暑さ寒さも彼岸まで・・・4

b0182613_15554941.jpg


表題写真は、水槽内を優雅に回遊するアンジェリーナの後ろ姿。
我が家の金魚どもの中でもひときわエレファントです。
・・・あ、エレガントですね。

さて、前回からの続きです。
山本の妊娠が、単なるデブか便秘としか認識されなかったのは
本当に不幸でした。
なぜならば、当時僕が構築していた水槽環境は、
金魚業界では「ベアタンク」と呼ばれる環境だったからです。

ベアタンク。和訳するならスッポンポン水槽。
余分なものは何も加えない、循環フィルターとエアーだけの
スタイリッシュな水槽のことです。
何も余計なものがないことで、金魚の鮮やかな色彩や、
優雅な遊泳姿にのみフォーカスすることが出来、
極めて観賞に特化することが可能なのです。

そして、そんな産卵・育成には全く不向きな環境に放り込まれた山本は、
僕がツアーで東京を離れている約一週間の間に、
人知れずスッポンポン水槽のどこかに卵を産みつけたのでした。

当然、金魚の世話などまったく眼中にない家人たちの目にとまることもなく、
孵化した稚魚たちのほとんどは、恐ろしいことに文字通り、
アンポンタン及び谷田部と山本の餌食となり、ほぼ全滅したのでした。

一週間後、帰京した僕が水槽を点検すると、
何だかいつになく水が汚れていました。
そして誠に残念なことではありますが、イキの良い餌を大量に食した5匹の金魚は、
体つきが一回り大きくなっているのでした。

「ははぁ、さては俺がいない間に嫁か息子が、好き放題大量にえさをやったに違いない。」
と僕は推理し、嫁と息子を張り倒しながら
「ベアタンクは水質の管理が命なんだ!
 勝手に大量に餌を与えて、水質を悪化させるんじゃねぇ(‡▼益▼) 」
と怒鳴り散らしたところ、二人ともマジキレしながら無実を主張するのでした。

「じゃあ、あれか?早乙女ジル号が金魚をかわいがるあまり、
 餌を与えたとでも言うのか?
 または、金魚たちが勝手に水槽から出てきて、
 餌袋のふたを開けてムシャムシャ餌を貪ったとでも?!
 んなことあるかーい!щ(゚Д゚щ)アホー」
と僕は心中で怒鳴り返しながら、半休をまるっと潰して、
水槽の掃除及び水の全交換をするのでした。

あぁ、なんたる悲劇。
万が一、いや、億が一の確率ではあるのだけれども、
大人金魚5匹の猛襲から逃れた稚魚がいたとしたら、
逃げる場所はただ一つ、循環フィルターの内部しかありません。
24時間稼働しているフィルターなので、ここに逃げ込んでも
間違いなく衰弱死してしまうのですが、
何かの奇跡で生き延びた稚魚がいたかもしれない。
が、その稚魚にとどめを刺すが如く、
そのフィルターを僕は水道水でキレイに丸洗いしてしまったのです。

そして、そして。
そして、すっかりキレイになった水槽に金魚たちを戻した時に、
しれーっと嫁がこう言ったのです。
「そういえば、3日くらい前に稚魚みたいなのが水槽を泳いでたんだよね。
 ボウフラか何かよく分からないけど。」

僕の中でばらばらだった疑問パズルのピースが
瞬時に全て組み上がりました。
「アホー!!
 蚊がいない環境でボウフラが湧くかボケー!!
 稚魚がいたかもしれない水槽、ピカピカに洗ってしもたやんけ-!!(╬ಠ益ಠ)」

もうね、読者の皆様の「あーあ。」という大きなためいきが聞こえます。
はっきりと。
盛大に失望でもなんでもして下さい。
僕自身かなりショックを受けました。

「一寸の虫にも五分の魂」なんて言います。
一寸は約3cm。
五分は一寸の半分ですので、約1.5cm。
つまり、約3cmの虫にも1.5cmの魂があるんだよと言うことであり、
6mmの稚魚には3mmの魂が宿っていると言うことです。
3mmの魂が200匹分くらい水槽内に存在していたとして、600mmです。
600mmって、60cm。
なにか違いますか?ことわざの解釈、合ってますか?
60cmの魂ってどんなもんなんですか?
もう動揺のあまり僕には何が正しいのかよく分かりません。
分からないなりに178cmの僕には89cmの魂があるのは、分かりました。

なんだか今回は当ブログ初の悲劇的な終幕。
フォローも救いの手も何も全く思い浮かばないので、
とりあえず皆様に魂と胴回り、太いのはどっち?
とか問いかけて泣く泣く筆を置こうと思います。

・・・え?魂って長さの単位?
(-公- ;)
[PR]
Commented by hagumi at 2015-06-21 22:13 x
おぉーっと…
胴まわりの方が図太い私ですが
衝撃です。
これは、きゅびさん的には
事実を知らぬままでいたかった
感じでしょうか。

