爪が縦に裂けると痛いです。

師も走るというほど忙しい年の瀬だっつーのに、
ここのところほぼ日刊ペースで更新してるのは、我ながら凄い。
もしも手元にタイムマシンがあったら、今年の一月に戻って、
「今年は24記事更新!」とか高らかに宣言するおのれを、
躊躇無く張り倒すであろう。

ともかく、日刊ペースで更新しないことには約束を違えてしまう。
それだけはいかん。
ついた嘘は死ぬまで貫くことと、結んだ契りは魂を売ってでも守ること。
このモロに相反する二つのテーマを実践し続けることこそ、
自称ハードボイルドタフガイたる僕のアイデンティティーなのだ。
ざまーみやがれ、参ったか!(←意味不明。)

ところで、ここからハナシは一気に日常ベースに転落するのだが、
そんなハードボイルドタフガイは先日怪我をした。
仕事中に右手の親指をしたたか機材にぶつけた。
まぁ、これはこれで良くあるハナシなのだが、
今回は困ったことに、そのアクシデントにより、右手親指の爪の左端が縦に裂けた。
痛そうで痛くない、ギリギリの裂け方であった。

文章でこんな状態を説明するのも、妙にまだるっこしいから写真を撮ろうと思った。
・・・が。・・・が、しかし、である。
最初は愛用の一眼レフもどきデジカメで撮影しようと思ったら、
カメラのシャッターを左手だけで操作するのは、超至難であった。
何度か撮影にトライしたものの、なんかこんな事に一生懸命になってる自分に腹が立ってやめた。
これはスマホでの撮影に関しても同様であった。
なんちゅーか、左利きの人って、なかなか大変な思いをしてるんだな~。

話が逸れた。
ともかく、右手親指の爪が縦に裂けた。
幸い、出血などもなく、平静にしていれば痛みもほとんど無かった。・・・のだが。
怪我をしてみて初めて分かることだが、
結構右手の親指というのは日常的に活躍してるものなのである。
それはある意味、抜け始めて分かる髪は長い友達っつーのと同じである。

例えば、ポケットに入れた小銭入れを出そうと、右手をポケットに突っ込む。
その瞬間、縦に裂けた爪がジーンズに引っかかるのである。
この時点で、少し痛む。

また、あるとき思い立って手袋をはめようとする。
その瞬間、縦に裂けた爪が、革製の手袋の中で引っかかるのである。
この時点でさらに痛む。

また、ある外出時に際して、コートの袖に右腕を通そうとする。
その瞬間、袖の中のあちこちで、縦に裂けた爪が引っかかるのである。
この時点でさらに痛む。

また、ある帰宅時に際して、靴下なんかとっとと脱いじゃおうと思って
靴下に手をかける。正確には靴下のフチに指をかける。
この瞬間、爪は靴下に食い込んだり、僕の足首の皮膚に食い込んだりして
さらに痛む。

こんな事を繰り返しているうちに、右手親指の爪は向かって左上が、
げっそりと欠損した、超・深爪スタイルになってしまった。
こうなってしまうと、日常的に痛い。痛いです。
とりわけ、右手親指の外側(人差し指側でない方)に力が加わろうものなら、
「いってぇぇぇぇ!」と叫んでしまうほどである。
健常な皆様にはわからぬだろうが、爪の一部を失ってみると、
意外とこの激痛シチュエーションは、日常動作の中に溢れかえっているのだ。

今日はまず歯磨きに際して、奥歯を磨く際に親指に負担がかかり、
激痛のあまり悲鳴を上げた。
正確には歯磨き粉の泡で悲鳴は「ごごご、ゴフゴフゴフ!!」という
変な唸り声にしかならなかった。

さらに、朝食時。新品の牛乳パックを開けるときも、大いに苦痛であった。
さらにさらに、玄関を出て施錠する際、鍵のシリンダーを回転させる。
これが悶絶するほどの痛みを伴った。

そして、意外なところでは、ちょっとしたパッケージの袋を破くとき。
例えばおやつ時、せんべいなどの小袋を破く際は、思いの外その動作を親指に依存していて、
その度に激痛にうめいた。ハッキリ言って強烈に苦痛であった。
激痛に苛まれながら、苦悶の表情で菓子袋を破くタフガイは、
世の中にそうそう存在しない。
いや、ホントに痛いんだ。
ウソだと思うなら自分で右手の親指の爪を縦に裂いて見りゃ分かる。
やってみろってんだ。くそ。

まぁ、そんなこんなな愚痴をここで散々こぼしたところで、
何にも解決しない。爪は急に伸びたりしないから、
しばらくずっとこの状態で耐えなければならない。

たまったストレスを発散するために、ブログで散々悪態をつきたいところなのだが、
誠に残念なことに、変換ボタンのスペースキーを叩くのも、親指。
しかも、ポジション的にピンポイントで爪が裂けた激痛の走る箇所。
かゆいところに手が届きまくって、悲鳴を上げている状態である。

これは、ほぼ日刊ペースの更新が課せられたオノレにとって、
とんでもないハンディキャップである。
なにせ、変換するたび激痛に仰け反るのだ。
こんな事で残りあと6回の更新が可能なのであろうか?
とりあえず、日付が変わらぬうちに投稿してしまおう!

以上、久々に「かなりどうでもいい」カテゴリの更新なのであった。
痛いよぉー!!

[PR]
Commented by osakaken at 2013-12-20 09:24 x
痛そう!アチャ~・・なんて思いながら 読ませて頂きました。
指先のケガは 痛いのよね~指サックを使うと楽になるかも。
目立つのが嫌ならば バンドエイドのようなもの・・治りも早くなる透明なものも出ています。使ってみてはどうでしょう?テープの進化は凄いですよ~ただし 値段もビックリですが。ケガもしてないのに バカみたいに 集めて実験していますから・・推選致します。
どうそ お大事に!治るまでは オトナシク!
Commented by hinemosunorari at 2013-12-20 14:47
■大阪ケンさん
指サック!!なるほどー!
思わず拍手したら、激痛が走りました(-公- ;)
バンドエイドは試してみたのですが、粘着力が弱くて
数十分しか持ちませんでした(ノД`)・゜・。シクシク
その点、指サックなら大丈夫そう!
早速試してみます^^v
Commented by masshy85 at 2013-12-20 19:58
osakakenさんは実験してらっしゃる!
結構、剥がれやすいですよね、絆創膏類。
そうなんですよ、親指って大事、というか
大事じゃないところってひとつもないのが人間の体ですよね。
不自由になるとそう思います。
親指、やった事あります。

お大事に!
Commented by hinemosunorari at 2013-12-24 05:27
■masshyさん
ご心配頂き、ありがとうございます。
その後爪は順調に成長して、
現在のところ、怪我の箇所がかすかに痕跡として残っている
と言う程度にまで回復しました。
爪って怪我すると成長速度が速くなるんですね。
不思議~!
by hinemosunorari | 2013-12-19 23:54 | かなりどうでもいい | Comments(4)

洒落と知性と愛そして無駄の織りなすブルース。


by きゅび
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31