電話が鳴ったのは夕方頃でした。
電話してきたのはきゅび嫁。
「どうしたのですか?珍しいですね、携帯に電話をくれるなんて。」
ふだん、電話で言ってほしいことをブログのコメント欄に書かれている恨みを、地味に練りこみながら
嫁の話を聞きました。
「あのね、怪我していた猫ちゃんなんだけど、颯一郎は泣くし、ジルは吠えつくしで、
 どうやら子どもを連れて逃げて行っちゃったみたいよ。」
「ええっ!足を大怪我してたじゃん。」
「うん。でも姿が見えないよ。」
「・・・・・・・。そう、わかった。」

いなくなったらいなくなったで、さらに不安が募りました。
うちのマンション、基本的にはペットは1匹のみOKなのですね。
で、ご近所さんとお話などをする時に仕入れた情報によると、
必ずしも動物好きの人ばかりではないとの事。
まぁ、常識と言えば常識ですけれども、それでももし保健所に通報されたら、どうしよう?
などと勝手に想像しては、ますます不安になるきゅびなのであります。

また、そんな時に限ってうちのマンション、翌日には植栽の手入れが控えていたのですね。
つまり、共同スペースの植え込みなんかが刈り取られちゃうわけです。
それはつまるところ、母猫の格好の隠れ場所がなくなってしまうことを意味したりするわけです。
「ああっ、だめだ。絶対にだめだ。
 あれだけの深手を負って、生まれたばかりの子どもを2匹抱えてじゃあ
 どこにも行く当てなんて、ありゃしないよ。」
いてもたってもいられずに、結局きゅびは会社を早めに切り上げて、帰宅したのであります。

帰宅したきゅびを待っていたのは、今のところ天使のように可愛い颯一郎と
憎み切れないやんちゃ娘のジルなのでありました。

・・・・・複雑でした。
全く罪は無いとはいえ、こいつらのせいでかわいそうな母猫と
飢えて死ぬか生き延びれるかの瀬戸際の仔猫2匹が、
より厳しい環境に移らねばならなかったことを思うと、なんとも心中を語る言葉が思い浮かびません。
颯一郎もジルもきゅび嫁も、誰一人として責められません。
でも、母猫と仔猫2匹は確実に厳しい状況に追い込まれているのです。

こんな場合、どうすればいいのでしょうか?
誰かを責めたい訳ではなく、猫の親子が心配で胸の中は非常にもやもやした気持ちで一杯なのです。
「遠山の金さんなら、あるいは水戸光圀公なら、どんな機知に富んだ判断をするのだろう?」
自分自身にそう問いかけてみたけれど、よく考えたら時代劇ファンでもなんでもないきゅびには
答えなんか出てくるはずがありませんでした。

とりあえず夕暮れ時の公園に、考え事兼ジルの散歩に出かけるきゅびなのでありました。



                                              つづく

」」」」」当時のコメント」」」」」

azteca23 ネコは人間が思っているほど か弱くないのかもしれません
動物の死体なんて滅多に見ることもないので ネコの思う通りにさせた方がいいかと
思いました ぼくはあまり動物好きという訳ではないせいかもしれませんが
2005/04/08 20:14

スシファイ 自ら茨の道に突っ込んでいってるなあ。そういう性格がブログのネタの多さとなっているわけだな。評論のみでアドバイスは無しだヽ(。・ー・。)ノ ()
2005/04/08 20:40

☆ふーが☆ 私ならどうするでしょう。。。きっと、探し回るでしょうね。
2005/04/08 22:23

osakaken 隠れる所が無くなるのは・・気の毒ですが・・私は母親は隠す場所を見つけないと移動はしないと思います。もしまた見かけたら・・宜しくお願いします。
2005/04/09 05:29

m⇔k 母猫は強し。そう願っています。我が子を守る為ならば なんとか安全な場所を確保するはず・・・。
2005/04/09 10:08

きゅび ■azteca2さん
 ううむ。そうかぁ・・・。いや、たしかにそうかもしれません。
 何だか妙に説得力あります。
■スシファイさん
 ( ゚∀゚)・∵. ブハッ!!
 とりあえず、春の宴までに肩を仕上げておこうね。
■ふーがさん
 フーガさんの人柄がにじみ出るコメント、ありがとうございます。
 ところで、揺らぎのリズムの記事、興味深かったです。馴染みのない5拍子にもか かわらず名曲と言われるtake five。
 改めて聞きましたが、やはりいいですね^^
■osakakenさん
 !
 す、するどいっ!本当に、その通りですね!言われて気がつく、おろかさよ^^;
■m⇔kさん
 怪我がとっても気になります。「母猫は強し。」きっとそうですとも!
2005/04/09 22:28

mykok 猫ちゃんは自分の運命を全て受け入れ・・・人間よりずうーと動物はつよいですよ^^優しいきゅびさん^^
2005/04/10 15:09

きゅび 確かに、おっしゃるとおり、人間が一番右往左往していますね^^;
2005/04/10 22:55

はむねこさん 全てが幸せになる事は出来ないとわかっていても、全てを幸せにしたいと思う・・・悩みますよねぇ^^;・・・(* ̄ 公 ̄)・・・複雑です・・・
2005/04/12 20:31