今いる子達が元気であることを
喜びましょう!
増えていたら大変でしたよね。
きゅびさん思いな方達。
Commented by meron33ninja at 2015-06-21 23:44
ククク・・!わかるそのボウフラ感。まさにそんな感じです。
でも大丈夫。この次もある!・・・キーワードは水替えなんです。笑
Commented by osakaken at 2015-06-22 07:41 x
金魚の赤ちゃん・・残念でしたが 致し方ないですね。
メダカの赤ちゃんなどは 「目玉」がまず泳ぎ始める・・そしたらセーフ!救い出します。ですが その前にきっと同じ状況になって消えている命もあると思いますよ。
きゅび産科先生がいない間の悲劇でしたね・・ちなみに私は 胴回りがド~ンと大きいのですが。
Commented by masshy85 at 2015-06-25 22:54
こうすけママさんも、osakakenさんも分かるのね、
金魚の赤ちゃんの感じ。
私、わからないです!!!
でも残念でしたね。
観察日記が見られたかもしれないのに。

ちなみにさっき、庭でがまちゃんめっけ!
Commented by hinemosunorari at 2015-06-28 01:07
■hagumiさん
遅レスでスミマセン(*- -)(*_ _)ペコリ
いやぁ、僕思いな方々といいますかですねぇ;;;
まぁ、何と言いますか、コメントにも困ります><;
とほほほほ。
Commented by hinemosunorari at 2015-06-28 01:12
■meronさん
キーワードが水替え?!
むむむ。それはどういう意味なのでしょうか!
次を望む場合のキーワードですか?
それとも、次また生まれた場合のキーワードですか?
ううむ、疑問!

■大阪ケンさん
メダカはですね、絶滅危惧種ではありますが
僕も小さい頃にメダカの飼育してたんで
分かるんですよ~。その目玉感^^

■masshyさん
がまちゃんって、ガマガエルですか!
ガマガエルって、「ちゃん」づけするんですか!
(((; ゚Д゚)))ガクガクブルブル
雨蛙は好きでもガマガエルは好きではない
きゅびなのでした;;
Commented by hagumi at 2015-06-28 22:44 x
言われてみれば確かに変な表現でした。
ごめんなさい。
好んで去ったわけではないのですものね。
事実に思い当たった時の、きゅびさんの衝撃
はかりしれません。
たまらなかったでしょうね…。
Commented by masshy85 at 2015-06-29 10:01
ガマガエル、触れませんよ。
でも家にいると、守り神って聞いたので、敬意を払って。
Commented by hinemosunorari at 2015-07-05 12:48
■再び、hagumiさん
たまらなかったのはたまらなかったですけれども、
アンジェリーナとポヤンスキーとタンカレーと
谷田部と山本が跡形もなく平らげてくれたので、
衝撃的でしたけれども、思ったほどの悲しみはなかったです。
ええ。見たこともないのに、観念だけで愛着は
湧かないんですねぇ。(6 ̄  ̄)ポリポリ
Commented by hinemosunorari at 2015-07-05 12:55
■再び、masshyさん
ガマガエル、守り神説があるんですねぇ。初めて伺いました^^
それにしても、なんで日本は蛇だのヤモリだのカエルだの
両生類やは虫類を家の守り神にするんでしょうね^^;
Commented by meron33ninja at 2015-07-08 09:12
今回ご懐妊めされた親金魚は健在ですか?もしそうなら このあとも 何度もご懐妊があるかもです。我が家の種馬、いや 種金は放置しているにもかかわらず あっと言う間にご懐妊で 1年間に何度産んだことか・・・水替えが何かの刺激になるようで 水替えの度に雄の金魚が・・・え---放出して そして すぐにご懐妊。驚きました。そのせいで水が汚くなるから また 水替えして、また、と その繰り返しで・・・もういい もうやめて・・これ以上増えたら 金魚すくいでもはじめないと 私の精神が崩壊する・・・・というところで 金魚すくいという業種が成立したんだな?との推察にいたるほどでした~ 産まれた稚魚は半分以上親に食べられてしまうけど 幸いにして大きくなれた子供たちは 小学校の池に入れさせてもらったりしましたよ。 結局 種金は私が帰省中に死んでしまいました。 世話してるようでしてない・・トホホ

長コメント失礼いたしました。
Commented by hinemosunorari at 2015-07-22 02:33
■meronさん
えぇぇぇぇΣ(-∀-;)
我が家の種金は確かにご健在ですが、
そこまで過激にご懐妊されるんですかwww
楽しみでもあり、恐ろしくもあり^^;
とりあえず、換水などしておりますが、
まったくご懐妊の兆候見えず、です(゜-Å) ホロリ
かかってこんかーいщ(゚Д゚щ)カモーン
by hinemosunorari | 2015-06-21 17:16 | 日々のよしなしごと | Comments(12)

洒落と知性と愛そして無駄の織りなすブルース。


by きゅび
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31