きゅびの、ひねもすのらりノウタリン。

noratari.exblog.jp

カテゴリ:オススメ⇒考「きゅび節」( 1 )

考えるきゅび節。

お勧め過去記事を紹介する「きゅび節」。
こちらでは考えてしまうような記事をいくつかピックアップしています。

★朝の報道を見て思ったことに関する私見
時事問題編です。「北朝鮮問題」を日本近代史を踏まえて、考察しました。

★恋愛に関する私見 
前編
「恋は遠い火の花火ではない」。私見シリーズ中、最も書きづらかった。前編はずばり遠距離恋愛です!!

中編
相手のことが分からない・・・そんな不安にきゅびが七転八倒しながらも、おせっかいを焼いてます。

後編
恋愛編の総決算。浮気に関してきゅびの体験に基づきながら、恋愛とは何かを深く考察しました。必見!

★桜が舞い散る頃
東京のお花見シーズンも一段落。
きゅびが今年桜を見て思ったことを素直に書きました。

★アドリブだよ人生は
部下の結婚式で、とてもよいお話を聞きました。
きゅびの今後の座右の銘にしたいほどです。

★姨捨伝説
人には色々な立場があって、それぞれ思いとは別なところで「責任」を果たさなければなりません。それを踏まえたうえで、登場する三人それぞれの立場でこの「姨捨」を読むとき、このお話の本当の姿が見えてくると思うのです。千年も昔から現代に生きる僕らへの難しい問いかけにも思えます。

「姨捨伝説」に関する一考察。
記事「姨捨伝説」に寄せられた皆様からの様々なメッセージを受けて、僕自身再考察してみました。ぜひ「姨捨伝説」と併せてご覧下さいませ。

★この土の器をも・・・
僕たちは等しく責任を負ってるんだ。次代に伝える未来に対してね。と言う話し。

★ALL YOU NEED IS LOVE
「愛」について語る気味悪いおっさんの登場です。
いやぁ、「愛」は大切ですよ。ね。

★ワタシしか知らない世界
これをタイムスリップというのでしょうか?数百年の時間を越えた不思議な勘違いです。

★この涙を君の為に捧げよう。
また幼い子供の命が奪われる事件がありました。
「朱に交われば赤くなる。」狂気の時代に生きる僕らは、皆犯人とかわりありません。
今の世に生きる大人全員で抱えるべき問題だと思います。

★ムシケラノイノチ①~⑥
硬派なテーマで書きました。現在の僕たちが絶えず目覚めていなくちゃいけない・・・
そんな問題に正面から取り組んだのです。聞いてください。
http://noratari.exblog.jp/11327590/
http://noratari.exblog.jp/11327591/ 
http://noratari.exblog.jp/11327592/
http://noratari.exblog.jp/11327593/
http://noratari.exblog.jp/11327594/
http://noratari.exblog.jp/11327595/

おまえのブルースを聴かせてくれ
あの時、夏空の星は何を言ったか?
中学時代同級生K。彼の人生に触れて書いたふたつの記事。たまに読み返したりしてます。
もしも完璧な美というものが存在するとしたら、それは一つの永続的な真理と言えるのではないでしょうか。
と言うことに端を発した哲学の着地先を、ぜひご一読ください。

[PR]
by hinemosunorari | 2006-01-22 00:46 | オススメ⇒考「きゅび節」