たった一度だけ、望んだ夢が見られるとしたら。②

b0182613_1521399.jpg

おじいちゃんは僕の中でヒーローだった。

どこに行けばカブトムシがいて、どうすればたくさん取れるのか?
渓流に泳ぐハヤを銛で突くには、どう忍び寄ったらいいか?
竹馬でより早く走るにはどうすればいいか?
鈴虫の声の聴き方、天気の読み方、猫の愛で方、
学校じゃ教えてくれない、僕が本当に知りたかったことを、全部教えてくれた。
そして何よりも、ちっとも偉そうじゃなくて、親切だった。

おじいちゃんは、戦争にも召集された。
終戦を迎える頃は、激戦の続く南方洋の島々を転戦したと聞く。
「じいちゃんはな、素早かったんよ。
 一生懸命、駆け抜けたんよ。
 そやけん、弾が飛んできてもなんちゃ当たりゃせんかったわい。」

無思慮な小学生の男の子の大半がそうあるように、
僕もおじいちゃんの戦争体験に、ある種の英雄談を期待していた。
でも、多くを語られることは、一度もなかった。
殺し合うことの意味を吟味して、例えどれほど苦くても
その狂気を呑み込んだからだろう。

それよりもおじいちゃんは人を愛した。
その器用な手先で現地の人に竹細工などをこしらえてはプレゼントした。
また戦地で手に入れた色々な果物などを、
まるで自分がまだ生きている証のように、家に贈り続けた。

「おじいちゃんは強くなかったの?」
戦争をただのケンカの延長でしか捉えることの出来ない僕の問いに
おじいちゃんは黙って首を横に振った。
「強くったって、何もなりゃせんよ。」
僕の頭をなでながら優しくそう言った顔が、とても印象的だった。

おじいちゃんは、紛れもなく僕の中のヒーローで、
おまけに世界一優しい普通の人間だった。


                              つづく
[PR]
Commented by 大阪 ケン at 2006-07-06 11:02 x
おはようございます~人間としての苦悩が どれほどのものであったか・・戦争の話を
伺う時には思うことが多いですね。でも・・冷たい目で当時の話を 若い時は聞きました。想像力の欠如と経験不足がそうさせたのだと自己弁護しますが・・きゅびさんはそこの辺りも 素敵な人だと思います。愛するものへ伝える多くのものを 失ってしまったのが現代だと思うのですが・・また少し大人は努力しないといけませんね。
Commented by ☆ふーが at 2006-07-07 00:01 x
素敵な方ですね。おじいさまあってのきゅびさんですね。
Commented by もも。 at 2006-07-08 01:03 x
おじいちゃまやおばぁちゃまとナカヨシだからこそ、
お母さまたちもきゅびさんをお預けして・・・USAへ・・・( ´,_ゝ`)
Commented by アルピニア at 2006-07-09 00:02 x
昔、父親が一度だけ言ったこと。

「僕は特攻隊に志願したけど選ばれなくて生き残ってしまって、家に帰ってからもずっと恥かしかった。」

その頃の父親は17歳くらい。

戦争って、イヤですね。。
Commented by mai at 2006-07-09 06:32 x
おばぁちゃんは、多くを語らなかったな・・・ただ空襲のことは、話してたね。。。戦争体験を語れる人も少なくなってきてます。このまま忘れ去られていくんでしょうか???
Commented by きゅび at 2006-07-09 14:34 x
■大阪ケンさん
 お返事が遅くなってしまいました。
 「愛するものへ伝える多くのものを 失ってしまったのが現代だと思う」
 その通りだと思います。もう戦争の記憶など数少ないのですから、その記憶を
 僕らは次代にバトンタッチしなくてはなりませんね^^
■ふーがさん
 はい。そうなんです。
 沢山沢山世話になりました。思い出も山ほどあります。
 愛情を一方的に注がれてばかりで・・・恩を返しきれないのが悔やまれてなりません。
■もも。さん
 ま、そうですね^^
 でも実際問題として、当時の僕がニューヨークに行っても、
 何も堪能出来なかったと思いますよ^^
 ミュージカル観たって言葉が分からないし、ディズニーランドは遠いし・・・。
■アルピニアさん
 忘れてしまいたいけれど、忘れてはいけない。
 戦争の狂気に身を染めた先人達の体験は、忘れちゃいけませんね。
 お父様の言葉をアルピニアさんが受け止めてくださっていることは、
 とても意味のあることだと思います。
■maiさん
 経済的に孤立して、政治基盤が弱体化し、軍が権力を掌握し始める。
 最近の北朝鮮は、まさにかつての日本と全く同じです。
 金正日政権は倒されてしかるべきと思いますけれど、経った数十年前の歴史を忘れて
 僕ら日本人は安易に経済制裁を口にして良いのでしょうか?
 おばあさまのお気持ち、お察しいたします。
Commented by アストラッド at 2006-07-12 18:58 x
「強くたって、何もなりゃせんよ。」 心からのお言葉だったのでしょうねぇ・・・
個々の思いや意思など、無視され砕かれてきた時代ですものね。
それにしてもお祖父さまの人柄のあたたかさが偲ばれます^^
Commented by きゅび at 2006-07-13 02:41 x
■アストラッドさん
 染まりたくもない戦争の狂気に、その身を沈めなければならなかったのは、
 祖父だけではないと信じます。
 優しい良識のある人たちがいたからこそ、今日があるのですものね^^
by hinemosunorari | 2006-07-06 10:50 | 日々のよしなしごと | Comments(8)

洒落と知性と愛そして無駄の織りなすブルース。


by きゅび
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31