きゅび やはり!
確かに、その通りなんですよ!なんちゅうか、ここで何もせずに死なれちゃったら
当分目覚めが悪そうだし、、、的な部分も大いにありました。
2005/04/13 00:20

☆やすたん★ 難しいよね、確かに・・・。それにしてもやさしいなぁ、きゅびさんは・・・w
2005/04/13 00:57

きゅび たぶんやすたんさんでも同様の右往左往をしたと思いますよ^^;
2005/04/14 08:34
[PR]
by hinemosunorari | 2005-04-08 19:29 | 日々のよしなしごと | Comments(0)

緊急事態その後・・・(一)

b0182613_6273121.gif

あまりの多忙ぶりに、いつもコメントを頂く方々からは、きゅびの体調を気遣うお言葉を頂き、
過労ながらも本当に心温まる思いでございます。
この場を借りて心からお礼申し上げます。

本日、米子より帰京したきゅびは、
「健全な精神は、健全な肉体に宿る」という恐るべき体育会系の持論の元、
皆様の心配をよそに某スポーツクラブにトレーニングをしに行き、先ほど帰宅いたしました。
そうです。とても繊細なブログ記事を書く時もありますが、
元々きゅびは風邪なんかはスクワットやランニングで治す、典型的な体育会系スポーツバカなのです。
どうぞ、お忘れなく。

さて、上の写真は件の母猫です。前の記事で、問題があるとお伝えしました。
写真だと良く分からないのですが、実は彼女、右前足に大怪我をおっていて
ろくに歩けないような状況なのです。
で、おそらくまともに食べ物も探せない。
ゆえに、写真じゃ全然伝わらないですが、彼女はガリガリなのです。

******************************

数日前、プランターに産み落とされた仔猫2匹を先に見つけたきゅびは、母猫はどこに行ったのか、
本当に心配しました。
昔銀次の一件で、産まれた直後の仔猫を育てるのには、大変なエネルギーがいることを知っていました。
仕事に追われる今のきゅびには、そこまでは出来ません。
それはもちろんきゅび嫁だって一緒です。

だから最初に窓越しに彼女を発見したときは、
「やいっ!てめぇ今の今まで、どこほっつき歩いていやがったんだ!」と、怒鳴りそうになりました。
きゅびの並々ならぬ殺気に気づいた母猫は、
窓越しに「ぶん殴ってやる」オーラをメラメラと発するきゅびの姿を確認すると、サッと身構えました。
いや、身構えようとしました。

「!」
母猫の右足はひどい怪我で、肉がざっくりとえぐられていました。
きゅびを警戒して反転しようにも、右足は全く動かず、実際はきゅびに対して半身になっただけでした。
「おめぇ、足怪我してるじゃねぇか・・・・・。」
母猫は窓の向こうでじっときゅびを見続けています。
「・・・・・なんだよ。よく見りゃあ、ガリガリじゃねぇか。
 メシ、何日も食ってねぇのか?」
実際、みすぼらしく見えるほど痩せこけて、後ろ足はひょろひょろだし、
胴体は肋骨が浮き出て見えるほどでした。
「・・・・・その体じゃ仔猫に飲ませる乳が出ないんじゃねぇのか?
 それで、おめぇ食い物を探しに、その動かねぇ足を引きずって・・・・・・」

母猫の怪我の具合を見ようと、きゅびが一歩窓に近寄った時、
彼女はかろうじて動く3本の足で仔猫の方によろよろと近寄りました。
そして、きゅびに背中を向けると、まだ目も見えぬ2匹の仔猫の上に、
まるで我が子をかばうように覆いかぶさったのです。

「あなたの庭先で、勝手をはたらいたのは、私が悪かったの。
 それに、あなたの言うように今の私には、この子達のお腹を満たしてやることすら
 満足に出来ないわ。けどね、たとえこの命にかえてでも、
 子どもたちには指一本たりとも触れさせません。」

無防備な背中をさらしながらも、ピクリとも動かない母猫の声が、確かにきゅびには届きました。
「おめぇ・・・・・・。」
「・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・。」
「おめぇ、立派だ。
 見上げた根性だ。その心意気、忘れるんじゃねぇぜ。
 ちょっと、待ってろ。」
台所に走るきゅび。
手にして帰ったのは、ジルがまだ幼犬だった頃に使っていた、粉ミルクを温めたもの。
そして、まだ仔猫の上に伏せてじっとしている母猫を刺激しないように、
そっと窓を開けて、彼女後ろにミルクの器を置きました。

「これ、犬用だから口にあわねぇかも知れないけど、ちょっとは栄養になるはずだ。飲んでくれ。」
「・・・・・・・・・・・・・・・・。」
匂いに気がついた彼女は、半信半疑のようで、しばらくはきゅびと器を交互に見ていた。
「なぁ、いいもの拝ませてもらった、ほんのお礼の気持ちなんだ。」
ずっと考え込んでいた彼女だったが、やはり空腹だったのかしばらくするとミルクを飲んでくれた。
何だか彼女と通じ合えたようで、すごく嬉しかった。


                                              つづく

」」」」」当時のコメント」」」」」

☆ふーが☆ お優しいきゅびさんだから、こんなことに何度も遭遇されるのでしょうか・・きっと、神様がお空からみてらっしゃるのでしょうね。。人間であろうと、猫ちゃんであろうと、母性は同じですものね。。わが身にかえてでも。。。守る・・ってところから、涙がとまらないのですけど。。。。
2005/04/04 02:09

osakaken きゅびさん・・アナタのところに生みなさいと神様がこの親にいったんでしょうね・・
ありがとう・・きゅびさん。ナンだか可哀想を超えて・・頑張れと言いたくなる様な状況ですね・・。ほんとに近頃の新聞沙汰の母親や父親に見せてやりたい・・。
2005/04/04 05:16

mykok 母って強いです。良いお話(泣)きゅびさんと猫ちゃん達の縁を感じます。親猫何故怪我したのでしょうーー;切ないですね。
2005/04/04 08:29

きゅび
■ふーがさん
 お優しいというか、なんと言うか、、、神様がいるのなら是非とも
 「頼むから、もうちょっと暇な時によこしてくれ。」
 とクレームをつけたい心境です^^;;
 でも、実際に彼女の姿にはとても胸を打たれました。
■osakakenさん
 見たこともないこともない猫たちのことを「ありがとう」と言えるosakakenさん
 は、とてもすごいと思いました。人間の器ってのを感じます^^;
■mykokさん
 ケンカとかの傷じゃなかったです。たぶん事故だと思います。
 そのくらいひどい怪我でした。
 それでも、子どもを守ろうとする姿勢は、ぐっと来るものがありました。
2005/04/04 10:20

mykok 母親は子供の為なら・・命もいらないものでしょう^^動物も運命がありそうですね^^出会いも別れも。車多すぎます。事故にあわなければきゅびさんの所で子供お産まなかったでしょう。。
2005/04/04 15:35

vmayo うわーん(ノД`)いい話・・・。
きゅびさんとっても優しいですね。母猫も母親としてとても立派だなぁと尊敬します。人間もこれほど立派に親として働いてくれればいいんですけどねぇ・・・。猫ですらできるのに、どうして人間にはできないんだろうって思います・・・。
2005/04/05 13:12

☆ふーが☆ その後の展開は、どうなっているのでしょうか・・心配です。
2005/04/05 15:38

erinaloha 母猫さんは元気にしているかな? ・・・・・
2005/04/05 18:25

きゅび
■再びmykokさん
 そうですよねー。車も多いですし、猫は何故か飛び出しますからね><;
■vmayoさん
 なんと申しますか、弱いものいじめとかはしてたくせに、
 動物にはからきし弱かったです。今も変わりませんな><;
■再びふーがさん
 ご心配をお掛けしております。とりあえず、昨日投稿したのですが、
 エラーで消滅の憂き目に会いました。涙が出てきます。とほほ。
■erinalohaさん
 その後も無事のようです!-^^d
2005/04/07 19:35

はむねこさん ・・・(* ̄ 公 ̄)・・・
・・・
いえ、手抜きではなく・・・コメントが見当たらないのです・・・
2005/04/12 20:27

きゅび ( ゚∀゚)・∵. ブハッ!!丁寧なコメント、ありがとう^^v
2005/04/13 00:21
[PR]
by hinemosunorari | 2005-04-04 01:41 | 日々のよしなしごと | Comments(0)